とことん青春!
愛は憎しみより高く、理解は怒りより高く、平和は戦争より気高い。
 



名前は?           
麗音!山田麗音!   

そんなに憎いのか? 
憎いっつーかよ!先輩の奴 もう超~ムカツクんだよ!マジで!!

お前も地獄に落ちるんだぞ               
良いから地獄に流してくれよ!あいつをよ!

怨み聞き届けたり                       

【依頼人】山田麗音
【ターゲット】橋爪力也
 

おもれーーー(爆笑)。
前回まで演出が分かり辛くジメジメした話が続いて、若干フラストレーションが溜っていただけにサッパリした展開にスカッとしました。
しかし、コワカワイイ(=怖い+可愛いの造語ですw)きくりの活躍や輪入道の「嘆き」等、見所も満載でしたね。
5話感想。              

◆◆輪入道の嘆き◆◆
ぶつかっても謝らない酔っ払い、煙草のポイ捨て、公園に生ゴミを捨てるおばさん等、目に余る程のモラルの低下に嘆く輪入道。
この状態では、現代社会の負の側面ばかりが目立ってしまうのも無理無いかと。

今回の依頼人に関してもそんな社会の一犠牲者だという思いがあるのでしょうね。
馬耳東風の麗音に説教をかましていましたし。

でもこの世には負の側面だけでなく希望もある。
ラストシーンで彼はこの世で生きる事の意義を少しながら理解する事になるのです。

◆◆地獄流し◆◆   
ここどこだ? 
うちに帰してくれんだよな
そうだよな

それは無理

そんな…助けてくれよ           

なめんなよ タコ 

ひぃぃぃ!!         

こんな閻魔あいは初めて見ましたよ(笑)。
斬新で良かった。

ある意味でこれも「因果応報」ですからね。
しかし、今日の能登氏はやけにハッスルしていたように感じたのだが、何か意図があったのだろうか。
チンピラに根負けしないように威勢を張っていたのかもしれませんが。

◆◆因果応報◆◆   
誰か…助け…て…   

麗音の死の原因となったのはスピード違反にヘルメット不着用。
正に輪入道の嘆いたモラルの低下が生み出した悲劇。
そして、彼の嘆きは「第二の麗音」を生み出す可能性のある「地獄に等しい世界」に向けられているのでしょう。

しかし、ライターの火を浴びせた犬が進行方向に現れたり、かつあげしていたオタクからは見捨てられたりと、今まで自分がやってきた事のツケが支払われる形になりましたね。

高すぎるツケでしたが、「因果応報」とは正にこの事かと思う次第です。 

◆◆きくり◆◆     
痛い?
ねぇ 知ってる?
あるよ…地獄は本当にあるよ
あははは!うふふふ!!

 麗音の屍に彼岸花を撒き散らしたきくり。        
『地獄は本当にあるよ』と言い、薄ら笑いを浮かべた時には、思わずゾッとしてしまいましたが、私的に現状の彼女の立ち位置は白と黒の中間くらいかな、と思っています。   

悪戯にしては出来すぎだし意図的にしては完璧ではない。
未だに立ち位置が明確ではありませんが、前回と今回の件を見る限り、傍観者でない事は間違い無さそうです。
単なる天然系ではない侮れない存在という事だけは確かでしょうね。

◆◆この世で生きるという事◆◆         
あっちも地獄 こっちも地獄だ…         

この世で生きるとは世界の腐った部分も直視し受け止めなければならない事を意味する。
しかし、腐った世界でも生きる価値はある。
だから、苦しくともこの世界で生きていかなければならない、と。

その事は、輪入道の『こっちの地獄にはまだ救いがあるかもしれねぇ…地獄に菩薩だ』発言が端的に表現していた訳ですが。

輪入道もかつて地獄の底で閻魔あいに救われた過去があるだけに、現世と地獄を比較できるのでしょうね。
彼の厭世観から察するに、地獄に流されるきっかけとなった出来事によって、彼の中に「現世も地獄」という観念が生まれたのではないかと。
そして、昔より今は更に酷くなりつつもある、と。

第2話の一目連に続き、輪入道の過去も徐々に明らかになっていくと思う次第。
一度はこの世で生きる事からドロップアウトした彼が、この世を認める瞬間というのも見てみたい気がします。       

しかし、今回のラストの刻名蝋燭の灯が消える演出は味がありましたねぇ。       
以上、5話感想でした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 21 )



« 地獄少女 実... ドラマ 地獄... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
地獄少女のトリビア31 (Anime in my life 1号店)
アホな不良に見初められた良いとこの女子高生のピンチ!! オンナの味方の骨姐さん、幼女の味方の輪小父さん、美少女の僕一目っくん。我関せずのあいお嬢。単なるオマケのきくり坊。 霊界のエージェントが他界した今、地
 
 
 
地獄少女二篭 5話「地獄への暴走」感想 (月の砂漠のあしあと)
相変わらず、きくりは無邪気な残虐衝動を全開オーヴァーロード。彼岸花をざっくざっく気持ちよく撫で斬り☆ しかし、夜なべした小袋を粉砕されても怒らなかったあいさんは、そんな姿ですら愛しげ。まぁ三藁が居たとはいえ、何百年も孤独で満たされない日々が続 ...
 
 
 
地獄少女 二篭 第5話 地獄への暴走 (PEN:PENの雲外蒼天)
地獄少女 二篭 第5話 地獄への暴走 パラララパラララパララン♪姉さん風あいちゃんキターッ!!橋爪「そんな!助けてくれよ!」あい『ナメンナヨ、タコ』ぐふふふっふふふふ超かわいい。腐った話の中で輪入道の渋さが際立っていました。
 
 
 
地獄少女 二籠 第05話 「地獄への暴走」 (竜人イグニール)
「地獄は本当にあるよ…w」 恐すぎ…ww
 
 
 
地獄少女 二籠 第五話 「地獄への暴走」 感想 (日々の徒然言)
輪入道は、本当に男前でした!! 渋い、渋いよ。 輪入道さん! 今回は、依頼者や登場人物があれだっただけ余計に… 先週は、お守り役なんて言ってすいません。
 
 
 
アニメ 『地獄少女 二籠』 第5話 地獄への暴走 (ふろむ かーねぎー)
今回の話は今までで一番笑ったwww
 
 
 
地獄少女 二籠5話「地獄への暴走」 (ライトニングソルジャー)
あ、あいちゃん、ヤンキー化!?
 
 
 
地獄少女 二籠 第五話 「地獄への暴走」 (月の静寂、星の歌)
 オタクの宍戸俊は ある不良に、  たびたび暴力を振るわれ、金銭を奪われていた。  その、名前も DQN (ドキュン)な真性 DQN 、  山田麗音(やまだ・れおん)にもただひとつ、  純粋な想いがあった。  地獄通信はあらゆる怨みを受け入れる。 ...
 
 
 
地獄少女 二籠 第五話 「地獄への暴走」 (月の静寂、星の歌)
 オタクの宍戸俊は ある不良に、  たびたび暴力を振るわれ、金銭を奪われていた。  その、名前も DQN (ドキュン)な真性 DQN 、  山田麗音(やまだ・れおん)にもただひとつ、  純粋な想いがあった。  地獄通信はあらゆる怨みを受け入れる。 ...
 
 
 
髪が金色でも異人さんではありません (睡魔と戦うのって大変だ)
第五話「地獄への暴走」 今回はギャグの部類に入る話しなのでしょうね でもギャグは本来口枷の意味だそうですからどうなんでしょう? ネットなどでよく聞く話ですね ドキュンとアキバ系の対立って奴なんでしょうか? でもどちらでも可なんでしょうが ...
 
 
 
地獄少女 二籠 5話 (ホビーに萌える魂)
今回の地獄少女 二籠は、小心者ヤンキーによる先輩ヤンキーへの復讐。そして自業自得の哀れな末路。輪入道の目を通してマナーについて考えさせられる話でもありました。依頼者を千葉一伸さん、ターゲットを小野坂昌也さんが演じました。
 
 
 
地獄少女 二籠 #05地獄への暴走 (うつわの器)
依頼者は山田麗音。可憐な名前でも低俗ヤンキー野郎です。 輪入道が現代社会の歪みを見つけてはため息をつくのもそうだけど、親がまるで他人と競い合うようにこれでもかというくらいくどい・・・じゃなくて凝った名前を子供につける一件も、さりげなくだけど現代の ...
 
 
 
「逃げた!」「おっとこっちはバイクだぜ」「麗音!危ね…」ゴシャッ (Le mouvement premier)
. . . . 地獄少女二籠 第5話「地獄への暴走」。今回はすごく良かったです
 
 
 
地獄少女 二籠 第5話「地獄への暴走」 (移り気な実況民の日々)
 変化球の続く2期。今回の依頼人、山田麗音(レオン)(声:千葉一伸)はいわゆる「DQN(ドキュン)」である。
 
 
 
地獄少女 二籠 第5話 (ACGギリギリ雑記)
『地獄への暴走』 「地獄通信参上だコラ…」  今回は下調べ(ネタ合わせ)ができてなかったはずなんですがw ぶつけ本番でも、地獄通信の コントはスベリ知らずwww 個人的には、トップクラスの笑いがあったと思います
 
 
 
地獄少女 二籠 『地獄への暴走』 (現代視覚文化研究会「げんしけん」)
 『地獄少女 二籠』第五話を観させて頂きました。この世とあの世。どちらが本当の地獄だろうか?壊れた現実。強者と弱者。リアル。人。何もかも壊れてしまった。『地獄に仏・・・菩薩』。まだ救いがあるかもしれない。まだこっちには小さな光があるかもしれない ...
 
 
 
地獄少女二籠第5話「地獄への暴走」 (アニメのストーリーと感想)
? オタクの少年宍戸俊は、不良の山田麗音(レオン)に恨みを抱いていたので、地獄通信にアクセス し名前を書き込んだが、地獄に堕ちる事を知っていたので書き込むことが出来ずうなだれた。翌日 俊は、地獄通信に名前を書こうとしていた麗音に出会ってしまう。逃 ...
 
 
 
(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第5話 「地獄への暴走」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
地獄少女 オリジナルサウンドトラック 二/アニメサントラ 山田麗音にイジメられている少年、宍戸俊は地獄通信のアクセスを試みるも、名前の送信が出来ずにいました。そんな彼の身辺を調査する一目蓮や骨女達・・・。ところが、意外なことに地獄通信にアクセス ...
 
 
 
地獄少女二籠第5話「地獄への暴走」 (アニメのストーリーと感想)
? オタクの少年宍戸俊は、不良の山田麗音(レオン)に恨みを抱いていたので、地獄通信にアクセス し名前を書き込んだが、地獄に堕ちる事を知っていたので書き込むことが出来ずうなだれた。翌日 俊は、地獄通信に名前を書こうとしていた麗音に出会ってしまう。逃 ...
 
 
 
地獄少女 二籠 5話「地獄への暴走」 (  こころに いつも しばいぬ)
そんなチンピラな麗音でしたが、彼がいなかったら まさに無関係の女性が悲惨な目に遭ってたわけで。 彼はいいことをしたよと思います。 だからといって、今までの行為が帳消しとはなりませんが
 
 
 
アニメ地獄少女二籠(ふたこもり)第五話「地獄への暴\走」 (kasumidokiの日記)
提供絵は、きくりちゃんでした