ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フライト

2013-06-27 | 映画 は行
6.5点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

ワタクシ的にわりとハズレの少ないデンゼンル・ワシントンの主演作。
でもって、何より、あのロバート・ゼメキスの『キャスト・アウェイ』以来12年ぶりの実写映画監督作なので、そりゃもう楽しみにするなと言うのが無理無理無理なわけですよ。
などと言いつつも、ふと振り返ってみると、前作が『キャスト・アウェイ』で、その前が『ホワット・ライズ・ビニース』で、その前が『コンタクト』と、よ~~~~く考えてみると結構微妙と言うかやらかしてると言うか・・・
ま、それでも、『フォレスト・ガンプ』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのよーにキレっキレな作品であることを信じつつ観たわけですが・・・

うん、まぁ、十分面白かったです。

面白かったんですけどぉ・・・
ぶ~っちゃけ、期待したほどでもなかったですかね~。
まぁ、やり方としては『フォレスト・ガンプ』をもちっとスケールダウンさせた感じ(分かりずらっ!)ですかね。
なので、映画への惹き込まれかたもず~っと浅い感じ。
お話は面白いし、見せ方も展開の仕方もそれなりに面白いのに、爆発力がないと言うか・・・
正直、ワタクシとしてはせっかくのゼメキス&デンゼルだったので、もっともっともっと圧倒して欲しかったんですよね~、ドラマとして。
ところどころ”ぐわっ”とくるところもあったので、そこから更に上にイカなかったのが、ちっと残念と言うか、勿体なかったですね。

で、主演はデンゼル・ワシントン。
まぁ、いつも通りですよね。
凝ったことはやってませんけど、役にはきっちりフィットしてたと思います。
共演はドン・チードルにケリー・ライリーにジョン・グッドマンにメリッサ・レオと、中々渋くて実力のある面々。
ま、それぞれがそれぞれに良かったんじゃないでしょうか。

てわけで、ちゃんと面白かったものの、期待値が高かったので物足りなさも否めなかったこの作品。
ただ、ワタクシ的にはこれがゼメキスの実写映画復帰の序章だと捉えて、次以降に激しく期待したいと思います。
先ずは『ロマンシング・ストーン2』(もちろん『ナイルの宝石』は無いことになってます。)辺りでお願いしたいですね。


フライト@ぴあ映画生活

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 第54回 宝塚記念 | トップ | ’13 F1イギリスGP »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 は行」カテゴリの最新記事

トラックバック

フライト (本と映画、ときどき日常)
監督 ロバート・ゼメキス 出演 デンゼル・ワシントン     ケリー・ライリー     ブルース・グリーンウッド 乗客乗員百数名を乗せた旅客機が故障で急降下。 それを奇跡的なフライトで助けたパイロット。 彼はヒーローになるはずだったが…。 墜落していく...