ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラゴン・タトゥーの女

2012-05-26 | 映画 た行
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

『ミレニアム』三部作の第一部のハリウッド・リメイク版で御座います。
いや~、ぶっちゃけ『ミレニアム』シリーズは未見だったりしたのですが、評判の良さは耳に入っていたので、かな~~り楽しみに観させて頂きました。
で、まぁ、率直に言わせてもうらうと・・・

うん、面白かったです。

流石に世界的なベストセラーですよね。
小さいことから大きいことまで、ひじょーにバランス良く散りばめられていて、長尺にも関らずまぁ~ったく飽きることなく、むしろ、話がどー進んでいくのか終始ドッキドキでした。
メインからサブまで多数出てくるキャラの個性やら性格やらバックボーン的なこともきっちり描ききれてるので、より深くお話の中に入れたよーな気も。
”原作”力なのか、”フィンチャー”力なのかは分かりませんけど、ほんと、上手く作りこんでたなぁ~と。
冗長にも散漫にもなってないのは流石でした。

主演はダニエル・クレイグ。
基本的には何をやっても、それこそボンドをやっても、クレイグはいつもクレイグだなぁ~とか思っているのですが・・・
まぁ、今回もクレイグでした。
が、役にハマっていればそれでもOKですし、今回もかっつりハマっていたので良かったと思います。
共演はルーニー・マーラにクリストファー・プラマーにロビン・ライト。
ペンが取れてもロビン・ライトは美人でした。(ん?)

てわけで、何か久々に面白いサスペンス観たなぁ~と思えたこの作品。
オリジナルは更に評判が良いのでちと観てみようかと思ってます。


ドラゴン・タトゥーの女@ぴあ映画生活

コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 第73回 優駿牝馬(オークス) | トップ | 第79回 東京優駿(日本ダー... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おじゃまします。 (ピロEK)
2013-07-28 00:37:00
おじゃまします。
面白かったですねコレ。原作は更に面白いというような情報も入っているので早速読む予定です。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願い致します。
いらっしゃいまし♪ (Aki.)
2013-07-28 18:50:24
こんばんは~♪コメント有難う御座います♪
面白かったですよね~^^
でもって、原作もオリジナル版も更に面白いらしいんですよね~!
ワタクシも興味深々で御座います(^^ゞ
ま、いずれ手をだそーかとw

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 た行」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

デヴィッド・フィンチャー監督 「ドラゴン・タトゥーの女」 (追記、お詫びあり) (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
劇場で↓の予告を初めて観たとき… 【映画『ドラゴン・タトゥーの女』オンライン特報】 何この強烈なインパクト? いやぁ~、もう絶対観たい! そう思って、公開前には原作本も読みました。 (原作本のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/892821d...
ドラゴン・タトゥーの女 (本と映画、ときどき日常)
監督 デビット・フィンチャー 出演 ダニエル・クレイグ     ルーニー・マーラ     クリストファー・プラマー 40年前に起こった少女失踪事件の真相追究を依頼されたジャーナリストのお話。 2時間40分、犯人探しと謎解きの面白さを十分に楽しむことがで....
「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々 (はらやんの映画徒然草)
スウェーデンの映画「ミレニアム」(こちらは未見。原作も未読)を鬼才でデヴィッド・
【映画】ドラゴン・タトゥーの女…ヤッツケ映画観賞記録(1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
最近読んでいる本は十二国記、十二年ぶりの新刊「丕緒の鳥」、十二国記だから十二年ぶりなんだろうか 久しぶりに読むこのシリーズですが、面白いです。もうすぐ出るという長編新作も楽しみです(といってもヤッパリ何年か待つのでしょうか)。戴の王様にケリが付く話なん...