ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホビット 竜に奪われた王国

2014-04-29 | 映画 は行
7点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

前作が思いがけない面白さでワタクシ的満足度も上々だったので、第二章となる今作もじゅ~~ぶん期待して観させて頂きました。
てかまぁ、よっぽどのことがない限りずっこけることもないだろーなぁ~と。
で、どーだったかと言うと・・・

うん、うん、うん、面白かったです。

やっぱりですねぇ、世界観がきっちりと確立・描写されてる映画は観る側の入り込み度が大幅に違いますよね。
出だしからワクワク感がMAXHeartで、隅から隅まで目一杯楽しめて・・って、思いがけず(しつこい!)前作と同じこと言っちゃってますけど、ぶっちゃけ、同じよーな感想なんですよね~。
いー感じにアトラクションで、いー感じにお話も面白くて、いー感じに『LOTR』を感じさせて、これと言ってツッコミどころもなく全編で楽しめてしまうと。
でもって、若干の冗長っぷりもこれまでどーり、ジャクソンらしさの裏返しってわけでして、唯一のツッコミどころって感じですかね。
ま、それはそれ、これはこれ(どれ?)として、シリーズの中継ぎとして十分に役割を果たし十分に面白い作品で御座いました。

主演は主演はマーティン・フリーマン。
いや~、今回も完璧なホビットぶり。
これまでも、そしてこれからも、彼以上のホビット俳優は出てこないんじゃないかと。
てか、もしかしたら本当にホビットなのかもしれませんね。
共演はイアン・マッケランにリチャード・アーミティッジにベネディクト・カンバーバッチにエヴァンジェリン・リリー。
でもって、満を持して登場のオーランド・ブルーム。
いっやぁ~~~、やっぱりハマってますよね~。
めっさ格好良かったです。

てわけで、またしても中つ国の御伽噺を堪能させて頂いたこの作品。
ま、ぶっちゃけ、この作品の中でワタクシ的に一番インパクトがあったのは竜があまりにもおっかなかったってことですかね~。
ワタクシの知る竜はもっと真っ白なモフモフで犬みたいな顔した怖さの欠片もない・・・


ホビット 竜に奪われた王国@ぴあ映画生活

コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« WBC&IBFダブル世界戦 | トップ | 第149回 天皇賞(春) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 は行」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

ホビット 竜に奪われた王国  監督/ピーター・ジャクソン (西京極 紫の館)
【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ  オーランド・ブルーム  エバンジェリン・リリー 【声の出演】  ベネディクト・カンバーバッチ(スマウグ) 【ストーリー】 ホビット族の青年ビルボ・バギンズは、魔法使いの...
「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・活劇 (はらやんの映画徒然草)
おもしろかった~。 ピーター・ジャクソンの作品らしく、例によって2時間半以上の長
映画『ホビット 竜に奪われた王国』を観て (kintyre's Diary 新館)
■14-27.ホビット 竜に奪われた王国 3D■原題:The Hobbit:The Desolation Of Smaug■製作年、国:2013年、アメリカ・ニュージーランド■上映時間:161分■料金:2,100円■観賞日:3月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・製作・脚本:ピーター・...
ホビット 竜に奪われた王国 (銀幕大帝α)
THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 2013年 アメリカ/ニュージーランド 161分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/02/28) 監督: ピーター・ジャクソン 『ラブリーボーン』 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン ...