ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時をかける少女

2007-03-23 | 映画 た行
7.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

細田守×貞本義行×山本二三
この組み合わせを見て「熱っ!!」と思える人は間違いなくディープな人ですね。
宮崎駿の後継者として『ハウルの動く城』の監督になるはずだった(実際、ほぼ完成間近まで監督してたけど・・・)細田守。
『新世紀エヴァンゲリオン』や『ふしぎな海のナディア』などのキャラデザで名を馳せた貞本義行。
『未来少年コナン』以降、数々の宮崎駿作品で美術監督や背景を努めた山本二三。
一般的な知名度は低いかもしれないけど、知る人ぞ知る錚々たるメンツなわけですよ。
なんて、早速熱く語ってしまってますが、これではワタクシがディープだと・・・
ま、そんなわけでかなり楽しみに観させて頂きました。

う~ん、面白かったですよぉ、かなり!

原作が凄く有名で多くの人に読まれてる上に、既に実写で映画化されこれまたヒットしていたので、この作品をアニメでどー作るのか、ひじょ~に興味があったんですけど、いやはや流石は若手No.1と言われる細田守ですね。
ちゃんとアニメと弁えて作ってるところが、潔いし上手くいってたと思いますよ。
単純にまんまで作っても意味ないし、それこそ原作や実写との比較はアニメにとってハンデ以外の何者でもないですから。
多分、細田監督もそーゆー事は分かっていたので、敢えて舞台を変え、更にこーゆーアニメならではの表現や描写を全面に出したんでしょうね。
はっきり言って、大正解だったかと。
メリハリの効いた演出もお見事で、画面内の空気がそのまま観てる側にも伝わってくるよーな感じがしました。

で、それを支えてたのが、かなり高いレベルだった背景画ですよね。
お金も時間も間違いなくジブリほどかかっていないけど、少なくとも『ハウルの動く城』や『ゲド戦記』には負けてなかったですよ。
キャラデザも、実は人物の描き分けが苦手な貞本義行にしてはかなり頑張って一人一人違う個性を持ったキャラクターになってたんじゃないですかねぇ。
髪型や服が違うだけってのが当たり前の、アニメ&漫画の世界では結構しっかりと描き分けてたと思います。
ただ・・・
ちょ~っと作画がヨレてたところがあったのは残念でした。
ま、完成がギリギリだったみたいだし、宮崎駿監督のよーに公開をズラす事も出来ないから、動画チームはかなり大変だったでしょうけどね。
まぁそれでも、話自体が面白くて惹き込まれたのでそれ程気にはなりませんでした。

キャストは・・・
ワタクシの見覚えのない名前ばかり(原沙知絵がギリギリ・・・)だったので、恐らく声優が本業の方々ではないんでしょうね。
てか、日本人なら俳優よりも声優の方が多く知ってるワタクシって・・・
ま、最近の悪しき慣習と化した「露骨な有名タレント起用」をしてなかっただけでも良しとしましょう。
違和感も然程なかったですしね。

てわけで、かなり楽しめたこの作品。
細田監督の才能(彼だけじゃないけど。)を改めて思い知らされると共に、細田版の『ハウルの動く城』が観れなかったことが心底残念に思えました。

にしても、アニメの事を語るとついつい長く・・・
今年のテーマは「長文は書かない。出来る限り500文字以内に纏める。」だったのに・・・
気が付けば、いつにも増して長文・乱文・・・
これでもかなり抑えて書いたつもりなのになぁ・・・
まぁ、今更言っても遅いかもしれないけど、ワタクシ決してディープな人間ではないので誤解のないよーに。


時をかける少女@映画生活

コメント (20)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 7セカンズ | トップ | 亀田興毅vs.エベラルド・モラ... »

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年の劇場初めでした (ロハン)
2007-03-24 05:54:14
今年の映画初めにこの作品が鑑賞できたので、
非常に満足できて帰路に着いたのをよく覚えてます。

これきっかけで細田監督の劇場版デジモンも観たんですが、なるほどよくできていて。才能感じました。
TBありがとうございました (ミチ)
2007-03-24 08:43:51
こんにちは♪
このレビューを読ませていただいて、「ディープな人間ではない」って言われてもぉ・・・・(笑)
昨夏は「ゲド戦記」と「時かけ」の一騎打ちって感じでしたが、私は「ゲド戦記」には萎えてしまいました。
「時かけ」は以前の映画との繋がりもあって楽しめるし、キャラの描き分けとかアニメの特性を生かした表現とかも良かったし、青春の甘酸っぱさもかんじさせて本当に素晴らしい出来だと思いました~。
こんにちわ♪ (やちこ)
2007-03-24 16:34:45
いつもTB&コメントありがとうございます。

ワタシはこの映画にはそれほどのめり込めなかったのですが、主人公の女の子が逆両手に花だったので、羨ましかったのを覚えています
うーむ (もじゃ)
2007-03-26 00:29:05
こんにちは。TBありがとうございます。
『ゲド戦記』が公開していた同じ時期に公開していたんですよねぇ。ネームバリューだけで観客入るんだもんなぁ。
ホントに面白い作品、本作みたいなの、もっと一般の人に観てもらいたいなぁ。
皆様へ♪ (Aki.)
2007-03-26 04:13:34
コメント有難う御座います♪

>ロハンさま
こんばんは~♪
年明け一発目にこーゆー良質な作品が観れるとラッキー&気分良いですね!
しかも劇場版デジモンまで追いかけちゃいましたか^^
ワタクシは未見なのですが、出来良さそーですね!
東映時代の細田監督は「彼が出した企画は全て通る」と言われたくらいに才能買われてたみたいですよ^^

>ミチさま
こんばんは~♪
あっ、やっぱり誤解されてしまいましたかぁw
もうですねぇ、全然誤解なんですよw
「どこが?」と言われても答えられませんが、とにかく誤解なんですw
知名度では圧倒的に『ゲド戦記』(ワタクシも萎え)でしたけど、完成度は『時かけ』の完勝ですよね!
設定もキャラクターもストーリーも全てが高いレベルで楽しめる作品でした^^
青春の甘酸っぱさ、伝わりました(^^ゞ

>やちこさま
こんばんは~♪
こちらこそ、いつもお世話になってます^^
あらら?
やちこさまはイマイチ入れなかったですかぁ^^
て、逆両手に花が羨ましいってw
映画観ててそんな事思うなんてワタクシぐらいかと思ってました(^^ゞ
ちょっと親近感を・・・w

>もじゃさま
こんばんは~♪
やっぱりジブリor宮崎ブランドって強力なんですよね^^;
宣伝もバンバンやってましたしね~。
ただ、中身は・・・
こーゆー良質な作品はもっとプッシュして欲しいですよねぇ^^;
ただ、この作品で一部のアニメ好きしか知らなかった細田監督や貞本・山本両氏の名前が普通の映画好きの人に多少なりとも認知されたと思うのでその点では良かったと思います(^^ゞ

皆様、コメント有難う御座いました♪
これからも当ブログをよろしくお願いしますm(__)m
こんにちは (ももも)
2007-04-27 11:32:43
コメント失礼します。

地方では未公開だったため、やっとレンタルで観ることが出来ました!いやー実に面白かったです。

スピード感と内容が実にマッチしていました。
真琴ちゃん、かわいい^^
こんばんは~♪ (Aki.)
2007-04-28 02:56:24
コメント有難う御座います♪

観られましたかぁ!
面白いですよね~!
これだけ良質な作品なんだから角川ももっと頑張ってプッシュすれば良かったんですけどねぇ^^;
演出のテンポの良さがこの作品の雰囲気にジャストフィットでしたよね!
ほんと、全てにおいてバランスが良かったです^^
真琴も凄く可愛かったですね♪

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
こんばんわー (ななな)
2007-06-16 21:38:42
Aki.さん、お邪魔します~♪

アニメになるとAki.さん張り切りますね!
おぉ~長い!と思いながら楽しませていただきました。
ジブリのクオリティ高い作品も好きですがこういう風に温かみのあるって言うか身近に感じられる作風も好きです。
躍動感もありましたいし。
でも何よりもこの映画は内容が大好きでした。
コメント有難う御座います♪ (Aki.)
2007-06-17 03:52:26
なななさま、こんばんは~♪

って、いやいやいや気のせいですよぉ!
気のせいって事にして下さいw
「誰がこんな長駄文を読むんだ!」と自覚はしてるんですけどね~、つい(^^ゞ
予算が多い分ジブリ作品はクオリティが高い(最近ちょっと微妙な気も・・・)ですけど、この作品も十分ハイクオリティかつ個性的で良かったですよね~!
取り敢えず表現力は申し分なかったかと(^^ゞ
何より内容もすっごく良かったですしね!
ワタクシもかなり好みの作品でした^^

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
TB入りませんでした・・(泣) (Ageha)
2007-06-18 13:26:49
去年のアニメの1位というてもいいくらいの作品。
最初のうちこそジミだったのに
ネットとクチコミでどんどん上映するシアターが増えた。
それだけでもこの作品よかったよって人に
支えられて随分盛り上がった映画でした。
十分ゲドを食ってたような(わわわわわ)

ストーリーのオチがわかってて
楽しめる作品も少ないのではないかと。
原田知世バージョンで完成形かと思ってたら
すごく化けましたね。
・・・今原作読んだら全然ちゃう感じもしますけど。(ノ*゜▽゜)ノ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

時をかける少女 (ロハンのゲロゲログ)
時をかける少女 今年の劇場初め。 大満足。
時をかける少女 (ネタバレ映画館)
あ、タイム・リープできる回数が減ってる・・・6回、5回、4回、今何時だ?9回、8回・・・と増えたりしない。
映画「時をかける少女」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「時をかける少女」 筒井康隆の名作「時をかける少女」を、新たな構想で製作した劇場用アニメーション。 高校2年生の紺野真琴は自転車事故をきっかけに時間を跳躍する能力を持ってしまう。真琴は女の子ながらクラスメイトの功介や転校生の千昭とつるんでキャ...
時をかける少女(2006)/仲里依紗、原沙知絵、石田卓也 (カノンな日々)
ホントは公開後もっと早い時期に観に行くつもりだったのに、この映画なかなか好評らしくって全国紙の新聞でも何度か記事になってるんですよね。最近の朝日ではこの夏の話題のアニメ作品なんたらとかいう記事で『細田守監督は実は当初「ハウルの動く城」の監督として予定さ...
時をかける少女 (Akira's VOICE)
軽やかにジャンプしたくなる青春映画。
時をかける少女(映画館) (ひるめし。)
17才、タイムリープ覚えたて。 待ってられない未来がある。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:細田守 出演者:仲里依紗/石田卓也/板倉光隆/原沙知絵/谷村美月 時 間:100分 [感想] この映画かなりの口コミで人気らしい・・・。 そんな評判良いならせっかく...
時をかける少女 (2006) 98分 (極私的映画論+α)
素晴らしい青春映画でした。このような映画を観るたびに、アニメでは可能なのに、実写ではどうして無理なのかな?なんて考えちゃいます。もっともこの映画の実写版には名作の誉れ高い大林監督原田知世の主演のがありますよね。
時をかける少女・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
筒井康隆原作の、あまりにも有名なSFジュブナイル小説の三度目の映画化。 またまたリメイク作品である。 最初の映画化は83年の原田知世主演・大林宣彦監督版。 二度目は97年に、83年版の製作を手がけた角川春樹監督で映画化。
【 時をかける少女 】 (もじゃ映画メモメモ)
筒井康隆の小説「時をかける少女」のアニメ化。基本的な話の骨組みは原作と同じ、でもエピソードやキャラはオリジナルです。 ヒロインが都合良くタイムリープを使う辺りからドラマはスピーディに展開し笑わせてくれます。晩のおかずが気に入らないとタイムリープ、カラ...
時をかける少女 (It's a Wonderful Life)
やたら評判がいいのと、タイムパラドックスものは大好きなんで どうなの?って観てみましたが、これがほんとになかなかの作品! 正直言って絵はイマイチに感じましたけど、物語にすぐに引き込まれて、 主人公を始めとする登場人物にとても好感の持てる映画だと思い...
時をかける少女 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
監督は2005年春の劇場版『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』を手がけた気鋭の監督、細田守。芸術家の村上隆とのコラボレートにより、フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンの店舗で上映された短編『SUPERFLAT MONOGRAM』や、六本木ヒルズのコマーシャ...
時をかける少女 (映画を観たよ)
青春と青空が眩しい!
『時をかける少女』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ高校2年生の紺野真琴は、故障した自転車で遭遇した踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母の芳山和子にその能力のことを相談するとそれは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだというが・・・。感想『ゲド戦記』、『ブレイブ ...
時をかける少女…期待して期待以上な作品でした (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休の最終日。 本日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は部屋の大掃除をしました{/ase/} 私の部屋の場合、先日の家庭訪問時に廊下に積んであった様々なアイテムが持ち込まれて以来(※こちらの記事を参照)、実に乱雑な状態でしてまだ片付いていませんでした。 で、今日は...
時をかける少女 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「時をかける少女」(細田 守:監督)  時をかける少女 通常版角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  昨日TV放映されていたのを観ました♪  去年公開されたアニメ映画で、  評判よかったのは耳にしていましたが、  うん、なかなかよかったです。 ...
『時をかける少女』 (かんべえの別館・DVD映画レビュー)
この作品は一応レンタル予約にチェックしていたけど、早くも先日の土曜日にテレビ放送
時をかける少女(アニメ映画版) (色即是空)
先日TV放送された、時をかける少女(アニメ映画版)を見ました。原作小説、実写映画版は未見ですが、今回放送された、アニメ映画版は時代設定から、キャスティングに至るまで大幅リメイクが施されているということで見てみました。まず、最初に期待していたのは、ハイビジョ...
「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる (はらやんの映画徒然草)
今までも何度も映像化されている「時をかける少女」です。 この夏は大作のアニメーシ
時をかける少女 (Blossom Blog)
時をかける少女 監督 細田守 日本 2006
時をかける少女 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『待ってられない 未来がある。』  コチラの「時をかける少女」は、7/15公開になったアニメ映画なんですが、何だかアチコチでかなり評判が良いみたいなので、思わず観て来ちゃいましたぁ~♪なかなか面白かったですよ~っ!  実を言うと筒井康隆の原作も読んだ事...
「時をかける少女(2006)」 (ひらりん的映画ブログ)
今月は地味ーーーーに、ファンタジー特集してるので、この作品も選んでみました。 タイトルで思い出すのは、大林宣彦監督の尾道三部作で原田知世が主演した実写映画。 しかし、筒井康隆の原作も読んではいないので、内容はほとんど覚えてないよ。
時をかける少女 ~DVDにて~ (三日月のしっぽ。)
  時をかける少女・・・評価  4   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ...
土曜プレミアム 日本アカデミー最優秀アニメーション賞受賞映画「時をかける少女」 (kasumidokiの日記)
時をかける少女。「去年もT