新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

アカマタ・クロマタ【1】

2018年10月01日 00時03分12秒 | 日記

  八重山諸島に、アカマタ・クロマタと言う祭祀がある

西表島古見を発祥とされ、小浜島・新城島の上地ムラ

石垣島宮良ムラで現在でも行われている

 

古見ムラでは、アカマタ・クロマタ・シロマタの三神が存在し

他のムラではアカマタ・クロマタの二神である

 

アカマタ(男神)・クロマタ(女神)の名は

アカムティ(赤面)・クルウムティ(黒面)に由来すると言われている

 

仮面を着け、全身に蔓草で編んだ物を着

身長は二m以上腹回りも二m以上あり体型はずんぐりしている

 

アカマタは赤い棒・クロマタは黒棒を持ち

かなり異形な姿である

 

この祭祀は、プーリィ(豊年祭)のトゥピィ(2日目)に

太陽が没してから、神が住むウムトゥと呼ばれる森から出現する

来訪神をムラ人から歓喜と畏敬に迎えられ決して直視しない

 

アカマタはトゥニムトゥ(宗家)を訪れ

クロマタもクロマタのトゥニムトゥ(宗家)を訪問し

神謡・五穀豊穣と繁栄を授ける

 

また、ムラの各家を一晩中かけて回り

祝福を与え夜明け前にウムトゥに帰る

 

プーリィ(豊年祭)のトゥピィに来訪神として登場するが

島出身者のみが、アカマタ・クロマタ神に選ばれ

その他の者は、この行事の一部しか知らされず、秘祭とされている

 

写真・ビデオ撮影や録音などや口外も禁じられ

研究者、観光客も拒む

 

1968年に祭を観に来た島外者に集団暴行を行い

大きな事件として新聞やテレビなどでも取り上げられた

 

1984年石原慎太郎が「秘祭」として小説を発表し

1998年に川島なお美主演で映画化され

秘儀として、全国に知られるようになる

コメント   この記事についてブログを書く
« アンガマ | トップ | アカマタ・クロマタ【2】 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事