華流→韓流・・・次は何処?

最近のお気に入りはSS501とサンチュカップル。韓国のバラエティやドラマを中心にレビューしています。

TBS「魔王」 第6話

2008-08-09 21:59:27 | 連ドラ

ほぼ半分まで来たと思われる日本版、
韓国版の半分の話数でまとめるせいか、さすが怒涛の展開ですね。

あらすじ
事故死した領に代わって、現在成瀬領(大野智)と名乗る男が、
真中友雄であると言う証拠をつかんだ池畑(六平直政)は、
その事をネタに、領をユスリ5000万円の要求をしてきます。

領は、あくまでも自分は友雄ではないとしらをきり、
逆に池畑から送られてきた”塔”のタロットカードに対し、
カードの持つ『悲劇・災難・転落』の意味から、
これからの池畑の運命をによわすような事を言います。

さらに、そのカードを入れて送ってきた赤い封筒を利用し、
次の作戦に出ます。

次の日、その赤い封筒を直人(生田斗真)のいる警察署に、持ってくる領。
封筒の中には、直人の父・栄作(石坂浩二)と、
金さえ出せば何でもすると言う噂の大隈(嶋田久作)が一緒の写真が入っていました。

ちょうどその時、しおり(小林涼子)から連絡を貰い、直人が行ってみると、
しおりは”新曲”の本から、『11年前の事件の捏造記事』が見えたと言います。

直人が持参した、”領に届いた写真”を見せると、
そこからは、『ソードのエースのタロットカード』と『池畑宛の赤い封筒』
が見えたと、しおりは言います。

次に狙われるのが池畑と思い、一連の事件に巻き込まれる可能性が有るので、
捜査協力をして欲しいと頼む直人に、池畑は、
「あんたに守ってもらおうなんて思わないね、あんたみたいな人殺しに・・・・」
と言います。

直人は一瞬何も言えなくなりますが、それでも守りたいと、
何かあったら連絡を・・・と、名刺を池畑のバックに押し込みます。

領は例の写真を栄作に見せ、いかにも池畑の仕業と思わせるような事を言います。

その直後、栄作のもとを訪れた直人は、
連続殺人事件の次のターゲットは池畑で、
第3者を操って殺させる犯人に利用されるから、
大隈に頼んで池畑に何かするのは、もう止めて欲しいと頼みますが、
栄作は聞き入れようとせず、逆に、
「元はと言えば、お前があんな事件を起こすからだ。
私の人生は、お前の尻拭いのためにあるんじゃない」
と、罵声を浴びせます。

栄作は直人の言うことを受け入れず、
大隈に池畑の口封じを命じてしまいます。

父の言葉に意気消沈して帰ろうとする直人に、ロビーにいた領が声を掛けてきます。

ふと、直人が領に、
「どうしてこの一連の事件に必ずあなたが関ってくるのか?」
と疑問を投げかけると、
自分もその理由が知りたいから、調べてくださいと、領は答えます。

犯人はあなたの周辺にいるかもしれない、心当たりは無いか?と問う直人に、
「11年前の事件の真実を知っているのはあなただけ、
犯人に一番近いのはあなたなのでは?」
と領は、逆に切り返します。

池畑の行動はさらに大胆になり、領の姉・真紀子(優香)のところにまで、
領の取材だとやって来て、領に電話をさせます。

「あのお返事の方、よ~く考えてくださいね。」
と、言う池畑に、
「もう答えは決まっています」と領は、会う場所を指定します。

一方、宗田(忍成修吾)のところに、”赤い封筒”が届きます。
中には葛西(田中圭)と直人の義姉・麻里(吉瀬美智子)の抱き合う写真と、
直人の兄・典良(劇団ひとり)と麻里が家から出てくる写真が入っていました。

葛西の恋人が、直人の義姉と知り、2人の不倫に気づく宗田。

池畑が、領に指定された場所に行くと、
倉庫の扉に自分宛の”赤い封筒”が貼られているのを見つけます。

封筒の中には”ソードのエース”のタロットカードと、
11年前の事件の捏造記事のコピーが入っています。

それを見た池畑は領に電話を入れ、
領が取り引きには応じる気が無く、自分を殺そうとしているのに気づきます。

その直後、池畑は大隈の手下3人に出くわします。

領が事務所に戻ると、
領にも”赤い封筒”が届いたのを心配したしおりが待っています。

一瞬嬉しそうな顔になりますが「何事もありません、ご心配なく」と、
いつものポーカーフェイスに戻り、
忙しいからと、部屋に入って行ってしまいます。

心残りのまま帰るしおりを、追いかけたい衝動に駆られ、
領はドアノブに手を掛けますが、
「僕に人を愛する資格なんて・・・・・・」苦悩の表情を浮かべ、思いとどまります。

追い詰められた池畑は、栄作に電話を入れ、
1億円で、一連の事件と直人の関りをマスコミにはばらさないと、
吹っかけてきます。

栄作はその取り引きに応じ、金でカタを付けることにし、
大隈には手を引くように連絡を入れます。

しかし、大隅は手下に計画通り動くよう指示を出します。

なんと大隈の元には、領から大金が送られていたようで・・・・・・

池畑のAPの張り込みをしていた直人に池畑から電話が入り、
栄作と裏取引をして、会う約束をしたから自分を守ってくれと言います。

誰にも言わず1人出来てくれたら、真犯人の名前も教えるし、証拠もあるという池畑。
「死んだ奴が相手じゃ、捕まえられないよな」と意味深なことも言います。

急いで池畑の指定の場所に行き、着いたことを知らせると、
池畑は隠れていた場所から出てくるなり、大隅の手下に見つかります。

栄作とは話がついていると言う池畑に
大隈の手下が、「ボスは代わった」と言い、
それを聞いた池畑は身の危険を感じ、必死に逃げ出します。

しかし、計画通り74番倉庫に追い込まれ、
立ち入り禁止の場所に踏み込み、床が抜け落下し、
下にあった鉄骨に頭を打ちつけ、大変なことに・・・・・・

意識が朦朧とした中、池畑は近寄ってきた男に、
証拠が録音されているボイスレコーダーを、
「これを警察に・・・・」と言って、手渡します。

しかし、次の瞬間その男の顔を見て驚く池畑。
なんとその男は領でした。

領が立ち去った直後、池畑を発見する直人は、
父・栄作の仕業と思ってしまいます。

また、現場近くには、池畑が誰かにCD-Rを送った宅配伝票が落ちていて・・・・・・


感想
今回は珍しく、寝ないでちゃんと見ましたが、
こうして見ると、日本版って良いところでCMが入り、
緊張感が途切れてしまい、残念ですね。

今回の、池畑を死に追いやるエピソード。
先に見た韓国版のほうが、やっぱり衝撃が強かったです。

それまで、犯人とはわかっていても、
直接殺された者の前には現れたことが無くて、
このエピソードで初めて、やっぱり後で糸を引いていたんだと、
はっきり解る部分だったので・・・・・・

感想らしい感想といえば、展開が早い・・・ってことぐらいなので、
ここでいつもの韓国版との比較に行っちゃいます。


<領に送られてきた赤い封筒>
韓国版では黄色い封筒が使われ、
今までの殺人予告のカードと意味が違う事を暗示します。

領はこの封筒を山野に見せ、次の作戦にそれを使う事を言いますが、
韓国版では、送られてきたスンハ(領の役)は、誰にも相談せず、
自分でもう一つ同じ黄色い封筒を用意し、テーブルに2つ並べ、
考えた末、選択した片方を警察に持って行って開けると、カードではなく写真が・・・・
きっともう片方には、送られて来たカードが入ってたのでしょう。

一瞬スンハの意図が解らなかったので、
見ているこちら側は「写真?えっ、どういうこと?」って感じでした。

<領を強請る池畑>
韓国版では、直接的にお金を要求して強請るのではなく、
真犯人だと解った上で、どちらかと言うと手を組んで、日本版で言う芹沢家に、
一緒に復讐を遂げようという感じでした。

それに対しスンハは、手を組む気の無いことと、
そんな事より、捏造記事を書いたことを今からでも謝罪するよう言いますが、
過去の自分の罪を悔いる気はさらさら無く、
人を利用してまでもスクープ記事に拘る記者を、
とうとう最後には事故に見せかけ殺害します。

韓国版ではここにもう一人、
過去に、この記者の書いた記事で人生を狂わされた人が関ってきますが、
日本版の話数では、それは収まらなくなるので、
直接的な強請りと、金のためなら何でもする裏社会のボスくらいにしたのでしょう。

日本版の領の方が、より殺意が強く感じられ、
韓国版では、もし本人が自分の非を認めて謝罪していたら殺さなかった・・・・
そんな感じを受けました。

<最後の池畑宛てのカード>
日本版では”ソードのエース”でしたが、
韓国版は”月”のカード。

[暗く周囲が良く見えない闇夜に下手に動いたらさそりに指されて死ぬ]
と言う意味から、弁護士の正体をかぎつけ、
下手にこれ以上、動き回ったら[死ぬよ]と言う警告に使われました。

<池畑が領に贈ったカード>
日本版も韓国版も同じ”塔”のタロットカードでしたが、
日本版では領がそれを逆手にとって、これからの池畑の運命を示唆し、
これを選んだ池畑に、「皮肉ですね」と言います。

韓国版では、このカードを送ることによって、
自分は事件の全貌を知っていると伝えようとしたのですが、
受け取ったスンハはそれをわざと逆さまの位置にして、
「変化の時が来た」と読むようにし、
記者を死に追い込むための、次の変化を起こすきっかけにしたようです。
記者に対しての言葉は「カードの選択を誤りましたね」でした。
”死”の手段も転落ではなく、交通事故を装ったものでした。

<領とスンハ>
違いと言うのではないですが・・・・
池畑の”死”に対して
領はまだまだ”冷酷”な面が強いかな?

韓国版では、何故かその後泣いていました。
少しずつ”復讐劇”に虚しさみたいな気持ちが芽生え、揺れ始めて来るようです。

さて来週は、領と姉にとって衝撃的なことが・・・・・
って言うところかな?

ドラマHP → こちら

他の回の感想

#1  #2  #3  #4  #5   


[Blogランキング]に参加しています

良かったらクリックしてくださいね

 人気Blogランキング 


TREview

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 夏祭りで・・・・ | トップ | NACSに会いに行く前に・・・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

連ドラ」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

魔王 第6回 感想 (ぐ~たらにっき)
『教えてやるよ…真犯人の正体を!!』
魔王 第6話 「教えてやるよ…真犯人の正体を!!」 (テレビお気楽日記)
口止め料として5千万円要求してくる池畑(六平直政)。タロットカードはやっぱりこいつか・・・。塔のカードは悲劇・災難・転落の意味だった。でも、これも想定内だった領(大野智)。さすがです。ふさわしいラストを用意しているとのこと。
【魔王】第6話 (見取り八段・実0段)
皮肉ですね。塔のカードを貴方が選ぶなんて。このカードは「悲劇・災難・転落」を意味します。成瀬を追いつめているつもりで、実際に追いつめられているのは池畑自身・・・成瀬は、赤い封筒を持って警察署の直人の元を訪れる。中に入っていたのは、車に乗っている直人の父...
魔王 第6話 (アンナdiary)
今回で出番は終わりの六平直政さん、好演してましたね~ 唯一、犯人まで辿り着いた?新聞記者。 執拗にかぎまわって、ドラマを面白くしてくれました。1時間引き込まれるように見ちゃった。 やっぱ面白い
「魔王」第6回 (トリ猫家族)
 「人違いなさってませんか・・・私は成瀬領です」領 スタスタ・・・ 「いい人選びましたね! 親族は目の見えない姉が一人、身元証明する者がいない家出少年成瀬領か・・」池畑 くるり! じ~~っと池畑を見つめる領・・・ 「あなたは彼が死ぬ時、現場に居合わせ、...
魔王 第6話:教えてやるよ…真犯人の正体を!! (あるがまま・・・)
魔王さま、ピ~ンチ!Σ(=o=;)ギク!! あのCD-Rにはどんな秘密が{/eq_1/}予告によると、直人の手に渡るようですねー{/ase/} ボイスレコーダーを回収して、安堵してちゃダメじゃん魔王さま・・・ いや~、それにしても今回は、真実を突き止めた池畑の接近にドキドキ...
ドラマ『日本版「魔王」』第6話 (頑張る!独身女!!)
オリンピックの開会式見てたら、すっかり忘れて7分遅れで見始めました(汗) でも7分間は今までのダイジェストだったみたいなのでホッ!! 成瀬領(大野智)が警察に自分のところにも赤い封筒が届いたって、ところからスタート!! 次に狙われるのは、
魔王 第6話 (日々緩々。)
池畑の攻撃は続くも…成瀬はシラっと人違いを通してましたね~ 証拠として撮った音声をコピーしたCD-Rを成瀬に渡し…目的はお金。 窮地...
魔王 第六話「教えてやるよ…真犯人の正体を!!」 (掃き溜め日記-てれびな日々-)
成瀬(大野智)の正体に気付いた池畑(六平直政)は、資材置き場で聞いた話は録音してあると、五千万円の口止め料を要求する。「仮に私が真中友雄でも、それだけでは事件を仕組んだ証拠になりません」と余裕を見せる成瀬
魔王 第6話 真実を知る男 (レベル999のマニアな講義)
『教えてやるよ…真犯人の正体を!!』内容池畑隆宏(六平直政)から、真中英雄の兄・真中友雄ではないのかと。追求される成瀬領(大野智)。。。人違いだと、、笑ってごまかすが、『証拠がある』と言い出す池畑は金を要求する。だが、、領は『仮にそうだとしても事件をし...
『魔王』第6話「教えてやるよ・・・真犯人の正体を!!」 メモ (つれづれなる・・・日記?)
どうせオリンピック見てる人がほとんどなんだろうねぇ