Avaloncity Central Park

不肖「信頼出来ない語り手」明智紫苑の我楽多ブログです。主に自作小説とカスタマイズドールを扱いますが、エッセイもあります。

年齢設定の怪

2018-07-10 12:00:00 | 雑記
 冲方丁氏の小説『マルドゥック・ヴェロシティ』の一部登場人物の年齢設定には矛盾がある。詳しい事を書けばネタバレになってしまうが、その一部登場人物の一人である某女性キャラクターが仮に整形手術で若返っているならば、なぜあの体型(要するにおデブさん)はそのままなのかという疑問がある。あの作品世界の医療技術ならば、あの体型をどうにか出来そうだと思うが、ひょっとして某「鋼の結婚詐欺師」みたいな企みでもあったのか?

 そう。フィクションの世界には、奇妙な年齢設定が色々とある。

 これは私がツイッターでフォローしているあるお方が指摘していた事だが、リカちゃん人形の母親の年齢(33歳)と職歴(ファッションデザイナー)と子供の人数(リカちゃんを筆頭に6人)の組み合わせに違和感がある。いくら、リカちゃんの弟や妹たちが双子と三つ子が一組ずつとは言え、あまりにもリアリティがなさ過ぎる。リカちゃんは裕福な階層の家庭の娘という設定だが、この一家はその社会的環境の割には子供の数が多過ぎるし、母親の年齢設定が若過ぎる。
 こりゃ、リカちゃんママを「元ヤン」設定にでもしないと説得力が全然ないよ。リカちゃんを生んだ時点で結構若かったし、元ヤンでない方がおかしい。しかし、あの一家は「おセレブ様」だし、元ヤンキーという裏設定はそぐわないか。リカちゃんママは最低でも40歳前後にした方がリアリティがあるだろう(当然、そのまた母親の年齢設定も引き上げる必要がある)。その職歴からして、ある程度の高学歴と独身歴の長さが必要だと思う。
 まあ、リカちゃんのママはピーチジョンの創業者だった野口美佳氏と同じく高卒者だったのかもしれないが、それでもなお、リカちゃん一家の設定はウルトラファンタジーである。

🌺個人サイト「Avaloncity」🌠

ブログランキング・にほんブログ村へ
⭐にほんブログ村
【お願い】お手数ですが、下のいずれかのクリックをお願いいたします。
⭐にほんブログ村 小説
 一応、自作小説がメインのブログです。
⭐にほんブログ村 キャラクタードール
 カスタムドールなどの記事もあります。
⭐にほんブログ村 北海道
 たまには地元ネタも扱います。
コメント