ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クラッシュ

2006-07-16 | 映画 か行
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

何と、何と!
こーゆー映画だったのですかぁ~。
てっきり、もっと感動するよーな映画だと思ってましたよぉ。

えっとですねぇ、正直言ってしまうとあんまり好きなタイプの作品ではないです。

が!

完成度の高さは凄いですよ!
これだけ主要な登場人物が多くて話もポンポン飛ぶのに全然支離滅裂にはなって
なくて、それどころかドンドンそれぞれのエピソードに引き込まれるんですよね。
出る人、出る人、みぃ~んな好きじゃないのに・・・
ぶっちゃけ、「愚かな人達」を集めただけの映画なのに・・・
これは間違いなく、アメリカ社会の縮図を2時間弱の中に収めた脚本の勝利でしょ。
ほんと、めちゃくちゃ濃い話の連続ですもん。
しかも、普通なら「もっと絞らないと・・・」なんて事になりそーなものなのに
見事にまとめてるんですよね~。

その脚本を書いているのが、あの『ミリオンダラー・ベイビー』で脚本家デビュー
してアカデミー賞にもノミネートされた才能の持ち主、ポール・ハギスですよ。
今回は監督も努めているのですが、彼が関ってるって事でこの出来の良さも
納得ですよね。

そのポール・ハギス監督の脚本の出来に惚れ込んで集まったキャストがこれまた
めっちゃ豪華でした。
サンドラ・ブロックにドン・チードルにマット・ディロンにブレンダン・フレイザー
にライアン・フィリップにノーナ・ゲイに・・・あと誰だっけ?
とにかく、それぞれがそれぞれの持ち場でそれぞれに良い演技してたと思います。
ドン・チードルやマット・ディロンがこーゆー演技出来るのは分かってましたけど、
意外とサンドラもこーゆー役を上手くこなす人ですよね。
個人的には痛々しく見えるコメディよりも余程こっちの方が良いと思います。

それにしても・・・
内容はかなり好きじゃないんですよね~。
ほんと、自己責任と言う言葉を知らないアメリカ人達が愚かさ故にトラブってく
だけの映画ですからね。
肌の色だけで人間性まで決め付けるなんてその最たるものですよ。
なので、ちょっぴり・・・と言うか、結構?
イライラしながらしながらも、本当に出来は良いので見入っていました。
でも、感動は・・・しないですよね?
てかアメリカ人、カルシウム足りてないよ!


クラッシュ@映画生活

コメント (18)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
« ARIA (9) | トップ | \'06 F1フランスGP »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつもお世話になってます。 (やちこ)
2006-07-16 08:59:44
TBありがとうございました。こちらかも貼らせていただきます。

すみません・・・ワタシはこの映画で感動しちゃったクチです・・・

透明マントの話にやられました。
おはようございます♪ (ミチ)
2006-07-16 10:28:52
Aki.さんが

>イライラしながらしながらも、本当に出来は良いので見入っていました

こういう気持ちになるの分かりますよ!

出来はいいのに好きじゃないタイプの映画ってありますよね。

確かに感動作というものではなかったかも。

私は群像劇が好きなので高得点になっちゃいました。

やっぱり脚本の勝利だと思います!
TBありがとうございました。 (heartstrings_movie)
2006-07-16 18:28:19
何はなくとも「ポール・ハギス」が素晴らしかったです

決して誰か一人が目立っていたわけではなく、アメリカ社会で暮らしている一人の人間として、すべてのキャストを均一に描写してたような気がします。

それがかえって親近感を持たせたというか、日常普通にある光景のように思えました。
ハギス (もじゃ)
2006-07-16 22:56:15
こんにちは。TBありがとうございます。

監督・脚本がポール・ハギスなので、「ミリオンダラー」のようにズドンと突き落とされるのかと思ってましたが。

意外に救いのあるエピソードもあって良かったかなぁ。
ぐっときた (kino)
2006-07-17 01:09:34
こんばんは。TBありがとうございます。

私はこれ、感動してしまいました。

やっぱり 透明マントで。

うーむ 感動っていうか スゴイ映画だなぁと。

こういう展開を考えられる人はすごいと思いました。

皆様へ♪ (Aki.)
2006-07-17 04:14:37
コメント有難う御座います♪



>やちこさま

こんばんは~♪

言われて気が付きましたぁ!

透明マントのエピソードは良かったですよね~!

ワタクシ、娘が飛び出した瞬間、思わず声を上げてしまいました(^^ゞ

ただ、その反対側では殺人未遂を犯しときながら「天使が」なんてほざいてるのはどーかと思ってしまうんですよね~(^^ゞ



>ミチさま

こんばんは~♪

分かって頂けますか~!

いっぱい映画観てるとそーゆー事も多々ありますよね^^;

実はこれより前に観た『ホテル・ルワンダ』も・・・

ポスターとかにも「感動作!!」なんて派手に書いてますけど決してそーゆー方向性の映画じゃないですよね。

救いよーのない人ばかりで個人的にはあまり好きじゃないのに見応えありありだったのでやっぱり脚本の勝利ですよね^^



>heartstrings_movieさま

こんばんは~♪

仰る通り、ポール・ハギスが素晴らしかったです!

主人公が居なくても色んな方向・角度からきっちりテーマに向かって焦点が絞れてるんですよね~^^

日常の光景をこれだけドラマ性高く魅せるんだから素晴らしい才能ですね!



>もじゃさま

こんばんは~♪

確かに『ミリオンダラー・ベイビー』では最後に突き落とされますもんね!

今回は救いようのない人達を描いていたので多少の救いも入れたのかもしれませんね^^

救われない人達も居ましたけど・・・^^;

どーもワタクシはそっち側が気になってしまって(^^ゞ



>kinoさま

こんばんは~♪

kinoさまも透明マントにやられましたかぁ^^

あそこは本当に良かったですよね!

ワタクシは捻くれているのか、反対側(加害者)にムカッとさせられて感動まで行けませんでした^^;

凄い映画なのは間違いないですね!

一本の中にこれだけ詰め込めてしかも浅くならないってのは本当に凄いですよ!





皆様、コメント&エコー有難う御座いました♪

これからもよろしくお願いしますm(__)m
イライラもあり (メビウス)
2006-07-17 16:36:38
Akiさんこんばんわ♪TB有難うございました♪



自分も全部のエピソードが好きだったわけではなく、かなりイライラなものもあれば、良い話だなーと思うものもありましたね。自分も正直『アカデミー作品賞受賞』という名目が無かったらスルーしていた作品かもしれません(汗
こちらこそ~♪ (Aki.)
2006-07-18 04:06:52
メビウスさま、こんばんは~♪

試験でお忙しいのにわざわざのコメント有難う御座います♪



あれだけ登場人物が多くて、それぞれの人間性を色んな角度から描写していたのでエピソードによって好き嫌いが発生しますよね^^

と言ってもワタクシが好きなのは鍵屋さん親子だけだったりしますが・・・(^^ゞ

「アカデミー賞受賞」の名目がなければちょっと地味めな作品なのでスルーしてた人は多かったかもしれませんね^^

観て良かったとは思っているので受賞してくれて良かったですよ(^^ゞ



ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
Unknown (リリー)
2006-07-31 02:43:02
こんばんわぁ~☆

TBコメントありがとぉ~ございまぁ~す!



私もこの手の話しあまり好きではないんですが、アカデミー受賞作品ということで観ました!

いやぁ~ホント2時間弱という短い時間で、多くのエピソードと登場人物をよくぞここまで纏め上げたと感心しました!

しかもキャラ一人一人がとても丁寧に描かれていたのにも驚きです!

こんばんは~♪ (Aki.)
2006-07-31 03:52:24
こちらこそ、わざわざの訪問&コメント有難う御座います♪

なぁ~んか、出る人出る人みんな友達になれないタイプの人ばかりで・・・(^^ゞ

が、そーゆー人達を観てムカムカしちゃってる時点でこの作品にまんまとハマっちゃってるんですよね(^^ゞ

嘘くさい人が一人も居なかったしほんと、キャラの描写が丁寧でしたしね!

あれだけ濃い話を色々と盛り込んでも散漫にならなかったところにポール・ハギス監督の才能を感じますよね!

ただ、やっぱり好きな作品ではないんですけどね~(^^ゞ



ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 か行」カテゴリの最新記事

51 トラックバック

クラッシュ/ドン・チードル、サンドラ・ブロック、マット・ディロン (カノンな日々)
何となく気にはなっていた映画なんだけど、私が巡回してるブロガー方々の間では概ね好評のようなので、それならばと観に行ってきました。 「へぇぇぇ、こういう映画だったんだぁ」というのがまずは率直な感想。劇場予告編の印象ではもっとハラハラドキドキのサ ...
クラッシュ (ネタバレ映画館)
やっと見れた。オスカー授賞式が発表されてから観ると、最後の「中国人め!」という台詞をアン・リーがどう感じたのか興味あるところです・・・
「クラッシュ」 (てんびんthe LIFE)
「クラッシュ」よみうりホールで鑑賞 なかなか話がつかめなくて苦労しましたが、きっかけをつかんだらなんとも簡単につながっていきました。といってもこの作品はサスペンスではありません。人と人とのちょっとしたつながり、一期一会なんです。そして、人には ...
クラッシュ (Crash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・ハギス 主演 ドン・チードル 2004年 アメリカ映画 112分 ドラマ 採点★★★ 「差別は恐怖からくる」とマリリン・マンソンが言っていた。その恐怖は、無理解から来るもの。理解出来なければ出来ないほど恐怖を感じ、差別し排斥することで身の安全を図 ...
クラッシュ(映画館) (ひるめし。)
それはあなたも流したことのあるあたたかい涙 CAST:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/ウィリアム・フィクトナー 他 ■アメリカ産 112分 本年度アカデミー賞主要5部門ノミネートしている本作。 そういうコト ...
『クラッシュ』 (ラムの大通り)
----この映画って、ものすごくたくさんのスターが出ている割には なぜか地味な感じがするよね。 「内容が内容だからね。 プレスに載っている解説を引用すれば 『ハイウェイで起こった1件の自動車事故が、 思いもよらない“衝突”の連鎖を生み出し、 さまざまな人々 ...
クラッシュ (とんとん亭)
「クラッシュ」2006年 米 ★★★★★ 大都会ロサンゼルスの2日間を追う、群像劇。 いや~~待った。待った^^ アカデミー作品賞グランプリに輝いた時は既に 遅く、上映された後でした。DVD化を待って待ってやっと観れましたが期待通り! 冒頭の ...
クラッシュ / CRASH (我想一個人映画美的女人blog)
"サンドラブロック主演"ではありません。 クローネンバーグのでもありません☆ 豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、 ポール・ハギスが脚本&初監督し ...
クラッシュ (いつか深夜特急に乗って)
「クラッシュ」★★★★★ (名劇2)2004年アメリカ 監督
触れ合いたい 「クラッシュ」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_love/} クラッシュ こういう映画大好きです。 群像劇で、キャラクターが多いのですが、それぞれのキャラクターが十分にわかり、また数々の伏線が張られています。 さすがアカデミー賞にノミネートされるだけのことはあるといった感じでした ...
クラッシュ (It's a Wonderful Life)
いつ観ようかな?って間にアカデミー作品賞受賞かぁ。。 オスカー中継はやっぱりNHKに戻して欲しいな。 別所哲也さん込みでお願いします! とはいうものの、「シカゴ」「ビューティフル・マインド」「アメリカン・ビューティ」 等、何故か作品賞受賞後 ...
映画「クラッシュ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「クラッシュ」★★★★★ クリスマス間近のロサンゼルスで起きた交通事故をきっかけに、さまざまな人種、階層、職業の人々の人生が交錯する群像劇。 舞台がロサンゼルスということがとても重要とのこと。ニューヨークでは街の性質や人口密度によって ...
「クラッシュ」 (the borderland )
キャスト知らずに観たら、またまたドン・チードル出てました。 最近では「ホテル・ルワンダ」、「ダイヤモンド・イン・パラダイス」に続き3作目。シリアスな役からコメディタッチまで、いつも存在感ありますね。モーガン・フリーマンの後を継ぐのは彼しかいない? ...
クラッシュ (日々徒然ゆ~だけ)
 まぁどのアカデミー受賞作にも投げ掛けられる言葉ではあるが「それほどでも…」あまり期待せず,気負わず観るのが一番感銘を受けるであろう。じっくり物語を反芻するのが好きな人向けである。
クラッシュ (Akira's VOICE)
社会への警鐘と同時に, あたたかいメッセージも込められた群像劇。
クラッシュ (CINEMA IN/OUT)
衝突。 人種、夫婦、友人、親子、同僚、持つ者と持たざる者・・・。 ぶつかり合う中でつながりを確認する人々。 思い込みや誤解がもたらす悲劇、そして時には奇跡。 日常生活の中で出会ったら気分が悪くなるようなシーンが続く中で、 光がときおり輝く ...
クラッシュ (ルナのシネマ缶)
う~~ん!なんかすごい!! ちょっと説明するのは 難しいのですが、 人間の日常に潜むどうしょうもない 怒りや悲しみ、愛を描いた ヒューマン・ドラマです。 舞台は、ロサンゼルス。ハイウェイで起こった自動車事故をきっかけに 色々な人種、階層、職業 ...
クラッシュ (PICO*THEATRE)
人の“こころ”の断面図を鮮烈に描く、衝撃と感動のヒューマンドラマ誕生。 お薦め度:.★★★.  見た人に非常にお勧めされたし、単館系作品ばかりノミネートされたアカデミーの栄えある受賞作品ですから、結構
クラッシュ (レンタルだけど映画好き )
ひとは ぶつかりあえる。 ひとは わかりあえる。 2004年 アメリカ 監督 ポール・ハギス 出演 サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/ウィリアム・フィクトナー/ブレンダン・フレイザー/テレンス・ハワー ...
クラッシュ (琴線~心のメロディ)
【2006年2月11日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:広島バルト11】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} 私が観た社会派作品の中では、『ア ...
クラッシュ (Diarydiary!)
《クラッシュ》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - CRASH ロス 24
■クラッシュ (ルーピーQの活動日記)
クリスマス間近のロサンゼルス。深夜のハイウェイで黒人刑事のグラハム(ドン・チードル)は、相棒で恋人でもあるスペイン系のリア(ジェニファー・エスポジト)と追突事故に巻き込まれる。そこで彼は、偶然事故現場近くで発見された若い黒人男性の死体に引き付 ...
クラッシュ CRASH (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン ジェニファー・エスポジート 主演 豪華な出演者達が織り成す群像劇 人種るつぼのロサンゼルス 白人・アフリカ系・ヒスパニック・ アラブ系・東洋人色々な人種が暮らしています  そこでの人種差別を真 ...
クラッシュ (★Mooooovie★)
ストーリー 冬、クリスマス間近のロサンゼルス。深夜のハイウェイでLAPDの黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、交通事故に巻き込まれた。車から降り立ったグラハムは、偶然事故現場脇で発見され ...
クラッシュ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
サンドラ・ブロック主演だったら・・・アクション映画? あ、主演じゃなかったんだ^^:::と気づいた鑑賞後(爆) 『クラッシュ』観てきました。 群像劇だったんだなぁ~・・・ 『マグノリア』観たときの感覚に似ていて・・・でもラストはすべてがハッピ ...
【 クラッシュ 】 (もじゃ映画メモメモ)
『ミリオンダラー・ベイビー』の製作・脚本を担当したポール・ハギス初監督作品。マット・ディロン、ドン・チードル、サンドラ・ブロックなどが出演する群像劇。 様々な差別や偏見を浮き彫りに、それぞれのエピソードが複雑に絡み合うストーリー展開。観ている ...
クラッシュ (映画を観たよ)
またまた重い、けど・・・ たくさんのエピソードは全てが繋がっている。 ほとんどが悲しみの連鎖でした。 誰もが主人公で本当に日常的な日々。 黒人、アジア人、ペルシャ人などと色んな人種がいる。そして今でもある人種差別。 その時は人種差別を扱った映画なの ...
人種問題がぶつかり合う群像劇◆『クラッシュ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
2月27日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 冬、クリスマスも間近のロサンゼルス。深夜、ロス市警の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と、同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、交通事故に巻き込まれた。車から降り立ったグラハムは、偶然 ...
「クラッシュ」 天使の街で (目の中のリンゴ)
ミニシアター系まで観ないけど、”まぁまぁ映画スキ”な人に ”いい映画だよ!”とオススメするのに、 例えて言うなら ”シリアスな「ラブ・アクチュアリー」って感じ”。 (と言うと 軽すぎるかなぁ。スキなんだけど) 群像劇ってやつです。 たくさんの登場人 ...
★「クラッシュ」 (ひらりん的映画ブログ)
2/11劇場公開の「クラッシュ」を初日ナイトショウで見てきました。 結構知ってる人が出てるから楽しみだった。 アカデミー賞にも6部門ノミネートされてるし・・・。
クラッシュ (2004) CRASH 112分 (極私的映画論+α)
 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃のヒューマン群像サスペンス。  クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リア。銃砲店で不当な差別 ...
クラッシュ (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
2006年7月28日発売  豪華キャスト多数出演の、今流行の!?群像劇。  中心となる登場人物達の一連のストーリーを追うのではなく、複数の登場人物たちのエピソードをパラレルに描き、でもそれらが時として交錯する、という演
クラッシュ(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ポール・ハギス 【出演】サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジト/ブレンダン・フレイザー/テレンス・ハワード/他 【公開日】2006/2.11 【製作】アメリカ 【スト
「クラッシュ」 (NUMB)
 crash オリジナル・サウンドトラック 「クラッシュ」 ★★★★ Crash (2005年アメリカ) 監督:ポール・ハギス 脚本:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ キャスト:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット
クラッシュ (新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
「ミリオンダラー・ベイビー」を書いたポール・ハギスの初監督作品となれば、大人の味わいの深いドラマが期待できる。レイトで観てきた。
クラッシュ (cinema capsule)
オスカー作品賞を受賞した人間ドラマ。 アメリカの暗部を抉り出す ★「クラッシュ」 2005年アメリカ 112分 監督:ポール・ハギス 出演:サンドラ・ブロック    ドン・チードル    マット・ディロン    ブレンダン・フレイザー    テレンス・ ...
映画館「クラッシュ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
いろんな方のレビューで拝見させていただいていて、観たい観たいとおもっていた作品です。地元のシネコンでは、公開されていなかったのですが先週末についに公開されました! 人種差別が軸となって、いろんな人種、職業、生活の人々が織り成す人間模様。人間の ...
CRASH (type C)
監督: Paul Haggis脚本: Paul Haggis / Bobby Moresco出演: Sandra Bullock / Don Cheadle / Matt Dillon   more...
クラッシュ (Extremelife)
「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃のヒューマン群像サスペンス。様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が極限にまで高まるアメリカのロサンジェルスを舞台に、次々と引き起こされる ...
『クラッシュ(ポール・ハギス)』、観ました。 (肯定的映画評論室・新館)
 『クラッシュ(ポール・ハギス)』、映画館で観ました。クリスマス間近のロサンゼルス。黒人刑事のグラハムは、相棒であり恋人でもあるスペイン系のリアと追突事故に巻き込まれる。彼は偶然事故現場近くで発見された黒人男性の死体に引き付けられる……。 ず ...
N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) (サーカスな日々)
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物 ...
クラッシュ(2回目) (八ちゃんの日常空間)
自動車の衝突事故をきっかけに、次々と起こる人間ドラマを描いたものかなぁ、と思っていたら、群像劇だった。1日という短いスパンで人々の連鎖的に起こる「運命」を詩的に表現している。 シーンの移り変わりが自然なくらい、きれいに流れていくのでイマイチどん ...
クラッシュ (*ひめ*の映画おぼえがき)
監督:ポール・ハギス 出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジート、ウィリアム・フィクトナー... 「それは、あなたも流したことのあるあたたかい涙。  怒り、哀しみ、憎しみ、喜び-
クラッシュ (cinema note+)
クラッシュcrash 2004年 アメリカ・ドイツ 人種差別のオンパレードで、ここまでやっちゃっていいの?って思うほどでした。   とにかく脚本が上手くて、監督・脚本のポール・ハギスの職人芸を感じた。「ミリオン
差別の背景には (藻、たくさんの日々。)
早稲田松竹で二本目に観たのは、「クラッシュ」。 現在のアメリカの人種差別を描き出した作品。 本命といわれていた「ブロークバック・マウンテン」をおさえ、 第78回のアカデミー作品賞を受賞しました。 舞台となるのは、多民族化が著しい大都市ロサンゼ ...
第78回.アカデミー賞『クラッシュ』(2005) (Fantastic Cinemas)
作品賞:Crash/クラッシュ 『ポール・ハギス監督』 タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作 ...
【洋画】クラッシュ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A (演技5/演出4/脚本5/撮影4/音響4/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ4/合計44) 『評論』 アカデ
クラッシュ…レンタルで鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日「ダヴィンチ・コード」のDVD買ってきたことを報告させていただきましたが、でかいです箱{/face_acha/} 邪魔だなぁコレ{/face_ase2/} 実は買うつもりなかったんですが、 高い方だけにしか追加映像入っていない{/face_ase1/}なんて酷いです{/face_hekomu/} ...
クラッシュ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。』  2/11に公開されて現在も全国で順次公開されていっているコチラの映画。もうすぐ発表のアカデミー賞でも主要6部門にノミネートされている話題作ですね。 ...
クラッシュ (Addict allcinema 映画レビュー)
人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。
「クラッシュ」(2004) (シネマ・ワンダーランド)
クリント・イーストウッド監督作品「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を執筆したポール・ハギスが同じく脚本や初監督を務めたサスペンス風のヒューマンドラマ「クラッシュ」(2004年、米、112分)。この映画はクリスマスを間近に控えた米国ロサンゼルスを舞台に、...