ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドライヴ

2013-02-12 | 映画 た行
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

ライアン・ゴズリング&キャリー・マリガンという、実力はともかく、メインキャストとしては多少・・結構地味な二人の作品ということで、もしかして映画自体も地味ぃ~~な、メリハリナッシングなことになっちゃってるんじゃないかと思い、どーも中々手が出なかったんですよね~、この作品。
が、やけに良い評判がわさわさと入って来るので、こりゃ覚悟を決めて観るしかないかなぁ~と。
まぁ、本当にすっごく評判が良かったので、さすがに惨敗はないだろーと。
そんな感じで(どんな感じだ!?)、まねきねこダックに見守れてるが如く、思いっきり保険かかってる状態で観させて頂きました。
で、率直な感想は・・・

う~~ん、何か、惜しい。

いや、まぁ、普通に面白かったんですけどね。
面白かったんですけどぉ・・・
全体的にすっごく丁寧に、きっちり作られてたと思うんですけどぉ・・・
なぁ~~んか、全体的にちょっとずつ足りない感じがしたんですよね~。
敢えて色々と説明しすぎないよーにしたんだと思うんですけど、それにしても、もうチョイ色々と分かるよーに描写して欲しかったかなぁ~と。
まぁ、『タクシードライバー』とか『トゥルーロマンス』に通じるところが多々ありましたが、残念ながらあの域には届いてませんでしたかね。
て、そーそー届くものでもないんでしょうけど。

主演はライアン・ゴズリング。
雰囲気、抜群に出てました。
てか、『君に読む物語』しにしても、『ステイ』にしても、他の作品にしても、けぇ~っこう良いんですよね~、いつも。
ぶっちゃけ、役者としてのキャラ的にはダニエル・ボールドウィン並みに地味な感じですが、実力は今の若手の中でも際立ってるかもですね。
共演はキャリー・マリガン。
プライドと偏見』以降、色々と観てますが、正直あまり印象もなく・・・
今回はばっちり、良かったと思います。

てわけで、取り敢えず評判通り・・とまでは言わないまでも、十分に面白かったこの作品。
途中のカーチェイス、ど~~~っかで見た事ある場所だなぁ~と思ったら、かつてジョン・コナーがバイクでT-800とチェイスした道路(?)でした。
気付いて、ちとニンマリ。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 君に届け 18巻 | トップ | 第30回 フェブラリーステー... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 た行」カテゴリの最新記事

トラックバック

「ドライヴ」 あっしには関わりねえことでござんす (はらやんの映画徒然草)
主人公ドライバー(劇中で名前が出ない)は昼間は映画のカースタント、及び修理工をし