ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミュンヘン

2006-07-13 | 映画 ま行
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

いや~、難しかったですよ、色んな意味で。
面白いか、面白くないかって事だけでも、一言でどっちって言えないです・・・
見応えは凄くあってかなり見入ってはいたんですけどね。
じゃ~、どこで楽しんだかと言うと微妙でして・・・

同じよーに実話が基になってるスピルバーグ作品、『シンドラーのリスト』とは
全く違った印象なのは、よりエンタメ性を排除して徹底的に生々しくしたから
なんでしょうね。
その生々しさこそがこの作品の最大の売りなのかなぁ。
そーゆー意味では『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』と似たよーな
タイプの作品だと思うのですが・・・
あっちはショーン・ペンの演技力で魅せたけど、こっちはスピルバーグの
演出力で魅せたってとこでしょうか。
丁寧な心理描写から来る緊張感は流石でした。

が、若干・・・
と言うかかなり、状況の垂れ流しだったりもするんですよね~。
この手の作品って、大抵は作り手によるメッセージとか主張が入ってると
思うんですけど、そーゆーところがあまり見えて来なかった上に最後の最後に
字幕でアレですからね・・・
そんな程度の事を言うために2時間以上も費やしたとは・・・
てか、それは映像として訴えて、そこから、じゃあ今は何が出来るのか、何を
すべきなのか、スピルバーグなりの考えを伝えて欲しかったです。
正直、「は?今さら何を・・・」と思ってしまいましたよ。

主演はエリック・バナです。
この作品の持つ雰囲気とも合ってましたし、役にもフィットしててかなり良かった
んじゃないでしょうかねぇ。
葛藤すらなく、当然のよーに暗殺を繰り返す主人公を上手く演じてたと思います。
ま、それは共演のダニエル・クレイグやマチュー・カソヴィッツとかにも言える
ことですけどね。
スピルバーグが意図してるものを、演技として表現出来る人達が揃ったって事
でしょうか。
もちろん、スピルバーグの力もかなり大きかったとは思いますが。

何処の国でも最も重い犯罪であるはずの殺人という行為が、「国のため」なんて
いう下らない大義名分を掲げただけで正当化されてしまう・・・
たかが”国”、人の命に比べたら遥かに軽いものだと思うのは、ワタクシが
安全な”国”に住んでいるからなのでしょうか?

それはそーと、冒頭の襲撃までがウィリアム・ホールデン主演の『テロリスト・
黒い九月 ミュンヘン』とよ~く似てたのは事実に沿ってるからなんでしょうね。
こっちもミュンヘンでの事件を描いてるだけに、襲撃シーンなどのインパクトも
凄くあって中々良かったですよ。


ミュンヘン@映画生活
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« ダイヤモンド・イン・パラダイス | トップ | ARIA (9) »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-07-13 16:06:53
こんにちは♪

かすかな記憶しかない事件ですが、こういうことだったのか~ってお勉強させてもらったような映画です。

おばちゃまがひとり出ていらしたでしょう?最初は大統領だなんて全く思いもよらずに見てました(汗)

こちらこそ~♪ (Aki.)
2006-07-14 03:50:51
こんばんは~♪

いつもコメント有難う御座います♪

かすかな記憶もないので五輪での事件を描いた映画の方でお勉強してから観ました(^^ゞ

と言うのはちょっぴり嘘でして・・・

実は結構前に「あれ?ミュンヘンってもうDVD化だっけ!?」と思いつつ、観たら別の映画だったと言う大ボケを・・・(yωy*)ポッ

ワタクシもあのおばちゃま、何か秘密機関の長官か何かかと思ってました^^;

まさか大統領とは!?



ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
TBありがとうございました (yukino)
2006-07-15 10:44:18
いつもTBありがとうございます。

生まれる前の話だったので、こんなことがあったんだと思いながら見ました。実際にリアルタイムで経験してた人は感慨深かったみたいですね。
こちらこそ~♪ (Aki.)
2006-07-16 02:50:50
コメント有難う御座います♪

それと、いつも無言TBばかりで申し訳ありません~~(^^ゞ

やっぱりリアルタイムで知ってると余計に映画に入れるんでしょうね!

ワタクシも全く知らなかったので「へぇ~、そーなんだぁ。」ぐらいにしか思えないところが・・・^^;

それでも作品の完成度は高かったので見入ってはいたんですけどね^^



ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
Unknown (M)
2006-09-06 22:46:04
akiさん、こんばんは。



役者の面々がスピルバーグの意図を完璧にくみ取り、それぞれが実力をいかんなく発揮したというのが、この映画が良いものに仕上がった大きな要因だと私も思います。

ただ、これが本当に事実なのかな?という素朴な疑問が残りましたが・・・
コメント有難う御座います♪ (Aki.)
2006-09-07 05:20:11
Mさま、こんばんは~♪

スピルバーグ力+地味ながらも実力ある俳優陣の演技力=この作品の出来映えってとこですよね^^

やっぱり全てが噛み合うと良い映画が出来るんですよね~!

これを事実と言ってしまうのはちょっと違うかもしれませんね。

例によって片側からしか見てませんし、実際はもっとえげつないところもあったかもしれませんしね。

あくまで、実話ベースの物語ってとこなんじゃないでしょうか^^



ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
こんにちは (カオナシ)
2006-09-18 14:25:29
TBとコメントありがとうございました。

暗殺シーンはどれも生々しくて迫力がありました。

見ごたえありましたよね。

エリック・バナよかったです!
こんばんは~♪ (Aki.)
2006-09-19 04:06:01
こちらこそ、わざわざの訪問&コメント有難う御座います♪



大袈裟な表現をせず、恐らくは色んな証言に基づいて再現したと思えるので凄く生々しかったですよね!

大きな盛り上がりがあるはけでもないのに見応えありました^^

エリック・バナも見事でしたね!



ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
今年(2006年)はおせわになりました。 (ピロEK)
2006-12-31 09:35:22
おじゃまします。本年はおせわになりました。
私のブログにはコメントいただきありがとうございました。
あいかわらず、コメントに伺うのが遅れがちな私です。申し訳ない。
この作品、Aki.さんのおっしゃるように、見ごたえのある作品ではあったのですが、
スピルバーグにとっては身内のことを描いた作品だからなのか(?)妙に慎重さが感じられてなんとなく微妙。
映画の評価が低い訳ではないのですが…

あと、全く関係ない&多少不謹慎ですが、「ケロロ軍曹」の記事もアップしております(先々週ごろかな)。
良かったら、そちらも読みにきてくださいね。

では、また来させていただきます。来年2007年もよろしくお願い致します。
こちらこそ~♪ (Aki.)
2007-01-01 07:00:23
昨年中は本当にお世話になりましたm(__)m
お忙しい中、わざわざTB&コメントをして頂けて本当に感謝です^^
この作品、見応えはあるんですよね~。
山も谷も有りまくりないつものスピルバーグ節は抑えて淡々と生々しく描いたのは流石だなぁ~と思います。
が、やっぱり映画として微妙なんですよね^^;
出来は悪くないのに・・・
個人的にはスピルバーグの主張をもっと感じさせて欲しかったです。

と、『ケロロ軍曹』アップされましたか!
いや~、楽しみにしてました^^
近々伺わせて頂きますね~って、不謹慎w

ではでは、今年もよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ま行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

33 トラックバック

映画館「ミュンヘン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。 ミュンヘンオリンピック ...
これで、真の平和を問う???? 「ミュンヘン」 (平気の平左)
評価:65点 ミュンヘン ネタバレあり 「宇宙戦争」のときに、コメント欄がすごいことになったので、あまりスピルバーグ作品を批判するのはよそう、と心に固く誓ったんですけど、相性が悪いのかなぁ・・・ 途中までかなりよかったのに、わかりきった主張を ...
ミュンヘン (ネタバレ映画館)
 また爆弾の量を間違えちゃったよ・・・ってシャレにならないんですけど・・・
ミュンヘン/ エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ (カノンな日々)
とりあえず・・・長ッ!(笑) 2時間44分の社会派ヒューマンドラマにはスティーブン・スピルバーグ監督の並々ならぬ思い入れを感じます。長いんですけど、絶えず緊張感を漂わせ中だるみもほとんど感じられないのは流石といったところでしょうか。 +++ちょいあら ...
『ミュンヘン』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方が…かも。 ----この映画、今日から公開だよね。 フォーンも観たけど、どうだった? 「う~ん、ぼくは勘違いしていたね。 まずは物語を要約してみよう。 ミュンヘン・オリンピ ...
「ミュンヘン」 (てんびんthe LIFE)
「ミュンヘン」一ツ橋ホールで鑑賞 感想を書く事がこんなにも困難極まりないと思わせるスピルバーグ監督作品。「シンドラーのリスト」だってもう少しストーリーが解るのでこの作品よりは書きやすいと思います。とにかくスピルバーグ=誰にでも受け入れやすいエ ...
ミュンヘン(Munich) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 エリック・バナ 2005年 アメリカ映画 164分 ドラマ 採点★★★★★ いかなる理由であれ、暴力は新たな暴力を生み出す。憎しみは増幅され、途切れる事のないサイクルとなり国々と、そこに住む人々を飲み込んでいく。真実は一 ...
ミュンヘン (Akira's VOICE)
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。
映画「ミュンヘン」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:MUNICH 1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックでのパレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー"による人質事件、そして報復の暗殺の物語が綴られる・・。 この映画、事件の関係者のコメントに基づいて創られたという。パレスチナゲ ...
ミュンヘン (It's a Wonderful Life)
2時間44分の長い作品ですが、 スピルバーグ入魂の力作で素晴らしい作品でした。 物語の発端なった恐ろしいミュンヘンオリンピックの惨劇事件は この映画が話題になるまで知らなかったんです。 その事件の顛末を描く作品だとばかり思ってましたが、 後 ...
ミュンヘン (シャーロットの涙)
1972年9月5日ミュンヘンオリンピック開催中に「ブラック・セプテンバー」によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。イスラエル秘密情報機関「モサド」は暗殺チームを結成。・・・報復を実行していく様を事実を元に描き、そこに真の平和とは何かを問うテーマを織 ...
映画「ミュンヘン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がないミュンヘン・オリンピック開催中のイスラエル選手団襲撃 ...
ミュンヘン /MUNICH (我想一個人映画美的女人blog)
試写ホールの古椅子に座って観たらさすがにお尻痛くなった~{/ase/} 退屈~ってことにはならなかったけど、やっぱり長い。2時間44分{/ee_3/} 「長いなぁ、、、。」と思い始めた頃、意外とあっさり終わってしまった、、、 「ターミナル」といい「宇宙戦争」と ...
ミュンヘン (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
頑張れ浅田真央!五輪の星となれっ!ちみなら出来るゾ!できるぞぉ~!いけぇぇぇぇッ! えっ? 彼女、出れないんですか?・・・っていつの話しじゃ   しかし何ですな。日本がミキティだの、荒川静香の稲葉ウアーだのと盛り上がっている中、こんなトコ ...
ミュンヘン (まったりでいこう~)
暗くそして重い内容で時間は3時間近くあったように思いますが、あまりその長さは感じませんでした。むしろ話自体に引き込まれ、気がつけば食い入るように観ていたという感じです。 もとになったこの事件のことを私は知りません。なので誰もが知るオリンピックの大 ...
ミュンヘン (Diarydiary!)
《ミュンヘン》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - MUNICH 1972
「ミュンヘン」 (NUMB)
 映画「ミュンヘン」オリジナル・サウンドトラック 「ミュンヘン」 ★★★☆ MUNICH (2005年アメリカ) 監督:スティーブン・スピルバーグ 原作:ジョージ・ジョナス『標的(ターゲット)は11人―モサド暗殺チー
「ミュンヘン」 (the borderland )
バラエティに飛んだ作品を送り出し続けるスティーヴン・スピルバーグの懐の深さを感じました。それでも、子供は殺さないことや、家族の物語であることを考えればテーマは違っても監督の映画に対する姿勢が変わらないことがわかりますね。 ユダヤ人監督によるイ ...
ミュンヘン (ルナのシネマ缶)
スピルバーグ監督が、 1972年のミュンヘン・オリンピックで おこったパレスチナ・ゲリラによる イスラエル選手殺害事件と その後のイスラエル暗殺者たちによる 報復の過程をリアルに描いた作品です。 重いです!!実話なだけに、観終ったあとにも心が重く ...
ミュンヘン・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
久々に本気のスピルバーグは、やはり凄い。 暗殺者になる使命を受け入れる事で、永遠の重荷を背負ってしまった一人の男の長く悲しい心の旅を描く、ある種のロードムービー。 「ミュンヘン」は、20世紀の現実世界を舞台に
「報復」に同調出来ない◆『ミュンヘン』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
2月18日(土)TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて 1972年9月5日、開催中だったミュンヘン・オリンピックで、パレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー 黒い九月"によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。11人のアスリートが殺された。深い哀しみの中、政府 ...
ミュンヘン(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マチュー・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ 【公開日】2006/2.4 【製作】アメリカ
★「ミュンヘン」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。
ミュンヘン (Cinemermaid)
"ミュンヘン五輪虐殺事件"が起きた1972年当時、8歳だったのでテレビを観た記憶はないのだが内容は漠然と知っている きっかけはPFLPのバックアップを受けていた日本赤軍が起こした"ロッド空港乱射事件" オリンピック選手村に立て篭もったパ ...
『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。イスラエルの機密情報機関(モサド) ...
ミュンヘン (cinema capsule)
ミュンヘンオリンピックで実際に起こったテロ事件。 史実を元に描かれる報復と精神のバランスを崩していく 男の姿を描く。 ★「ミュンヘン」 2005年アメリカ 164分 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    ...
ミュンヘン (PICO*THEATRE)
わたしは正しいのか? お薦め度:.★★★★.  私にとってシンプルすぎる点があり、難し過ぎる点もあり。私にとってシンプルだと感じた点は、この作品がごく普通の男性の愛国心と家族愛を天秤にかけた葛藤だという点で
ミュンヘン (とんとん亭)
「ミュンヘン」 2006年 米 ★★★★ 1972年西ドイツのミュンヘン・オリンピックで、テロリスト“黒い9月” のメンバーがイスラエルの選手団11人を人質にイスラエル政府に収監されている パレスチナ人234名の解放を要求するたてこもり事件 ...
ミュンヘン (M's daily life)
「ミュンヘン」   原題 : MUNICH (2005年、米、163分) 監督 : スティーブン・スピルバーグ 出演 : エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、マチュー・カソビッツ 平和の祭典であるオリンピッ
憎しみの渦 (藻、たくさんの日々。)
タイトルの表現が適切かわかりませんが… 昨日観た映画をレビューしてみましょう。 まず、「ミュンヘン」から。 黒い九月への報復作戦のメンバーに選ばれた主人公。 初めはためらいつつ、殺人を実行していきます。 ついには、自分もターゲットにされ ...
ミュンヘン…実はよく分かりませんでした (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日{/kaeru_rain/}土曜日(もう昨日か)も会社に行ってきました。 半ば自主的に…{/face_ase1/} 職場の模様替え(パソコン{/pc2/}を並び替え)したのですが、 職場とはいえ、模様替えすると、なにやら楽しげになります。 私の職種は“色”を見る仕事なので、模様 ...
ミュンヘン (シネマ通知表)
2005年製作のアメリカ映画。 全米週間最高6位、興行成績$47,403,685。 スピルバーグ監督が、ミュンヘンオリンピック開催中に起こった、パレスチナゲリラによる11人のイスラエル選手団襲撃事件と政府の報復を描いた問題作。暗殺チームのリーダーに任命されたアヴナーは、...
ミュンヘン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『わたしは正しいのか?』  今日は2/4公開のコチラの映画を観てきました。1972年9月5日にパレスチナの武装テロ集団”ブラック・セプテンバー(黒い9月)”によるミュンヘンオリンピック事件に端を発した事実を基に描いた映画です。  コチラの事件は、全米に中継さ...