ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エミリー・ローズ

2006-06-15 | 映画 あ行
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

「悪魔祓いの儀式後に、謎の死を遂げた少女エミリー・ローズの死をめぐる
衝撃の実話。」だそーです。
一体どんなおっかないホラーなのかと期待して観ましたが・・・
そー来たかぁ~って感じです。

いや、怖いことは怖かったんですけどね。
ただ、ホラーな部分と同じくらい(もしくはそれ以上?)に裁判の部分に力が
入っていたので
てか、むしろ法廷モノ・・・
ま、裁判映画好きなワタクシとしてはそっちでも楽しめましたよ。

まぁ、悪魔祓いだけを描いちゃうと、まんま『エクソシスト』になっちゃいます
からね~。
差別化を計る意味でも裁判を中心にしたのは正解だったかもしれませんね。
逆にホラー映画としてはどーなんでしょ?
怖がりなワタクシはこれでも十分でしたが、マニアな方にはちょっと物足りない
かもしれませんね。
演出・描写にしてもわりと在り来たりで目新しさはなかったですからね。
せーぜー目からドバーってのとイナバウアーぐらいですかね。
これも、緑のドバーとか、首が回ったりブリッジで歩いたり『エクソシスト』
でもっと怖いことやってましたからねぇ。
ま、何度も言いますけどワタクシはこれでも怖かったですけどね。

主演は・・・ローラ・リニーですよね?
彼女の中での変化がもう一つ見えなかったかなぁ~。
それ以外は良かったと思います。
共演のトム・ウィルキンソンは、主張が一貫した役なのでより安定感が
光ってましたね。
で、影の主役(?)のジェニファー・カーペンターなのですが・・・
怖かったです~。
もちろんメイクあってのモノだろーけど、どんどん深みにハマって行ってしまう
様を見事に表現してました。
てか、顔が怖い。
『シャッフル』でもそーだったけど、結構役を作るのが上手かもしれません。

てわけで、結構面白い法廷ホラー(?)だったのですが、エミリーが悪魔に憑かれた
理由だけは納得行かなかったです。
ま、それも事実なのだと言われればそれまでですけど。


エミリー・ローズ@映画生活

コメント (16)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« スタンドアップ | トップ | のだめカンタービレ 15巻 »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2006-06-15 10:24:17
こんにちは☆Aki.さん

そうですね、法廷モノとしても十分楽しめる作品でした。



欲を言うと、もうちょっと悪魔の仕業、見せてもらいたかったんですけど。

その存在を認めるか否かで評価もかわりそうですね。



「オーメン」リメイクも機会あれば観てくださいー
1粒で2度 (メビウス)
2006-06-15 16:59:53
こんばんわ♪TB有難うございました♪



法廷劇とホラーの融合がまた斬新♪どっちのジャンルで観ても面白いと思うので、1粒で2度美味しい映画みたいな感じですね♪



ジェニファー・カーペンターの『悪魔のイナバウアー』も結構な話題になりましたし(^▽^;)(笑
TBありがとうございました (ミチ)
2006-06-15 20:09:56
こんにちは♪

怖がりな私がこれに足を運んだのは法廷モノと聞いたからです。

でも、目からドバーーっていうのは怖かった!

今でも思い出すと怖い・・・。

『オーメン』も怖くて見にいけないです。
裁判劇 (もじゃ)
2006-06-15 22:00:38
こんにちは。TBありがとうございます。

予告などからオカルトホラーかと思ってたんですがね。

ホラー映画として観ると、じぶんはそれほど恐くなかったですが、裁判劇としては面白く観られました。
こんばんは♪ (かの)
2006-06-16 00:48:14
こんばんは、TBありがとうございました!

こちらからも送らせて頂きます~。

異色な法廷劇で面白い作品でした!

これらが真剣に裁判の場で討論されるのだから、キリスト教圏の信仰心のすごさに頭が下がります。

でも私は下手なホラー以上に怖かったです(>_<)

エミリーを演じたジェニファーの迫真の演技が本当に怖くて(汗)
皆様へ♪ (Aki.)
2006-06-16 04:43:14
コメント有難う御座います♪



>migさま

こんばんは~♪

強烈な駆け引き合戦があったわけではないのですが、十分楽しめましたよね^^

ホラーな部分はもう少しあっても良かったですよね!

せっかく中に入ってる人(悪魔)はゴージャスだったのに名前しか出なかったし・・・

『オーメン』、人様に迷惑をかけてしまう可能性大なので劇場じゃ無理です~(^^ゞ



>メビウスさま

こんばんは~♪

普通なら相容れないジャンルの融合ですもんね!

すっごく斬新かもしれません^^

しかも実話ってのが・・・

どっちで観ても面白かったですけど、ホラー好きには物足りないかもしれませんね(^^ゞ

悪魔のイナバウアーw



>ミチさま

こんばんは~♪

怖がりなのに劇場に!?

まぁ、メインが法的劇なのでまだマシでしょうか^^

でもですよ、これを一人で深夜に観るってのも結構勇気が要りますよ!

ちなみに、目からドバーーな瞬間、ワタクシは口アングリでした。:゜(。ノω\。)゜・。

『オーメン』すっごく観たいんですけど、同じく怖くて観に行けません(^^ゞ



>もじゃさま

こんばんは~♪

ワタクシも完全にオカルトホラーだと思い込んでました(^^ゞ

が、あまりにもイメージと違っててちょっとビックリだったのですが、それでも怖かったです。

人よりも少しだけ怖がりなので^^;

裁判映画としても見応えがあって面白かったですよね!



>かのさま

こんばんは~♪

法廷劇としては異色中の異色ですよね^^

しかも何気に見応えがあって面白いし!

こんな裁判が実際に行われたのだから凄いですよね^^

日本でも教祖ショーコーがだんまりを決め込まなければこんな裁判になったんですかねぇ?

っと、そーですよ!

何が怖いってジェニファーの顔が怖かったですよね。:゜(。ノω\。)゜・。





皆様、エコー&コメント有難う御座いました。

これからもよろしくお願いしますm(__)m
こんにちわ♪ (耕作)
2006-07-24 12:14:12
とっても期待以上の作品で満足です。

アプローチの仕方はもちろん、

ジェニファー・カーペンターの演技にも拍手ですね。

しかし、6人(匹?)の悪魔に一気に憑依されてたのには

驚いたのと同時に、その設定に感心しちゃいました(笑)

そりゃ、勝てないワ…。



TB&コメントありがとうございました。
こんばんは~♪ (Aki.)
2006-07-25 04:10:59
こちらこそ、わざわざの訪問&コメント有難う御座います♪



思っていたのと違うタイプの作品でしたけど、これはこれで見応えありましたよね!

ジェニファー・カーペンターはまさに迫真の演技って感じで本当に怖かったです^^

6悪魔にはびっくりでしたね!

しかも、入ってるのが出てきた名前のまんまだったとしたらもの凄いですよ!

て、設定じゃなくて実際に入ってたんですよぉw



ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
こんにちは♪ (ゆかりん)
2006-07-27 13:10:08
私も怖い話だと思ってました。

皆さんもおっしゃっているようにジェニファー・カーペンターの演技は怖いくらい凄かったです。

今後楽しみな女優さんですね。



コメント有難う御座います♪ (Aki.)
2006-07-27 15:50:09
こんにちは~♪

CMや予告編を見た限りでは猛烈に怖いホラーだと思いますよね!

が、これはこれで面白かったです^^

そして十分に怖かった・・・。:゜(。ノω\。)゜・。

ジェニファー・カーペンターのこれでもかってくらいの力の入った演技、凄かったですよね!

彼女のお陰で怖さが倍増だったかもしれません。

ホラー女優のレッテル貼られなければ今後も活躍出来そうですよね!



ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 あ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

36 トラックバック

映画館「エミリー・ローズ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「ホラーではない実話である」とあるように実話が元になっているというこの作品、、、たしかに、ホラーでは無かったです。法廷劇色が強い作品でしたが、ホラーよりも怖く感じました。 エミリーが亡くなったのは、病気のせいか、悪魔のせいかの裁判が始まります ...
エミリー・ローズ (いつか深夜特急に乗って)
「エミリー・ローズ」★★★ (盛岡フォーラム2)2005年ア
エミリー・ローズ (2005) THE EXORCISM OF EMILY ROSE 120分 (極私的映画論+α)
 ある日、神父ムーアが悪魔に呪われたという19歳の女子大生エミリー・ローズに悪魔祓いを施した末、死に至らしめたとして過失致死罪で起訴された。彼の弁護には、野心的な女性弁護士エリンがあたることに。エミリーは心の病で、薬の服用をやめさせたことが原因だ ...
エミリー・ローズ (ネタバレ映画館)
 『エクソシスト』では首が回るシーンが有名だが、この映画ではまるで中国雑技団によるイナバウアーのような決めポーズが印象に残る。
エミリー・ローズ (Akira's VOICE)
怖さが勇気と希望に変わる瞬間が感動的な見応えあるドラマ。
エミリー・ローズ/ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン (カノンな日々)
いつもだったら劇場では観ないジャンルなんですけど、実話に基づいてるという事と法廷劇であるという二点が私のツボでして、ついつい観に行ってしまいました。 +++ちょいあらすじ
『エミリー・ローズ』 (ラムの大通り)
----「この映画はホラーではない。実話である」…… これどういうこと?ホラーじゃニャいの? 「うん。ぼくも以前、だれかにそう言ったら、 『いや、宗教をめぐる法廷サスペンスです』と返されて 『えっ?』と思ったことがある。 そのため、これはキツい映画かな、 ...
エミリー・ローズ (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 バイト4連チャン中だというのに観てきましたよ~「エミリィー~・ロォォオオズゥゥゥウウ~」  実話を基にした話。  ある田舎町の民家で少女が死んでいる。  彼女を取り巻く家族。  そして1人の男が過失致死で裁判に掛けられます。  彼はムーア神父。 ...
エミリー・ローズ/THE EXORCISM OF EMILY ROSE (我想一個人映画美的女人blog)
全米初登場No1というのにはそれほど驚かないけど、これは ホラーではなく、実話 それこそがこの映画の最も凄いところであり、興味深いところ。 前代未聞! 法廷で"悪魔の存在"を初めて認めた。 悪魔払いの儀式後、謎の死を遂げた エミリーローズの死をめぐる検証 ...
「エミリー・ローズ」 (てんびんthe LIFE)
「エミリー・ローズ」SPE試写室で鑑賞 ブロガー試写会 中野サンプラザの「SPIRIT」に行くはずでしたが、同行の友人が体調を崩し38度の熱でダウン。絶対にお金を払ってまで見ないだろう「エミリー・ローズ」の試写会に別の友人と行く事にしました。 ...
エミリー・ローズ 06年59本目 (猫姫じゃ)
エミリー・ローズ オカルトホラーか、法廷劇か、、、「十二人の怒れる男 」 か、「エクソシスト 」 か、、、古い?? ストーリーとしては、映画の最後に書かれているように、エクソシズム、悪魔払い のお話なんだケド、映画としては、ローラ・リニー の最終弁論 ...
エミリー・ローズ (何を書くんだろー)
「エミリー・ローズ」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  ある朝、ひとりの医師によって19歳のエミリー・ローズの「死」が確認される。フツーの大学生 だった彼女を襲った死の真相を究明するための法廷が開かれる。被告人として法廷に立たされ ...
エミリー・ローズ(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】スコット・デリクソン 【出演】ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/キャンベル・スコット/ジェニファー・カーペンター 【公開日】2006/3.11 【製作】アメリカ
映画「エミリー・ローズ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「エミリー・ローズ」★★★ 悪魔祓いの儀式後に謎の死を遂げた少女エミリー・ローズの死をめぐる実話の映画化。 ホラーというよりも法廷劇という趣で、ホラー苦手な私でもなんとか鑑賞できた。といっても、ところどころ音響にヤラれてビックリしたり ...
エミリー・ローズ (琴線~心のメロディ)
【2006年3月11日劇場公開】 【ジャンル:ホラー】※ノン・フィクション系 【観た場所:T-JOY東広島】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ こういうの嫌いじゃないです。 でも、怖かったー(TOT) 斜め前のおじさんの腕 ...
【 エミリー・ローズ 】 (もじゃ映画メモメモ)
悪魔祓いによって少女を死なせた神父の裁判を実話を基に映画化。出演はローラ・リニー、トム・ウィルキンソン。 エミリー役のジェニファー・カーペンターの絶叫シーンは壮絶です。と言いつつも、オカルト・ホラーというより法廷ドラマなのであまり恐さはない。 ...
エミリー・ローズ (~映画とはずがたり~)
19歳の少女に何が起こったのか? かつて「悪魔の存在」を問う裁判が、 実際に行われたことを、あなたはご存知だろうか? STORY:ごく普通の19歳の女子大生、 エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)。 ある日を境に恐ろしい幻覚と痙攣に悩まさ ...
エミリー・ローズ (まったりでいこう~)
ホラーというよりもサスペンスっぽく感じたためか、苦手意識をあまり持つことなく観ることができました。本当は苦手なジャンルなんですけどね(^_^;) 悪魔憑きといっても日本人である私にはいまひとつピンときません。日本ではどちらかというと悪霊とか怨霊といった ...
エミリー・ローズ・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
久々の本格オカルト映画だと思って観に行ったら、真面目な裁判劇だった。 1970年代に当時の西ドイツで起こった、悪魔祓いによる死亡事件とその後の裁判をベースにした「エミリー・ロー
エミリー・ローズ (とりあえずな日々(仮))
19歳の女子大生エミリー・ローズが怪死した。 彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父は死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。 そんな中、有能な女性弁護士エリン・ブルナーは教会の依頼でムーア神父の弁護を担当することになるが…。 悪魔ばらいの儀式 ...
★「エミリー・ローズ」 (ひらりん的映画ブログ)
これはホラーではなく実話です・・・らしい。 あまり興味ないジャンルだけど、ヒマヒマしてたのでついでに観ちゃった。
「エミリー・ローズ」 (NUMB)
 エミリー・ローズ 「エミリー・ローズ」 ★★★ The Exorcism of Emily Rose (2005年アメリカ) 監督:スコット・デリクソン 脚本:ポール・ハリス・ボードマン・スコット・デリクソン
エミリー・ローズ (ぷち てんてん)
「イーオン・フラックス」見ようかと思ったんですけどね。息子を誘ったところ、「その映画ってどうかな~~」と却下され、じゃ「エミリー・ローズ」にしようということになりました。最近自分的には当たりの映画がないんで、いっそ「イーオン・フラックス」でもい ...
エミリー・ローズ (まつさんの映画伝道師)
第394回 ★★★(劇場) (真相に迫りますので、ご注意あそばせ)  映画法廷、只今より開廷。 「訴訟番号394、映画会社 対 観客。映画『エミリー・ローズ』への難癖訴訟」  今回の訴訟は、エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター ...
エミリー・ローズ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆    鑑賞直後、悪魔の仕業に遭遇した私!?
エミリー・ローズ (☆えみたんの日記帳☆)
やっと見たかった 「エミリー・ローズ」を見てきたよ(#^_^#)鍊 ストーリー 19歳の大学生エミリーはある日、原因不明の痙攣と幻覚に襲われ、 自分に何かがとりついていると確信する。 エミリーはムーア神父に悪魔ばらいを依頼するが失敗し、 彼女は命を ...
「エミリー・ローズ」試写会にて 何故悪魔に憑かれたのか (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
BBT主催『エミリー・ローズ』の試写会に行ってきました。
エミリー・ローズ THE EXORCISM OF EMILY ROSE (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ジェニファー・カーペンター、ローラ・リニー、 トム・ウィルキンソン主演 19歳のエミリー・ローズは凄惨な死を遂げる 医学調査団はこの死を人為的な不自然な死であると告げる エミリーの症状を見て医者は精神病とか癲癇として 薬の投与を命じます しかしエミ ...
エミリー・ローズ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 120分 監督 スコット・デリクソン 脚本 ポール・ハリス・ボードマン 、スコット・デリクソン 音楽 クリストファー・ヤング 出演 ローラ・リニー 、トム・ウィルキンソン 、キャンベル・スコット 、 ジェ ...
エミリー・ローズ (とんとん亭)
「エミリー・ローズ」2006年 米 ★★★★ 恐れおののいて 己の救いを達成しなさい。 映画館で 観たかったのに 時間帯が合わず これまたDVD化待ちになりました。 ホラーではないけど じんわりと怖い映画で怖いだけでなく、悲しいお話でした。 ...
エミリー・ローズ (The Exorcism Of Emily Rose) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スコット・デリクソン 主演 ローラ・リニー 2005年 アメリカ映画 120分 ホラー 採点★★★ 幽霊もUFOもUMAも信じたくて信じたくて仕方がないのだが、目の前にドドーンと証拠が現れてくれないとなかなかソチラ側へ踏み込めないのも事実の私。悪魔祓いの ...
エミリー・ローズ (映画鑑賞★日記・・・)
『THE EXORCISM OF EMILY ROSE 』公開:2006/03/11監督:スコット・デリクソン出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、ジェニファー・カーペンター、コルム・フィオール、ジョシュア・クローズ ☆story☆ある日、神父ムーアが悪魔 ...
エミリー・ローズ (色即是空日記+α)
全米を震撼させた実話! ・・・と思って見たら、怖くないやん。 きっとエミリーと違ってわしは神経が過敏じゃないんだな。 良かった、取り憑かれる候補から外れたw
【洋画】エミリー・ローズ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技5/演出4/脚本4/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ3/合計38) 『評論』 個人
エミリー・ローズ (M's daily life)
 「エミリー・ローズ」  原題 : THE EXORCISM OF EMILY ROSE (2005年 米 122分) 監督 : スコット・デリクソン 出演 : ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、ジェニファー・カーペンター 鑑
★★★「エミリー・ローズ」ローラ・リニー、トム・ウィルキンソ... (こぶたのベイブウ映画日記)
この映画を観て思い出したのがトルコにある聖母マリア様の家。無宗教な私も「ここは何か違う!」と、心から感じる神聖さがありました。この映画で問題にされていることは、感じられても見えないものだからこそ、いろいろ考えさせられました。霊界の存在を知らせる ...