ぶっちゃけ…独り言?

日記と言うよりも雑記…映画とか漫画の感想やらスポーツの観戦記やら、そりゃもう思いっきり雑記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラブリーボーン

2010-06-09 | 映画 ら行
2点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

ベストセラー小説の映画化でピーター・ジャクソンが監督って以外は前情報なし。
いかにも感動出来そうなので観てみたのですが・・・
率直に、本当に率直に、見終わった直後の正直な気持ちを言わせて貰うとすれば・・・

えぇ~~~?

て、文字にしちゃうと微妙に伝わりそーもないので、読みつつ、苦虫を100匹ぐらい噛み潰した顔を想像して頂けると良いかと。
まぁ、ぶっちゃけ、ピーター・ジャクソンやらかしたなぁ~と。
もうですねぇ、とにかくグダグダ。
脚本、決定稿までもっていけなくて草稿のまんま取り敢えず見切り発車しちゃったんじゃないかと思うくらい、起承転結が完全崩壊しちゃってるんですよね。
草稿のまま撮るだけ撮って、後で編集しながらまとめよーとしたけど、ついつい欲張って片っ端から詰めちゃいました、みたいな。
まぁ、実際そんなことはないんでしょうけど、それにしてもテーマが絞れてないし、一体どこに向かっているのか・・・
いつも通り原作未読なのですが、原作自体もこんなに酷いんですかねぇ。

主演はシアーシャ・ローナン。
まぁ、これといって特に印象も・・・(ぉぃ!)
共演はマーク・ウォールバーグにレイチェル・ワイズにスーザン・サランドンにスタンリー・トゥッチ。
いや~、皆さん流石なんですよね~、こんな映画なのに。
実力派な皆さんが熱演・好演すればするほど、この作品のダメっぷりとのギャップが広がって更に負の方向に・・・
これが、「誰!?」な人や「おいおい・・・」な役者ばかり集めてれば、作品と釣り合ったんでしょうけどね。
ったく、実力派俳優たちの無駄使いでしたよ。

てわけで、泣く気まんまんで観たはずが、違う意味で泣けてしまったこの作品。
更に言えば、ピーター・ジャクソンが監督でスピルバーグも関ってるのにこんな出来ってのがまた余計に悲しみを・・・


ラブリーボーン@ぴあ映画生活

コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 第60回 安田記念 | トップ | アンヴィル!夢を諦めきれな... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おじゃまします (ピロEK)
2010-10-09 03:32:56
おじゃまします。
私は裏切られたとまではいいませんし、Aki.さんが評するほど悪い作品とも思わないんですけど…まぁなんとなく思ってたのとは違いましたね。
私がこの映画の本質と思っているモノがあたってるなら…そんな映画は最初から観なかったなぁ・・・と。
ピーター・ジャクソンですが、少なからず“やらかして”いるんじゃないですいかね。致命傷になっていないだけで…前作あたりから、なんか我侭すぎる作りを正義と思っている感じを受け、今回それが増しちゃったんだけど、今後大丈夫か心配です。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
いらっしゃいまし♪ (Aki.)
2010-10-09 14:37:12
こんにちは~♪
いや~、ワタクシにはこれっ・・・・・っぽっちも理解出来ない作品でした。:゜(。ノω\。)゜・。
まぁ、思ってたのと違うのは日本の配給会社がアレなのでジャクソンに罪はないとしても、それにしても、全編に渡ってかなりォィォィな・・・
しかもあんな結末って・・・><
っと、ジャクソンって他にもやらかしてましたっけ?
まぁ、今までの功績もあるのでこれからも作れば観てしまうんですけど、こんなにドデカイ地雷が埋まってるとなると、ぶっちゃけかな~り心配ですよ^^;

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m
たびたびおじゃまします (ピロEK)
2010-10-10 02:42:42
どうも、たびたびおじゃまします。

>っと、ジャクソンって他にもやらかしてましたっけ?

やらかしたとまでは言いませんが「キング・コング」って勝手な作りだと思いません?
テーマも時代が求めたものとは思えなかったし、長過ぎて観返そうという気持ちになかなかならない作品です。
「LOTR」は何度でも観たいけど、それとは違いますよ…ってな風に私は思います。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
またまたいらっしゃいまし♪ (Aki.)
2010-10-11 03:35:37
こんばんは~♪
あぁ~、そー言えば『キング・コング』はそんな感じもあったかもですね^^;
何てったって導入で1時間も費やしてくれましたからねぇ><
ま、本題に入ってからは猛烈に面白かったよーな気がするので満足度高めでしたが、ぶっちゃけ、もう一度観ようとは中々思わないかもですね(^^ゞ
『L.O.T.R.』も実はもう一度全て観直すのはしんどいと思っているワタクシがいますw

ではでは~、これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ら行」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

ラブリーボーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪なんと言っても注目は、「「...
映画『ラブリーボーン』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ピーター=ジャクソン。脚本、フラン=ウォルシュ、フィリッパ=ボウエン、ピー
「ラブリーボーン」 死により生を描く (はらやんの映画徒然草)
これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と
【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあるTSUTAYAまでレンタルCDを返却{/dododo/}に行って、帰宅後レンタルしてた映画{/m_0058/...
「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おま...
ラブリーボーン (mama)
THE LOVELY BONES 2009年:アメリカ・イギリス・ニュージーランド 原作:アリス・シーボルド 監督:ピーター・ジャクソン 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 音楽:ブライアン・ ...