ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オープン・ウォーター

2006-01-18 | 映画 あ行
2.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)

観終わった後、二度と海には入らないと誓ったのはスピルバーグ監督の
出世作『ジョーズ』だった。
その後、『ジョーズ』自体続編が何度も作られ、他にも数々の亜流作品が
作られたがスピルバーグ版を超える事はなかった。

今作は本物の鮫の群れ(?)が居る海に実際に入って撮影した事で
話題になったのだけど・・・

だから何?

観終わった後の率直な感想です。
実話が元になっていてドキュメンタリー風な作りになっているのだけど、
所詮は事故の再現フィルム程度にしか・・・
取って付けた程度のストーリーで始まり、後は延々とプカプカしてるだけ。
鮫だって大して出てこない。
「ヤバイっ!」って思うよーな場面も殆どない。(ま、状況自体が十分に
ヤバイんだけど・・・)
これなら作り物の鮫でバックリいかれるシーンがあった方がよっぽど怖いです。

ま、鮫を題材にした”パニック・ホラー”じゃなくて、海難事故を題材にした
”ドラマ”って事なんだろーけどね。

ただ、その割には心理描写が素晴らしいわけでもないし、「鬼気迫るよーな
状況を巧みに演出出来ている」とも思えませんでした。
何か・・・
作り手だけが「わおっ!俺たちって凄いぜ!本物の鮫の中で撮影してるぜ!」
と満足してるだけにしか・・・
例えば、カメラ・ワーク。
リアルな映像で主役二人が感じている恐怖を観る側と共感させよーとしてる
割に平気でカメラに水滴が付いてたりするしね。
「あぁ・・・カメラのこっち側にはスタッフが居るんだよなぁ~。」
と一気に萎えてしまいました。

例え作り物でもある程度のリアリティを持たせれば十分に面白いものが
出来るし、リアルだからと言って面白くなるとは限らない・・・
そんな事を痛感させられました。


オープン・ウォーター@映画生活

コメント (12)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« 理想の恋人.com | トップ | トリプルX ネクスト・レベル »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-01-18 08:35:55
こんにちは♪

>だから何?

爆笑してしまいました~。

ホントそのとおりですね~。

でも海嫌いの私には充分怖かったです。

B級映画としてはまあまあなのでは?

ラストがあっさりしているのと、エンドロールが超短いのが印象に残っています。
こちらこそ! (Aki.)
2006-01-18 18:06:03
コメント有難う御座います♪

思っていたよりも全然鮫による恐怖が少なかったのと、結局のところ何を表現したかったのかが分からず、真っ先にそんな感想が浮かんでしまいました。

ワタクシ、海の側に住んでいるにも関らず十数年海に入ってないくらいに海が嫌い(怖い)のですが、”遭難”そのものの怖さだけ・・・多少伝わりました^^;



>ラストがあっさりしているのと、エンドロールが超短いのが印象に残っています。



そーなんですよね。

それで余計に「それだけかいっ!?」ってツッコまずにいられませんでした^^



ではでは、いつもコメント有難う御座います。

これからもよろしくお願いしますm(__)m
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-01-19 00:37:01
あたしはもう、決定的に

海が恐ろしくなりました。
こんばんは♪ (Aki.)
2006-01-19 01:18:48
お久しぶりです♪

ワタクシも海は怖いです。

足が届かないし、何がいるか分からないし(^^ゞ

ただ、あまり伝わらなかった・・・



ではでは、コメント有難う御座いました。

これからもよろしくお願いしますm(__)m
こんにちは (azum)
2006-01-24 19:05:14
TBさせていただきました。

Aki.さんのご意見はとっても客観的でいらっしゃいますね~。

私なんてかなり小心者なので、ビビリまくりでした(^-^;

観るんじゃなかった~・・・
こんばんは! (Aki.)
2006-01-25 02:40:02
TB&コメント有難う御座います♪



普段は違うんですよ。

映画館でも入り過ぎてリアクション大き過ぎる時があるし・・・

何故かこの作品には入れなかったのです。:゜(。ノω\。)゜・。

それにこの作品自体、客観的な視線(カメラワーク)で作られてませんか?

殆どが第三者的な視線からの映像だったと思うのですが・・・

と言いつつもですね、やっぱり映画は楽しめた人の勝ちだと思うのです。

観るんじゃなかったと思うくらいにこの映画に入れたazumさまは勝ち組ですよ^^



ではでは、これからもよろしくお願いしますm(__)m
Unknown (かんすけ@シアフレ.blog)
2006-01-30 21:27:39
コメントありがとうございました。

ジョーズみたいなのを期待してたので、ガッカリでした(--;

ずっと海に浮いてる映像なのも辛いものがありましたね・・・
こちらこそ! (Aki.)
2006-01-31 03:44:14
わざわざの訪問&コメント有難う御座います♪



ワタクシもリアルなパニック・ムービーを期待していたのでかなりガッカリしました。:゜(。ノω\。)゜・。

延々とプカプカされても・・・辛かったですよね~。



ではでは、これからもよろしくお願いしますm(__)m
TB、ありがとうございます。 (Johannes(ヨハネ))
2006-02-12 01:50:57
『NOTHINGナッシング』の方が、つまらないとは驚きでした。最低なのかな?



又、よろしくお願いします。
こちらこそ! (Aki.)
2006-02-12 02:55:11
コメント有難う御座います♪



『NOTHING』はワタクシ的には本当にナッシングな作品で・・・

こっちの方がまだ”遭難”に対する恐怖はそれなりに描写されていてマシでした。



ではでは、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 あ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

24 トラックバック

DVD「オープン・ウォーター」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
休暇を取ってカリブ海に来た夫婦。ダイビングをするのだけれども、ガイドのちょっとしたミスで海に取り残されてしまう。。。 怖ぇぇぇぇ~~!下手なホラー映画よりも全然怖かったぁ。。。私は、泳げないのでとにかく水ものは怖い。あんな状況になったら、私だったらも...
アイデアは買うが・・・ 「オープン・ウォーター」 (平気の平左)
評価:40点 オープン・ウォーター 単純なミスで、沖に取り残された2人のダイバーの話。 実話をもとにしたらしい。 アイデアは面白いと思ったので、観にいったのですが、あんまり相性がよくないのか、全く楽しめませんでした。 サメのいるような沖に取り残された恐
オープン・ウォーター (ネタバレ映画館)
 人数のかぞえ間違い、マスクを忘れたおとぼけおじさん、時間間違い、いくつも原因が重なったため悲劇が起こる。  本来なら起こり得ない事故も、悪条件が輻輳すると意外な結末を引き起こす。こうした設定によって、海、ダイビングは恐ろしいものだと訴えているわけではな
オープン・ウォーター OPEN WATER (2003) 79分 (極私的映画論+α)
 いつも仕事に追われてばかりの夫婦、スーザンとダニエルはようやく休暇をとりカリブ海沖へバカンスへ。はるか沖合のポイントまでボートで向かうダイビング・ツアーに参加する。ツアーは他にも多数のダイバーが参加し盛況だった。2人はそうしたグループには混じらず、2人
映画「オープン・ウォーター」 (ミチの雑記帳)
映画「オープン・ウォーター」 ★★★☆ ストーリー:スキューバダイビングを楽しんでいた夫婦(ランチャード・ライアン、ダニエル・トラヴィス)が海面に上がってみるとボートが彼らを置き去りにして岸に戻っていた。しかもそこに無数のサメが現れ……。彼らは助かるのか
オープンウォーター (まったりでいこう~)
海は大好きなのですが、これを観るとちょっと海に対する見方がかわりますね。 事故が起きてから後、ずっとずっと海の中で漂っているため観てるこっちが酔いそうでした。しかし、ほんと怖いですよね。だだっ広い海の中に取り残されて一日?海の中にいるんだもの。かなり体力は
オープン・ウォーター (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
サンダンス映画祭で放映され注目された  制作費たったの 13 万ドル映画 どうもこの夏ロードショーされるらしい  リアリティ番組をそのまま映画にしたような スキューバーダイブのツアーに参加した二人が  ささいな事から 二人だけ海の中においていかれ サメに襲われ
「オープン・ウォーター」 (てんびんthe LIFE)
「オープン・ウォーター」 九段会館で鑑賞 作品が作品なので誰も誘うことなく一人で見に行きました。以前、予告を見て連れが「こういうのって絶対見たくない!」って言ったのでほかの人もきっと毛嫌いするんだろうなあ、と思ったのでした。でも、鮫の映画=「ジョーズ」
オープン・ウォーター (lip)
で、結局何が言いたいんでしょうか? 主人公の二人がどうして公海上に取り残されてしまったのか…以上終了っておいおい。思いっきり期待はずれというかなんというか…えぇっと、ちゃんと映画、つまりエンターテイメントとして成り立ってますかい。パニックものというには驚
『オープン・ウォーター』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『オープン・ウォーター』、観ました。 スーザンとダニエルは、ようやく取れた休暇を利
オープン・ウォーター (まつさんの映画伝道師)
第138回 ★★★☆(劇場)  絶望。  絶望って一体どんな時を言うのだろう?人生思い返せば「絶望の淵」に立っていたことはあっても、「絶望」にどっぷり浸っている状態というのは経験がない。  いや、なくていいと思う。そんな必要はない。この映画を見れ.
オープンウォーター (我想一個人映画美的女人blog)
今回は多少ネタばれ・・・ 「オープンウォーター」=開放水域の意。 インディペンデント映画の最高峰として最近注目の、サンダンス映画際で評判高& 全てCGを使わずに俳優たちが本物のサメが動めく中での撮影、加えて(最近多いけど)実話。というPRにひかれて観てきた。
★「オープン・ウォーター」 (ひらりん的映画ブログ)
休みの日を利用して話題作!!以外の映画鑑賞3レンチャンに挑みました。 その一作目。 「この夏、海には行けなくなります」・・なーんてキャッチ・コピーの予告だったもの。 2003年製作のサメものサスペンス、79分もの。 あらすじ 仕事で忙しかったダニエルとスーザン
オープン・ウォーター 今年の233本目 (猫姫じゃ)
オープン・ウォーター こ、こわい、、、 だからあたしは、海は嫌いなの。ダイビングする人の気持ち、わからないでもないんだケド、あたしは海が怖い、、、ぁ、泳げるし、潜れますyo、、、魚なんか、ほんの小さなのはいいんだケド、ある程度大きくなると、怖い。この映画で.
オープン・ウォーター (Room with a Story)
オープン・ウォーターブランチャード・ライアン クリス・ケンティス ダニエル・トラヴィス ポニーキャニオン 2005-11-16by G-Tools 【あらすじ】 いつも仕事に追われてばかりの夫婦、スーザ
「生か死か」の極限状態で真実の愛を発見するカップル (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「オープン・ウォーター」 長く一緒にいると、お互いのことが逆に見えなくなってくるもの。相手の行動が一から十まで気にくわなくなってきたり、ささいなことで喧嘩したり
オープン・ウォーター (シアフレ.blog)
実話に基づいた実にシンプルなストーリーと、デジタル・ビデオによる実録風の画面は、ドキュメンタリーのような効果を上げています。 一番の見所は何と言っても、天然の鮫をおびき寄せ撮影を行ったというリアルな映像です。 特殊効果やCGなどを一切使わず、主演俳優たちが
オープン・ウォーター (恐怖って?) (goo goo g'joobな散文日記)
http://www.openwater-movie.jp/ 今日観た、DVDだ。監督はクリス・ケンティス、出演:ブランチャード・ライアン、ダニエル・トラヴィス、ソウル・スタイン。?低予算で約1500万、79分という短い作品。あまりの低予算でCGその他は、当然使えなくて、本当の鮫を実写で撮
オープン・ウォーター (いつか深夜特急に乗って)
「オープン・ウォーター」★★★★(DVD) 2003年アメリ
「オープン・ウォーター」@九段会館 (ワンダーあーちゃん(*´∇`*))
パニック映画になるのかホラー映画になるか。それが問題だ・・・って思ったのはあーちゃんだけですか?あーちゃんの中での結論はホラー映画かなぁ・・・?! {/kaeru_cry/}勝又さんに誘ってもらって見た映画は「オープン・ウォーター」 2004年度のサンダンス映画祭から話題
映画『オープン・ウォーター』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Open Water 事実に基づくドキュメンタリー風の作品なのに、静かに進む物語なのに、思いっきり見事なアンダーヘアーを惜しげもなくみせて、すばらしい・・・ スーザン(ブランチャード・ライアン)とダニエル(ダニエル・トラヴィス)の夫婦はどちらも ...
オープン・ウォーター (Not Diary But Blog !!)
見ました。 自分がよく見る映画批評サイトで評価が高かったのでレンタルして見ました。 この映画、有名ですが1998年にオーストラリアのグレート・バリア・リーフ沖でローナーガン夫婦に起こった実話を基にした作品です。 スキューバダイビングを楽しんで ...
『オープン・ウォーター』 (NOW☆MAY☆room~まいのシネマノート)
【story】仕事熱心なダニエル(D.トラヴィス)とスーザン(B.ライアン)は、ようやくまとまった休暇を取り、カリブ海に向かった。だが、せっかくのバカンスにも関わらず、夫妻は仕事を忘れることができない。互いへの愛情が冷めたわけではなかったが、仕事に追われるう ...
オープン・ウォーター (Open Water) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリス・ケンティス 主演 ブランチャード・ライアン 2004年 アメリカ映画 79分 サスペンス 採点★★★★ 全く協調性がない上に、ちょっとでも気になれば「なんだい、これは?」と立ち止まって見てしまう好奇心のせいで瞬く間にハグレてしまう、著しく集団行動に向い...