ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第39回 エリザベス女王杯

2014-11-16 | 競馬
今年の牝馬の頂点に立ったのは運命の3女神の1人、ラキシス!

いや~、強烈でしたね。
道中は1番人気のヌーヴォレコルトを見る形で内々でレースを進め、4角でも完全にヌーヴォレコルトをターゲットにしてスパート。
かなり押して押してでイキっぷりが良くなかったので、馬群に沈むのかと思ったら、ギアが上がってからの伸びがハンパなかったですね。
最後は根性で前を捉えてクビ差勝利。
見事去年の雪辱を果たしました。

2着はヌーヴォレコルト。
経済コースで先行し、直線の手応えも抜群。
完全に勝ったかと思ったんですけどね~。
まぁ、今回は勝った馬が出来すぎたってことで、決して力負けではないですかね。
てか、秋G1、2戦続けて2着ですけど、常に勝ち負け出来るところにいることが、逆にこの馬の強さを物語ってるんじゃないかと。
まぁ、年内休んでもらって、来年は牝馬の主役になって欲しいですね。

3着はディアデラマドレ。
4角から豪快にまくって来ましたよね。
まぁ、33.1秒の上りで捉えきれないんじゃ、仕方ないというしかないでしょう。

2番人気、前年の覇者メイショウマンボは12着。
色々と理由付けはされてましたけど、それでもまぁ、秋2戦とも惨敗でしたからね~。
ぶっちゃけ、去年の状態ではなかったかと。

秋華賞馬ショウナンパンドラは6着。
まぁ、こーゆーレースになっちゃうと、この馬には厳しいですよね。

てわけで、新女王はラキシスとなってわけですが、実はこれで秋のG1ウィナーは5連続で重賞未勝利馬だったりするんですよね~。
こりゃ、今のトレンドってことで次も狙うべきなんじゃ・・・
とか言ってると、次は普通に重賞勝利経験ありの馬が勝つんですよね~。

コメント   この記事についてブログを書く
« ’14 F1ブラジルGP | トップ | グリフィン家のウェディング... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

競馬」カテゴリの最新記事