新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

城 【1】

2019年09月20日 00時00分26秒 | 日記

  日本には「城」と呼ばれる城は

二万から八万以上の城が言われている

 

この数字には、かなりの幅がある

何を指して城と呼ぶか人によってかなり違ってくる

城の定義が曖昧だからである

 

日本の城は狩猟時代(縄文)から、農耕時代(弥生)になり

定住生活が始まり、集落が形成され

 

そうして集落単位で移住地を柵や環濠が設けられた

これが城の成り立ちといわれる

 

城は時代とともに堀や土塁の作事

石垣による城壁、城郭、外壁を築いていった

 

戦国時代初期までは、山城が多かった

外敵から身を守るための、要塞堅固な山城であった

 

戦国時代中期からは

平山城や平地に築かれた平城が築かれ

平城が主流になって行く

 

山城は防衛には優れているが

政治をするには不向きであった

 

戦国末期までに日本の歴史の中で最も多くの

城が建築された時代であったと言われている

 

その時に石垣による城壁、城郭、外壁や堀など

そうして天守が多く建設された

コメント   この記事についてブログを書く
« 沖縄人のルーツ【2】 | トップ | 城 【2】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事