Avaloncity Central Park

不肖「信頼出来ない語り手」明智紫苑の我楽多ブログです。主に自作小説とカスタマイズドールを扱いますが、エッセイもあります。

どこかで見かけた幻の小説

2018-07-17 12:00:00 | 読書
 カクヨムに『女性だけの街』というSF小説がある。これはツイッターで一時期話題になっていた「もしも女性だけの街があったら…」という仮定が元になっている。この小説はフェミニズムSF並びにジェンダーSFとして優れた作品だが、一時期しばらく非公開設定になっていたらしく、最近再び読めるようになっていた。
 この小説が一時期非公開設定になっていた時には、私は「ひょっとして削除されたの!?」と焦った。なぜなら、ジェンダーやフェミニズムなどのデリケートな題材を扱っており、それで批判されて削除されてしまったのでないかと、私は心配していた。しかし、この小説が再び公開され、続きを読めるようになり、私は安心した。
 個人的には『女性だけの街』というタイトルは物足りない(もっと率直に『女の街』にするならまだしも、何だかそれよりも投げやりなタイトルに思える)。仮に私がこの小説の作者だったら、タイトルを『ドールハウス・タウン』とか『女神たちの箱庭』とかいったものにしたい。同じ簡潔なタイトルでも、 柞刈湯葉 いすかり ゆば 氏の『横浜駅SF』(こちらも一見投げやりなタイトルのようだが、かえって正解だったと思う)と比べると(内容の面白さに反して)面白みのないタイトルだ。仮に書籍化が実現するなら、是非ともタイトルの変更をお願いしたい。

 さて、本題。私が以前読んだが、その後削除されて読めなくなった幻の小説がある。タイトルは忘れたが、「小説家になろう」に連載されていた(そして、一応完結していた)ものである。それは、後醍醐天皇の息子護良親王が不老不死の薬を飲んで生き続け、織田信長(いや、信長の息子か部下だったかもしれない)に仕え、さらには新選組隊士として幕末まで生き延びるという話だったのだが、削除されたのは皇族を主人公にしたからだったのだろうか? 読んだ限りでは別に皇室や皇族や天皇制を冒涜するような内容ではなかったように思えたが、なぜ削除されたのかさっぱり分からないし、実に残念である。
 試しに他の小説投稿サイトで検索してみても、見つからない。どうやらなろう限定の投稿だったようだ。

🌺個人サイト「Avaloncity」🌠

ブログランキング・にほんブログ村へ
⭐にほんブログ村
【お願い】お手数ですが、下のいずれかのクリックをお願いいたします。
⭐にほんブログ村 小説
 一応、自作小説がメインのブログです。
⭐にほんブログ村 キャラクタードール
 カスタムドールなどの記事もあります。
⭐にほんブログ村 北海道
 たまには地元ネタも扱います。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 女神のカラダ | トップ | 現代の「青ヒゲ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事