ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Vフォー・ヴェンデッタ

2006-09-10 | 映画 あ行
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

ま~たアメコミ映画かぁ・・・とか、何かよく分からない格好悪い仮面着けてる
なぁ~・・・とか思って、あまり期待もせずに観たのですが・・・
いやいやいや、アメコミと言っても、どー観ても子供向きではないんですけど。
日本で言えば「週刊少年ジャンプ」じゃなくて「ヤングジャンプ」向け、みたいな?
全体的にダークで内容的にも政治色の強い作品でした。

で、これが中々面白いんですよね~。

やたら仰々しかったり、遠回しだったり、哲学的だったりする台詞の数々も
ワタクシ的には結構ツボでしたよ。
アクションシーンは思ってたよりも大分地味でしたけどね。
それでもまぁ、アクションを売りにしてる作品ではないし、必要なところでは
それなりに派手な面もあるので問題なしでした。
ストーリー・構成も凄く丁寧に作られてた感じですね。
ま、丁寧に作ろうって意識が強すぎて途中で弱冠ダレたよーな気がしないでも
ないですけど。

主演は・・・ナタリー・ポートマンですよね?
こんなアメコミ映画(と言ってしまうと失礼だけど。)でも、凄く熱の篭った
演技してて驚きました。
アメコミだけど世界観とかキャラで魅せる作品じゃないからなんでしょうけどね。
ま、エロ主教のシーンでは流石に「これは無理・・・」なんて思っちゃいましたけど。
で、もう一人の主役Vを演じたのがヒューゴ・ウィーヴィングです。
とは言え、ず~~っと仮面のままでして・・・
脇では役のオイシさもあってスティーブン・レイとジョン・ハートが良かったです。

それにしても、主人公が自分の事を決して正義(善)だとは思ってないのが
良いんですよね~。
そこがまた深いところだし、メッセージ色が強いながらも押し付けにはなって
ないんですよぉ。
だからこそのあのラスト・・・
こーゆー話が欧米人に受け入れられるのがちょっと意外だったりしますね。
ま、単純に怒涛の復讐劇って見方も出来るからかな。


Vフォー・ヴェンデッタ@映画生活

コメント (20)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
« スーパーマン リターンズ | トップ | \'06 F1イタリアGP »

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハマった! (kino)
2006-09-10 07:55:33
TBありがとうございました。

これは、映画館で見た時に、おおっ!と思うことがいろいろあって、

かなりハマりました。

DVDで見直したら印象が違うかもしれませんが

確かめたいと思います(笑)
こんにちは☆ (やちこ)
2006-09-10 13:50:42
TBありがとうございました。



ヘンテコな仮面かぶりフリフリのエプロンをつけて料理を振舞うVがツボでした。



ナタリーは坊主にしてもベッピンさんでしたね☆
いや~もう思い出のレビュー。(笑) (Ageha)
2006-09-10 14:24:44
何とかネタバレしないようにしないように

・・・で、なんでそんな感想になるねんという

とんでもレビューにたくさんのひとが

来てくれまして

はじめてTB80越えをした記念の映画で。

(エッヘン)



で、そのせいでもって

DVDで見直してもゲラゲラと

笑ってしまう自分が悲しいです。

コレ結構政治色の強いお話なんですが・・・。

こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2006-09-10 15:22:01
いつもありがとうございます!

あのあの、申し訳ないのですが、お聞かせください。困っているのです。

お使いのPCは、Mac ですか?

うちのブログのTB URL、コピー出来ましたか?

自分で見ると、エラーが出て、TB URL、コピー出来ないのです。

是非、コメントお願いします!
TBありがとうございました (ミチ)
2006-09-10 16:27:50
こんにちは♪

期待したほどアクションは無かったものの、結構政治色が強くて考えさせられました。

>怒涛の復讐劇

これが怖いんですよね。

浮かれ騒ぎ的にあのお面をつけた人たちはなんら深い考えも持っていないような気がして。

革命成功の後の社会がどうなったか興味があります。
皆様へ♪ (Aki.)
2006-09-11 04:30:23
コメント有難う御座います♪



>kinoさま

こんばんは~♪

劇場で観ると爆破のシーンなのどは迫力満点でしょうね!

本当に面白い映画はどーゆー環境で観ても面白いはずなのでDVDでも楽しめると良いですね~^^

劇場ならではってところだと微妙ですが・・・(^^ゞ



>やちこさま

こんばんは~♪

あのシーンはかなり笑えました!

ヘンテコ仮面でルンルンしてましたよねw

ナタリー、坊主でも全然違和感なしでしたね!

やっぱり顔立ちが整ってるからなんでしょうねぇ、羨ましい^^



>Agehaさま

こんばんは~♪

ワタクシも基本的にバレなしで描いてますが、何気に大変なんですよね~^^;

っと、TB80超えだったのですかぁ!

素晴らしいです^^

人様を楽しませる文章が書けている証拠ですよぉ^^

ゲラゲラ笑うものアリかとw



>猫姫少佐現品限りさま

こんばんは~♪

速攻で猫姫さまのブログに報告コメさせて頂きました~^^

まだ直ってないみたいですね^^;

皆さんの知恵で何とかドラッグは出来そうですが、本当に鬱陶しいトラブルですよね^^;



>ミチさま

こんばんは~♪

ワタクシも派手なアクションを期待してた組です(^^ゞ

が、何気に深い話で驚きました!

ワタクシ的には革命の流れに乗った人達もそれぞれに現状が間違ってる事に気付き(大多数の人が元々思ってたでしょうし。)行動したと、好意的に解釈したいです(^^ゞ

行動しなければ何も変わらなかったのですしね!





皆様、コメント&エコー有難う御座いました!

これからもよろしくお願いしますm(__)m
流石 (kenzo)
2006-09-11 17:38:30
いや~面白かったです。



まさしく近未来を予言、忠告した作品のように思えました。

 テロを恐れてた政府が統制を強めて社会全体が窮屈にそして、希望の抱きにくい社会となっていく。その姿は現在のアメリカ、イギリスそして日本など多くの西欧世界であり、潜在的に抱えている問題点を浮き彫りにしているように見えました。まあ、強烈に皮肉っていともいえるのですが、ウォシャウスキー兄弟流石です。
コメント有難う御座います♪ (Aki.)
2006-09-12 04:47:06
こんばんは~♪

面白かったですよね~^^

ある意味では過去の教訓を基にしてるとも言えるし、ある意味では未来への警鐘を鳴らしているとも考えられる中々深い話でしたね。

それでいて製作者の考えを観る側に押し付けてないのが良かったです。



ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
こんばんは (カヌ)
2006-09-15 23:33:29
コメントありがとうございました。

一見、政治色の強い面もありながら、笑うしかない

ようなシーンも多くて、気に入ってます。

ナタリー・ポートマンのコスプレは貴重な映像ですよ(^^;
こんばんは~♪ (Aki.)
2006-09-16 02:38:23
こちらこそ、わざわざの訪問&コメント有難う御座います♪



復讐者で革命家であんな風貌のVというキャラを上手く使った笑いが結構盛り込まれてましたよね!

思わず吹いちゃうよーな笑い、ワタクシも好きです^^

お陰で重いテーマでもシリアス一辺倒にならなくてエンタメとしても中々楽しめたのでしょうね!

ナタリーのコスプレは・・・

お似合いではなかったんですもん^^;



ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 あ行」カテゴリの最新記事

45 トラックバック

V フォー・ヴェンデッタ (琴線~心のメロディ)
【2006年4月22日劇場公開】 【ジャンル:アクション】※アメコミ系 【観た場所:T-JOY東広島】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:★★★ 今日は、少々無理をして2本目鑑賞。 もうすぐ終わりだしね。 ストーリーはともかく、 ...
Vフォー・ヴェンデッタ/ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング (カノンな日々)
美容院の帰りに映画を観て行こうと思っていつも行くシネコンに立ち寄りました。本命は「アイスエイジ」の字幕版だったけど、時間が合わず、予告編が印象的だったこの作品をチョイスしました。これが、ウーン、微妙に失敗したカモ。映画がダメだったわけじゃなく、 ...
「Vフォー・ヴェンデッタ」 オペラ座じゃないの? (目の中のリンゴ)
好きです。この映画。 仮面に素顔を隠した黒マントの謎の人物が、美しい娘を 隠れ家に匿い、弟子にする・・・そして ヤツが残すのは 真紅のバラ。 ・・・え?「オペラ座の怪人」じゃないの? ご覧になれば、私がこの映画を好きになるのも、 納得していただける ...
Vフォー・ヴェンデッタ (2005) V FOR VENDETTA 132分 (極私的映画論+α)
 近未来のイギリス。そこは独裁者アダム・サトラー議長が支配するファシズム国家となっていた。テレビ局で働くイヴィーはある日、外出禁止時間に表を歩いていたところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。そんな絶体絶命の危機を、彼女は“V”と名乗る謎の仮面 ...
Vフォー・ヴェンデッタ 2006-21 (観たよ~ん~)
「Vフォー・ヴェンデッタ」を観てきました~♪ 近未来のイギリス。イヴィー(ナタリー・ポートマン)は、絶体絶命の危機に見舞われたとき、“V”(ヒューゴ・ウィービング)となるの仮面の男に命を救われる。Vは、市民を政府の恐怖政治から解放するテロ活動を ...
Vフォー・ヴェンデッタ (ネタバレ映画館)
 スミスが現れた。スミスが現れた。スミスが現れた・・・
Vフォー・ヴェンデッタ (とんとん亭)
「Vフォー・ヴェンデッタ」 2006年 米 ★★★★☆ アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。 近未来の英国はアダム ...
フォー・ヴェンデッタ (まったりでいこう~)
自分の中で期待が大きかったせいか、見終わった後少し肩すかしを食らった感じです。おもしろいにはおもしろかったのですが、手放しで楽しめるといったふうではないかもしれません。 あのいかにも胡散臭い仮面男Vはよかったですね~。奇妙奇天烈で。おまけにちょっ ...
「Vフォー・ヴェンデッタ」劇場にて 象徴としての仮面 (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
先週の金曜日、ファボーレ東宝で行われた『Vフォー・ヴェンデッタ』の試写会に行ってきました。
美しきテロリスト 「Vフォー・ヴェンデッタ」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_suki/} Vフォー・ヴェンデッタ やばい、かなり好きです、こういう雰囲気。 ただ、イマイチと判断される人がいるのもわかります。 かなり政治色の濃い映画ですしね。 ただ、私のツボをかなり突いてるんですよね。 以下、ネタバレあり ...
Vフォー・ヴェンデッタ/V-FOR VENDETTA (我想一個人映画美的女人blog)
ナタリーポートマンがスキンヘッドになった!という事で話題になっていたこの作品、 去年夏に全米公開のはずが、ロンドンのテロ事件があって結局3月17日に公開延期しちゃった。。。。 トロントのyueが早々に観て、 「ちょっと複雑であんまり"面白い"って感じ ...
「Vフォー・ヴェンデッタ」ジャパンプレミア (てんびんthe LIFE)
「Vフォー・ヴェンデッタ」ジャパンプレミア 東京国際フォーラムホールAで鑑賞 大袈裟な演出ですが、お客さん全員に仮面が配られました。みんなに被れって!でもね、2Fの15列では被ったところでカメラには100%映りませんのよ。だから被りませんでし ...
Vフォー・ヴェンデッタ (Akira's VOICE)
革命は一日にして成らず。 されど,変化は一日で実る!
Vフォー・ヴェンデッタ (V For Vendetta) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジェームズ・マクティーグ 主演 ナタリー・ポートマン 2005年 イギリス/ドイツ映画 132分 アクション 採点★★ あれ?この映画の舞台、近未来のイギリスってことになってるけど、メディア操作と自作自演めいた惨事で国民の恐怖を煽り、その恐怖を基に国民の ...
『Vフォー・ヴェンデッタ』 2006・4・23に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『Vフォー・ヴェンデッタ』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 第3次世界大戦後の英国、ファシズム国家と化しいた。ある日の夜、秘密警察に捕まったイヴィー(ナタリー・ポートマン)は、仮面の男“V”(ヒューゴ・ウィービング)に救われる。 ...
映画館「Vフォー・ヴェンデッタ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
予告で観ていた印象と結構違う感じがしました。 なんといっても、仮面の男”V”がもっとアメコミヒーローちっくなのかなって思ったらそうでもなかった。でも、あの仮面を使って、おふざけにならなかったのは凄いねぇ。 なんだか、イヴィーとVの関係が「オペ ...
『V フォー・ヴェンデッタ』 (ラムの大通り)
----タイトルのヴェンデッタってどういう意味ニャの? 「字幕やプレスでは“血の復讐”となっていた」 ----と言うことは、これは復讐譚ニャんだ? 「うん。一応はね。 復讐の理由は観て確認してもらうことにして、 まずは映画の概略を話そうかな。 舞台は独裁国家 ...
Vフォー・ベンデッタ (カリスマ映画論)
                                                    【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人々よ、゛V゛の意志に集え! 
Vフォー・ヴェンデッタ(映画館) (ひるめし。)
自由を!永遠に! CAST:ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィーヴィング/シニード・キューザック/スティーヴン・フライ/ジョン・ハート 他 ■アメリカ/ドイツ産 132分 ナタリー・ポートマンが坊主になった!! とくらいしか話題にならなかった映画。 全然 ...
Vフォー・ヴェンデッタ(映画館) (ひるめし。)
自由を!永遠に! CAST:ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィーヴィング/シニード・キューザック/スティーヴン・フライ/ジョン・ハート 他 ■アメリカ/ドイツ産 132分 ナタリー・ポートマンが坊主になった!! とくらいしか話題にならなかった映画。 全然 ...
仮面の男に赤いバラって・・?!~「V・フォーヴェンデッタ」~ (ペパーミントの魔術師)
それじゃオペラ座やん!(爆) 剣を持たせたら、なんとなくゾロだし、 いろんな仕掛けをしたり、追っ手をするりとかわすとこなんざ ルパンだし、あーもう、これってパロディ映画? ゴードンのブラックコメディ、 ナタリーポートマンの萌え~コスプレ(ケバくない ...
Vフォー・ヴェンデッタ 06年85本目 (猫姫じゃ)
Vフォー・ヴェンデッタ 上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴィ、、、 あたしと、チャイコフスキーの大序曲「1812年 」との出会いは、今をさかのぼることン十数年前、10才くらいの頃のお話。あたしの母方親族って、音楽好きな人が多くって、その一人、オ ...
映画「V フォー・ヴェンデッタ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「V フォー・ヴェンデッタ」 第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう政治色の強い近未来映画。 エンターテインメント性が高く、かついろんな考えさせられる要素を含んでいるのでずーっとスクリーンに目が釘付け ...
Vフォー・ヴェンデッタ・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「Vフォー・ヴェンデッタ」の舞台は、ナチスに似た超保守政党が支配する近未来のイギリス。 そこでは全ての自由は剥奪され、監視された国民は権力への服従しか許されない。 同性愛者、移民、重度障害者、信仰無き者は社会か
Vフォー・ヴェンデッタ(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジェイムズ・マクティーグ 【出演】ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィービング/スティーブン・レイ/ジョン・ハート 【公開日】2006/4.22 【製作】アメリカ 【ストーリー】 近未来のイギリス。イ
Vフォー・ヴェンデッタ (2005) (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
こっちゃんポイント ★★★★ 鑑賞環境  試写会  上映時間 132分 製作国 イギリス/ドイツ 公開情報 劇場公開 (ワーナー) 初公開年月 2006/04/22 ジャンル アクション/サスペンス 映倫 PG-12 ...
Vフォー・ヴェンデッタ (シャーロットの涙)
国際フォーラムAホールにて ここの会場は広すぎて好きではない。せっかくの舞台挨拶もオペラグラスがないと全然わからないっ!・・・マッチ棒位の大きさだったヒューゴ・ウィーヴィング…爆 舞台挨拶後は観客全員で「V」の仮面かぶって写真撮影~{/kaminari/} ち ...
Vフォー・ヴェンデッタ (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
★本日の金言豆★ グイード・フォークス(Guido Fawkes)、通称ガイ・フォークス:1605年にイングランドで発覚した火薬陰謀事件の実行責任者で、本作の主人公「V」のモデル。 2006年4月22日公開  「誰も見たことが無
Vフォー・ヴェンデッタ (日々徒然ゆ~だけ)
 この程度なら,革命映画等と言わず,最初から劇画映画として堂々と娯楽にするべき。センセーショナルな映像とか言ってるけど,とどの詰まりは劇画である。
Vフォー・ヴェンデッタ (Cinemermaid)
3回観ても意味不明だった【マトリックス】 どうもこのシリーズは私には拒否反応があるらしい( ̄∇ ̄;) で、今日の映画鑑賞はそのシリーズの監督ウォシャウスキー兄弟による脚本の作品だったので、最初はまたダメかな~~~と思ったが予想に反して分かりやすく楽 ...
【 Vフォー・ヴェンデッタ 】 (もじゃ映画メモメモ)
独裁国家と化した近未来の英国を描く原作コミックをウォシャウスキー兄弟が脚本化したアクション・サスペンス。 '80年代のイギリス政権がモデルになっていますが、現代に通じるメッセージもチラホラ見られます。 主演のVをヒューゴ・ウィーヴィングが演じてい ...
★「Vフォー・ヴェンデッタ」 (ひらりん的映画ブログ)
ナタリー・ポートマンが髪の毛剃ってまで出演した・・・って作品。 イギリスが独裁国家になったぁーーー・・・って話だったのかなっ。 詳しい内容を知らずに見てみることに・・・。
Vフォー・ヴェンデッタ (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
全体的には面白かったです。時間を感じさせない映画でした。曖昧な表現しちゃうのは、かなり政治色が強いなぁ って感じたから。褒めるのもけなすのも簡単。。。。
Vフォー・ヴェンデッタ (ももママの心のblog)
独裁者に支配される近未来のイギリスを舞台に、ナタリー・ポートマンがスキンヘッドで熱演する。{/kaeru_en4/} 2006年 アメリカ アクション、サスペンス 2006年5月2日 ワーナー・マイカル・シネマズ・新百合ヶ丘 監督 ジェームズ・マクティーグ 出演 ナタリー ...
Vフォー・ヴェンデッタ (まぁず、なにやってんだか)
久しぶりに水曜日が休日だったので、もう一本観たくなり選んだ映画が「Vフォー・ヴェンデッタ」です。「面白いかな?」と半信半疑だったんですが、とても面白く、大絶賛です。 難しいストーリーかと思いきや、わかりやすく、悪者はことごとく悪者として描かれ ...
「Vフォー・ヴェンデッタ」 (the borderland )
ウォシャウスキー兄弟が脚本ということで楽しみにしてました。監督は違うものの、うまく表現できないのですがデジャブのように同じような映像(時間や人は違う)を繰り返し使うのは、ウォシャウスキーらしいなと思いました。ただ「マトリックス」のような派手さは ...
【洋画】Vフォー・ヴェンデッタ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力4/テンポ3/合計41) 『評論』 ガイ
Vフォー・ヴェンデッタ (M's daily life)
 「Vフォー・ヴェンデッタ」  原題 : V FOR VENDETTA (2005年 米・独 132分) 監督 : ジェイムズ・マクティーグ 出演 : ヒューゴ・ウィービング、ナタリー・ポートマン、スティーブン・レイ
Vフォー・ヴェンデッタ (PICO*THEATRE)
人民が政府を恐れるのではない 政府が人民を恐れるのだ お薦め度:.★★★★. 本当は娯楽アクション映画のはずなのに、うっかりツボに入ってしまい涙してしまいました。Vとイヴィーの関係は何となく『オペラ座の怪人』の怪人
Vフォー・ヴェンデッタ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 イギリス/ドイツ 上映時間 132分 監督 ジェームズ・マクティーグ 製作総指揮 ベンジャミン・ウェイスブレン 脚本 アンディ・ウォシャウスキー 、ラリー・ウォシャウスキー 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 ナタリー・ポ ...
■Penny for the Guy (うたかた164)
観るまでにずいぶんと迷った映画、それがこの「Vフォー・ヴェンデッタ」です。激しく賛否両論だったからねぇ。最近になって「アリ」派が増えてきたような気がして、じゃあ観てみよっかなぁぐらいの薄い動機だったんですが…めっちゃくちゃ良かったです!! この ...
Vフォー・ヴェンデッタ (cinema note+)
Vフォー・ヴェンデッタV FOR VENDETTA2005年 アメリカ/ドイツ   独裁国家でど派
Vフォー・ヴェンデッタ…仮面な演技で思い出すのは東映ヒーローの悪役でした (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
クリスマスイブです{/star/} ブログの画像(Vフォー・ヴェンデッタのパッケージ写真)も何となくクリスマスな色合い。 子供のクリスマスプレゼント{/presents/}として、今年は上の子(息子)に服を買ってあげて、 下の子(娘)には、ニンテンドーDSの某ソフト(& ...
Vフォー・ヴェンデッタ (シネマ通知表)
2006年製作のアメリカ・ドイツ映画。 全米初登場1位、興行成績$70,511,035。 『レオン』のナタリー・ポートマンと“エージェント・スミス”ことヒューゴ・ウィービング共演による近未来サスペンスアクション。独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを掲げテロ...
Vフォー・ヴェンデッタ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『自由を! 永遠に!』  4/22公開のコチラの映画の試写会に行って来ましたぁ~♪ナタリー・ポートマンがスキン・ヘッドにしちゃったり、ヒューゴ・ウィーヴィングが徹頭徹尾仮面を着けての出演、ウォシャウスキー兄弟の最新作など話題も盛りだくさんの映画ですね。...