ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

friends もののけ島のナキ

2012-08-10 | 映画 は行
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

何か、し~ばらく3DCGアニメ観てないなぁ~と、ふと気付いて、積みDの中からチョイスしたのがこの作品。
『カーズ2』と迷ったんですけどね~。
迷った挙句、ピクサーを蹴って日本製3DCGアニメを選ぶなんて、我ながらチャレンジャー過ぎるかなぁ~と。
しかも、ぶっちゃけ、『泣いた赤おに』とか、どんなお話か覚えてないという・・・
ま、やらかす可能性も十分にあると思いつつ観させて頂きましたよ。
で、結果は・・・

うん、当たりでした。

取り敢えず、お話自体が十分に面白かったです。
でもって、キャラも中々立ってて良い感じでしたし、ベタなネタも上手く使えてましたかね。
まぁ、欲を言えば、全体的にもちっと軽妙さ、それでいて深みとかあっても良かったかなぁ~と。
一見相反するファクターですけど、バランスさえ上手く取れてれば、もっともっと良い感じに楽しめて感動出来たよーな気がするんですよね~。
ま、でも、いちおーその辺、及第点以上ではありましたし、十分に楽しめたのでOKといえばOKなんですけどね。

で、多少「むむむ・・・」だったのが、やっぱり映像面ですよね。
出来の良いところと悪いところで差がありすぎ。
もうチョイ回りと馴染ませて、綺麗に動かして欲しかったですかね~。
どーも、観てて微妙なところが目についてしまって・・・
まぁ、その辺はやっぱりお金のかかりかたが違うので単純にピクサーとかと比較しちゃダメだってのは十分分かってるんですけどね。
ただ、ハリウッドの3DCGの技術&表現力が高いのは事実ですし、それを観ているワタクシの目も多少なりとも肥えてしまっているので・・・
ま、激しく問題があったわけでもないし、頑張っていたとも思うので、取り敢えず映像的にも及第点はクリアですかね。

主演は香取真吾。
この役は結構やれてたと思います。
共演は山寺宏一に阿部サダヲにYOUに新堂結菜。
当然の如く山ちゃんがぶっちぎりに上手でした。
後はまぁ・・・

てわけで、思ってたよりも楽しめたこの作品。
どーしても思い出せないので、久~~~~~しぶりに原作、読み返したいと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« バトルシップ | トップ | ワイルド・スピード MEGA MAX »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 は行」カテゴリの最新記事