ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダークナイト ライジング

2012-09-22 | 映画 た行
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

バットマン ビギンズ』『ダークナイト』と、お子様向けアメコミ映画とは一線を画すノーラン版バットマンシリーズの第三弾で御座います。
前作・前々作と、アメコミ映画が苦手なワタクシですらかなり楽しめ、特に前作はエンドロールそっちのけで思わず「ヤーレン♪ノーラン♪ノーラン♪ノーラン♪ノーラン♪ノーラン♪ハイハイ♪」と歌い出してしまう(謎)くらい素晴らしい作品だったので、今回もすっごく楽しみにしておりました。
で、感想はと言うと・・・

いや~~~~~、面白い。

正直ですねぇ、前作ほどのインパクトはないです。
ないんですけどぉ、脚本もしっかり作られていてこの手の作品にしてはドラマ性も高いですし、出だしから早速テンションMAXになれる王道なアクション映画っぷりが実に良い感じ。
とにかく全体的にレベルが高くて、出来としては申し分なかったですね。
ま、確かにベインにジョーカーほどの凄みはないですし、油断してると”たけしプロレス軍団”にスカウトされて後々名レスラーになりそーな微妙な風貌・・・
でもまぁ、タケちゃんマンの敵と大差ない?の人だったり、敵役としてまるっきり魅力のなかった超低温の人と比べたら、そりゃもう圧倒的にベインの方が敵役として上なんじゃないかと。
とにもかくにも、本格アクションにして本格ドラマという前作をきっちり引き継いでくれていたので本当にめいっぱい楽しめました。

主演はクリスチャン・ベイル。
もはや完全にバットマンにしてブルース・ウェインですね。
脇を固めるお馴染みのマイケル・ケインとゲイリー・オールドマンとモーガン・フリーマンも完璧でした。
が、やっぱり今回一番輝いていたのは、もっちろん、アン・ハサウェイ。
キャストが発表された瞬間、ワタクシと世界中のバットマンファンから「何故ハサウェイ?」なんて思われちゃってましたが、ぶっちゃけ、めぇ~~~っちゃ良かったです。
いや~、まさか、ハサウェイからあんなに素敵オーラが出るなんて思いもしなかったですね。(暴言)

てわけで、思ってた通りにガッツリ楽しめたこの作品。
アメコミ映画と言っても決して子供だましじゃないところがワタクシにも合うのかもですね。
とか言いつつ、結構、子供だましにもまんまと騙されてるんですけどね、ワタクシ。


ダークナイト ライジング@ぴあ映画生活

コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« リアル・スティール | トップ | ’12 F1シンガポールGP »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おじゃまします。 (ピロEK)
2012-10-06 16:01:52
おじゃまします。
ハサウェイは最近メキメキ良くなってる…と思ってたら恋してたの巻き…でしたね。
ともかく、この3部作は名作でした。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
いらっしゃいまし♪ (Aki.)
2012-10-11 14:03:48
こんにちは~♪
ハサウェイのくせに(暴言)色っぽいぞ…とか思ってたらそーゆーことだったんですね><
ちっw
ともかく、この三部作、本当に名作でしたね!
出来れば次はアーカム・シリーズの完全映画化を激しく希望します^^

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 た行」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

No.320 ダークナイト ライジング (気ままな映画生活)
クリストファー・ノーラン監督による「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続くシリーズ完結編。「ダークナイト」から8年後を舞台に、ゴッサム・シティを破壊しようとする残 ...
ダークナイト・ライジング (本と映画、ときどき日常)
監督 クリストファー・ノーラン 出演 クリスチャン・ベール     マイケル・ケイン     トム・ハーディ バットマンシリーズ『ダークナイト』の続編。 もうコミックマンガの映画化の域を超えています。 甦ったバットマンが街の爆破・破壊を阻止しようとする...
【映画】ダークナイト ライジング…ラストは『ありがとうバットマン』みたいな感じ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしいのです というのは、実家に出入りする娘と、私の母親からの情報。 子役(とその親)がたくさん向かいのお寺に集まっていたとか、河原に降りて撮影していたとか…断片的な情報しか有りませんが、ど...
「ダークナイト ライジング」 ヒーローはどこにでもいる (はらやんの映画徒然草)
クリストファー・ノーランの「ダークナイト」3部作の最終作、「ダークナイト ライジ
『ダークナイト・ライジング』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
新生<バットマン>三部作――ではなく、今は<ダークナイト・トリロジー>と呼ぶようだが、それの完結編。 前作から8年後、ハービー・デント殺害の罪を被ったバットマンは姿を消し、ブルース・ウェインも表舞台からは消えた。デントの名を冠した法律の制定により、ゴ...