新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

英祖王統【1】

2020年02月25日 00時00分20秒 | 日記

 英祖王統とは中山世鑑や中山世譜、球陽などの

琉球の歴史書に記された王統

 

英祖は浦添地域を統治していた伊祖城按司恵祖の子

英祖王統との開祖とされる

 

英祖王統は五大続いて90年統治したとある

 

英祖王の誕生は、母親が日輪を受ける夢を見て

懐妊したことから、英祖は「てだこ」太陽の子とよばれる

(現在浦添市は「てだこ」の町と愛称で呼ばれている)

 

知徳に優れていた英祖は瞬天王統三代目義本王の摂政となり

その後、義本王より王位を禅譲されたと史書にある

 

実際はクーデターだったと言う見方が近年では有力と成っている

英祖は1260年32歳の時中山王に成る

 

浦添グシクを改修、増築し、土地(田畑)を検知し

農民に土地を分配し、租税を公平などし

 

禅鑑と言う僧(国籍不明)が補陀落度海修行中に

嵐に遭い琉球に漂着した、この僧を尊び招いた

 

英祖王は禅鑑の教えに尊信、帰依し禅鑑を開基とし

浦添城の西側に極楽寺を建立し住寺させた

 

琉球由来記巻の琉球諸寺旧記序に仏教が伝来したのが

始めてとして記述されている

 

また蒙古軍が日本に2度侵攻1274年と1281年にあったが

1291年に琉球国にも侵攻があったが

英祖王が撃退したとされている

コメント   この記事についてブログを書く
« 舜天王統【3】 | トップ | 英祖王統【2】 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事