ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トリスタンとイゾルデ

2007-05-22 | 映画 た行
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

シェークスピアの『ロミオとジュリエット』の元になったお話だそーです。
もちろんワタクシ、知りませんでした。
しかも、予告編などを観ても正直あまり惹かれるものはなかったんですよね~。
ま、それでもいちおー機会を得たので観たのですが・・・

中々面白かったですよ。

何か、もっと重厚で歴史的背景も理解してないとイマイチ分からないよーなタイプ
の作品かなぁ~なんて思ってたのですが、そんな事全然なくて舞台設定上中世
ってだけで、基本は純愛ストーリーど真ん中って感じで凄く分かり易い映画だった
のもワタクシ的には○でした。
もちろん中世っていう舞台も、この作品が持つ御伽話的な雰囲気には必須かつ
効果的な設定で、しかもワタクシの好みだったりもするんですけどね。

主演はジェームズ・フランコです。
『スパイダーマン』シリーズや『アナポリス 青春の誓い』などで見てますが、多分
結構演じられる人なんじゃないかと・・・
タイプの違う役でもちゃんとハマってると思いますし、今回も中々良かったと思い
ますよ。
共演にはソフィア・マイルズですね。
『サンダーバード』でレディ・ペネロープを演じてたよーですが既に記憶が・・・
今回は中々素敵なお姫様っぷりだったんじゃないでしょうかねぇ。
てか、ワタクシ”姫”ってだけでテンション3割増しなので正しい判断が・・・

で、概ね面白かったこの作品なのですが、途中でちょっとワタクシの考え方とは
大きく異なると言うかズレてたところがあって、そこからどちらにも感情移入が
出来なかったり・・・
まぁ、そんな風に思うのもこの作品に入れてたからこそなのでしょう。
ご都合主義じゃないラストもマズマズ感動出来たし、地味ながらも良い映画だった
なぁ~と思います。


トリスタンとイゾルデ@映画生活

コメント (8)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 第68回 オークス | トップ | 亀田興毅 大阪凱旋試合 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おじゃまします (ピロEK)
2007-06-18 23:22:16
おじゃまします。
「トリスタンとイゾルデ」という言葉で、ミネルバの主砲を(ムリヤリ)思い出したピロEKです。
私は中世のヨーロッパが舞台の映画っていうのは盲目的に好きなので、期待して鑑賞(…そう思ってみてもやはり中にはハズレもあったりするんだけど)。
期待通りな作品でした。アナ・コッポラちゃんの故郷の映像は美しくなかなかに魅せられました。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
いらっしゃいまし♪ (Aki.)
2007-06-19 05:42:55
こんばんは~♪
て、ミネルバの主砲と副砲でしたっけ?
マニアックですね~w(しかも無理矢理ってw)
うんうん、ピロEKさまは本当に中世好きみたいですね!
ワタクシも嫌いじゃないですけど、そこまで無条件では・・・って、それなりに条件もありますよねぇ(^^ゞ
この作品はワタクシ的にも十分当たりでした!
アナちゃんの故郷は本当に綺麗でしたしw
てか、コーンウォールから即座にアナちゃんが思い浮かぶピロEKさまは本当に素敵です♪

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
Unknown (M)
2007-07-22 17:23:59
akiさん、こんにちは。

最近、akiさんの評を読むときに女優に対してどういう点数をつけているのかというのが一番に気になるようになってしまいました(笑)
姫は3割増しですかぁ~?
同性的視線で見て(笑)ちょっとイマイチでした。もうちょっと完璧な美女が良かったな・・・などと。
ジェームズ・フランコとマーク王役のルーファス・シーウェルは良かっただけにちょっと残念にも感じました。
でも、ご都合主義ではないラストには心から拍手です!
コメント有難う御座います♪ (Aki.)
2007-07-23 04:59:31
Mさま、こんばんは~♪
あはははっw
そんなとこを注目しちゃってますかwww
思いっきり好みだけで判断しているので小恥ずかしいですよ(^^ゞ
むふ♪そーなんです、姫ってだけでドキドキ・ワクワクしてしまうので3割増しなんです(yωy*)ポッ
あらら?
Mさまはソフィア・マイルズ、イマイチでしたかぁ^^
確かに、ちょっと田舎っぽいケイト・ハドソンって感じで(意味不明)美人度は多少低かったかもしれませんね^^;
てか、完璧な美女ニコールが姫やったらワタクシ失神するかとw
あのラストだからこの作品が良かったと思えるってのもありますよね~^^

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
こんばんは (kira)
2007-08-11 01:43:41
初めから悲恋モノと分かっていても、
ラストは悲しいですよね。。

Akiさんは姫好きですか?
私もデスいえ、王子好きでもあります(笑)
冒頭の小さいトリスタンからもう惹きこまれて
飽きずに一気に楽しめました。
男のドラマとしても見応えはありました!
こんばんは~♪ (Aki.)
2007-08-11 04:25:23
コメント有難う御座います♪

うんうん、分かってるのにやっぱりグッと来ちゃうんですよね~!
悲しかったですけど、良いラストでした(^^ゞ
っと、ワタクシ間違いなく姫好き、姫フェチで御座いますw
て、kiraさまは王子好きでしたかぁ^^
あ~、お気持ち分かりますって言うか、全く以って同じですね!
王子(ワタクシの場合は姫)が出てるだけで何でも楽しめてしまうんですよね~w
女のドラマとしても見応えありましたよ♪

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
悲恋モノ (miyu)
2007-12-10 06:17:08
の原点って事ですものねぇ~。
原点だけあってシンプルでしたけど、
おっしゃるようにまずまず感動できましたね。
Aki.さんが姫ってだけで、3割増しなように
あたしもあの中世のコスプレってだけで
3割り増しなものですから(´▽`*)アハハ
コメント有難う御座います♪ (Aki.)
2007-12-12 03:43:24
こんばんは~♪
うんうん、シンプルはシンプルでしたけど、決して浅いわけではなくてちゃんと感動出来るお話でしたよね!
それでいて不必要に小難しいわけでもないところが実にワタクシ好みでした(^^ゞ
っと、miyuさまは中世コスで3割増しですかw
きっとお互いこの映画を観ながら人知れずニヤニヤしてたんでしょうねw

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 た行」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

映画「トリスタンとイゾルデ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Tristan + Isolde 愛>生>死、すなわち、愛をもって尊しと成す、トリスタン+イゾルデ≠愛に生きる、すなわち、忠義と人情が愛欲に勝る。義理との狭間でゆれる愛の物語・・ ローマ帝国の衰退と共に群雄割拠の時代を迎えたイングランド、海を隔てて敵対す...
トリスタンとイゾルデ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「愛は死よりも切なく、そして尊い」 イングランドの若き騎士トリスタンと、敵対するアイルランド王の娘イゾルデ。ケルトの伝説として1500年前に誕生した、二人の“禁じられた愛”の物語は、ヨーロッパの人々を魅了し続けてきたラブストーリーの原点。あなたは知って...
トリスタンとイゾルデ…の記事&オタク部屋を片付ける決意? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
部屋を片付けないといけません 数日前、息子の学校の家庭訪問が実施され、廊下の端に置かれていた私のオモチャ(ガンプラ・フィギュア)が嫁の手により撤去され私の部屋に 今、かなり部屋がいや~んなオタク部屋な様相を呈しております 週末体の不調を訴えた私ですが、一...
トリスタンとイゾルデ (M's daily life)
「トリスタンとイゾルデ」 原題 :TRISTAN+ISOLDE  (2006年 米・独・チェコ・英 126分) 監督 :ケビン・レイノルズ 出演 :ジェイムズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル 鑑賞
「トリスタンとイゾルデ」 愛とは満たされる気持ちと不安な気持ち  (はらやんの映画徒然草)
トリスタン伝説はもともとはアーサー王伝説にも取り込まれたケルト民話の一つです。
トリスタンとイゾルデ (to Heart)
ワーグナーの傑作オペラやシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の基にもなった悲恋の物語を映画化 製作年度 2006年 監督 ケヴィン・レイノルズ 出演 ジェームズ・フランコ/ソフィア・マイルズ/ルーファス・シーウェル/デヴィッド・パトリック・オハラ/ヘンリ...
トリスタンとイゾルデ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は死より切なく、そして尊い。』  コチラの「トリスタンとイゾルデ」は、10/21公開になったシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の原典になったイングランドの騎士トリスタンとアイルランド王女イゾルデの伝説を描いた映画なんですが、早速観てきちゃいま...