カエルすき?
世の中に“かえる好き”って結構いるみたいです。
カエルグッズの話で友達の輪が広がるかな?
 



歌川国芳の「金魚づくし」の缶に入った絢爛茶をいただきました。

3缶目のカエル柄です。

 

 

 歌舞伎座の木挽町広場にあったそうです。

「見得を切る」かっこいいカエルさん、黄金缶そして

今回は金魚がペットのようにカエルさんの手を引いて夕涼み・・・といった柄です。

金魚を人間にみなしての図柄の浮世絵はほんとうに斬新ですね。

このごろは紅茶の代わりにパンの時も絢爛茶を飲んだりしますが、

鏡開きのお汁粉にもあうかもしれません。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 長靴をはいた... 胡蝶ラン2019-3 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。