新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

日本人のルーツ【2】

2019年08月25日 00時00分36秒 | 日記

 東アジアの東端に位置する日本列島に

約4万年前から人が住んでいたことが

石器の出土からわかっている

 

「人」が日本列島に住み付いてから

1万年以上前までを、後期旧石器時代

 

1万年前から、紀元前3世紀頃までの

約8000年間を縄文時代

 

起元前3世紀頃から、起元後3世紀頃までの

500~600年間を弥生時代と呼ばれている

 

日本列島の住人は狩猟の生活であったが

弥生時代に大陸、北東アジアからの

渡来人(弥生渡来人)によって水稲伝来し

稲耕作が始まった

 

渡来人は平坦な顔で歯が大きく長身であった

日本に住む縄文人は彫の深い顔で歯が小さかった

 

渡来人が日本列島に渡来して来たことは

化石からなどから明らかになっている

 

縄文人と渡来人が徐々に混血していくことで

現在の日本列島人が形成された

 

そのため日本人の成立を説明する学説として

二重構造説が定説と成っている

 

日本列島の北の端に住む、アイヌ人と

南に住む沖縄人は、縄文人の遺伝的にもっとも近く

 

中間に位置する本土人は、沖縄人の次に

アイヌ人に近い事がわかった

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 日本人のルーツ【1】 | トップ | 日本人のルーツ【3】 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
待ちわびておりました。 (onecat01)
2019-08-30 21:10:56
新の城殿。

 初めてコメントを、差し上げます。

 博学な貴方が、いつか、本日のようなブログを書かれると、期待しておりました。

やっと、願いが叶い、安堵いたしました。これからも、よろしくご指導ください。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事