ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サブウェイ123 激突

2010-03-24 | 映画 さ行
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

多少のスランプはあったものの、次から次へと世の中的に評価される作品を作り出す兄とは対称的に、ハマった時とそーでない時のギャップがやたら激しい気がする弟、トニー・スコットの監督作品で御座います。
なので、『トップガン』『トゥルー・ロマンス』『クリムゾン・タイド』級が来るのか、『デイズ・オブ・サンダー』『ザ・ファン』『ドミノ』級でガッカリするのか、せめて『マイ・ボディガード』『デジャブ』程度には楽しませてもらえるのか、様々な思い&願いが入り混じりつつ観た(超大袈裟)わけですが・・・

うん、当たりでした。

最近やたら多用し過ぎてる彼お得意の”スタイリッシュな映像”も控え目、てか、むしろ場面転換時に有効に織り込んで、流れを上手く変えてましたし、飽きさせない工夫をしてる感じで良かったんじゃないかと。
で、彼お得意の”ウザい映像”(ん?)が控え目になってたお陰で緊張感も中々で、会話劇として結構良い出来になってと思うのですが・・・
後半、てか終盤?
普通のアクション・サスペンスに成り下がっちゃったのが・・・
う~ん、最後まで会話劇で押し切るのは難しかったんですかね~。
あの超無駄なクラッシュ・シーン辺りから歯車が狂っちゃったよーな・・・
う~ん、何か勿体無かったです。

主演はデンゼル・ワシントン。
いつも通り流石・・と言えば流石なんですけど・・・
多少いかにも過ぎて、どーかなぁ~と。
共演はジョン・トラボルタ。
ぶっちゃけ、昔からあまり好きな役者さんじゃなかったり・・・
何て言うんですかねぇ。
トラボルタって悪い意味で常にトラボルタなんですよね~。
ただ、今回は珍しく(暴言)役作りに成功してて、かなり良かったですよ。
いつもこれくらいやってくれれば(超上から目線)・・って、それは無理なんでしょうね、きっと。

てなわけで、様々な思い&願いを抱えつつ観たこの作品。
取り敢えず、『マイ・ボディガード』『デジャブ』程度、って、程度なんて言っちゃってますけど、十分楽しめましたので。
てか、何気に兄リドリーよりも弟トニーの方が楽しめてる作品多いよーな気すらしてきたのですが・・・
数えるのがちと怖いかもです・・・

コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« お買いもの中毒な私! | トップ | K-1 WORLD MAX2010~日本代表... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-04-11 18:07:39
TB有難うございました。
期待して観賞したのですが、
完全に寝てしまいました。
仕事の疲れなのか…それとも。
レンタル時にもう一度観賞してみる予定です。
周りの評価も若干低いような…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
コメント有難う御座います♪ (Aki.)
2010-04-12 03:05:19
こんばんは~♪
て、寝ちゃいましたかぁw
っと、ワタクシも最近、映画を観ていてウトウトすることも増えてきたり・・・(^^ゞ
ま、疲れてる時に会話劇ってのも結構しんどいですしねw
そんなにダメな作品でもないと思うので、レンタルでリベンジするのはアリだと思います^^

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
おじゃまします (ピロEK)
2010-10-09 03:47:16
おじゃまします。
冒頭の“スタイリッシュ映像”では少し心配しましたが、まぁ普通に面白かったです。
トニー・スコットへの不信感は随分薄れております。
あとは払拭すべきは、私がトラボルタを馬鹿にしてる部分かな。

>てか、何気に兄リドリーよりも弟トニーの方が楽しめてる作品多いよーな気すらしてきたのですが・・・

実は私もなんとなくそんな感じがしてきている今日この頃。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
いらっしゃいまし♪ (Aki.)
2010-10-09 22:42:10
こんばんは~♪
これ見よがしなことをしなければ中々の作品が撮れる監督なんですよね~^^;
今後は是非”脱スタイリッシュ”でいって欲しいです。
っと、トラボルタを馬鹿にしてるのはワタクシも、でもって多くのアメリカ国民も同じかとw
良くも悪くも、てか、悪い意味でいつもトラボルタでしからね~^^;
今後は是非”脱トラボルタ”で・・・w

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 さ行」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

サブウェイ123 激突 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『123号車、応答せよ─ 要求は何だ? この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。』  コチラの「サブウェイ123 激突」は、1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されているジョン・ゴーディのベストセラー小説「サブウェイ123」を再映画化した9/4公...
「サブウェイ123 激突」 (シネマ・ワンダーランド)
「トップ・ガン」や「マイ・ボディガード」「デジャヴ」などの作品で知られる英国出身の米アクション映画の鬼才、トニー・スコット監督がメガホンを執ったクライム・サスペンス「サブウェイ123激突」(2009年、米、105分、コロンビア映画配給)。この映画は、ジ...
「サブウェイ123 激突」プチレビュー (気ままな映画生活)
1974年の「サブウェイパニック」をリメイクした作品。 オリジナルは未観賞ですが、予告編で興味がわき 観賞してきました。
「サブウェイ123 激突」 ハズレのトニー・スコット作品 (はらやんの映画徒然草)
4度目のタッグとなるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコンビに、キレた
【映画】サブウェイ123 激突…トラボルティング微減 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}九州よりも東京の日没が早いのが違和感{/face_ase1/}{/eq_1/}だったピロEKです。 今週は夜勤週。お仕事は多めです{/ase/} 毎年この時期は少し忙しいらしく{/eq_1/}、去年のこの頃からコメントへの返事が停滞{/face_hekomu/}{/down/}…未だに書けてい無い...
映画『サブウェイ123激突』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-51.サブウェイ123■原題:TheTakingOfPelham123■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:105分■字幕:寺尾次郎■鑑賞日:9月9日、渋東シネタワー(渋谷)スタッフ・キャ...
サブウェイ123 激突 (mama)
THE TAKING OF PELHAM 123 2009年:アメリカ 原作:ジョン・ゴーディ 監督:トニー・スコット 出演:ジョン・トラボルタ、デンゼル・ワシントン、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン ...
サブウェイ123 激突 (mama)
THE TAKING OF PELHAM 123 2009年:アメリカ 原作:ジョン・ゴーディ 監督:トニー・スコット 出演:ジョン・トラボルタ、デンゼル・ワシントン、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン ...