新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

察度王統【3】

2020年03月25日 00時00分21秒 | 日記

  察度は1350年三十歳の時中山王に即位する

その成り行きは英祖王統五代目西威王の死去に伴い

 

国の安寧を得んと、そでまで世子制で王位を継承されて来たが

臣下、諸侯は知徳ある察度を推挙し中山王に即位させた

 

当時中山王が支配していた地域は

現在の北は読谷から南は那覇、首里まで

 

その北側地域は北山王が

南側地域は南山王が支配していた

 

この三王は互いに勢力争いを展開していた

 

中山に1372年明王朝から入貢するよう迫って来た

察度はそれに応じ異母兄弟の泰期を派遣し

明国とは朝貢関係になった

 

1392年には官生(留学生)を派遣し

明国との関係を強化して行く

 

そして日本や高麗、東南アジア諸国と貿易を行い

琉球は貿易中継地として発展し

 

中山は経済、文化の中心地と成り大きな功績を残した

 

中山の勢力は、北山・南山より比べ優位になっていった

 

琉球の最古の歌謡集「おもろさうし」に

察度王の偉業が謡われ讃えられている

コメント   この記事についてブログを書く
« 察度王統【2】 | トップ | 察度王統【4】 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事