Avaloncity Central Park

不肖「信頼出来ない語り手」明智紫苑の我楽多ブログです。主に自作小説とカスタマイズドールを扱いますが、エッセイもあります。

サークルクラッシャーはあちこちにいる

2018-08-15 12:00:00 | 歴史雑学
キャンベルさん 同性愛公表、自民議員の発言を批判…「スッキリ」出演

 日本文学研究者のロバート・キャンベル東大名誉教授がブログで自身が同性愛者であることを公表し、自民党の衆院議員が「同性愛は趣味みたいなもの」と発言したのに対して批判をしたという。私はキャンベル氏のカミングアウトに対しては「ふーん、そうなの」としか思わず、特に驚きはなかった。しかし、仮にキャンベル氏と同姓の他の有名人、すなわちスーパーモデルのナオミ・キャンベルがそのようなカミングアウトをしたならば、私はものすごーく驚いてしまっただろう。
 なぜなら、スーパーモデルなどの「女たちの仁義なき戦い」の世界で修羅場をくぐり抜けている人ならば、大なり小なり「女の敵は女」という感覚があるだろうからだ。
 私が勝間和代氏に同性パートナーがいるというニュースを知って大いに驚いたのは、要するに「そういう事」である。とはいえ、前漢の武帝という「男の権力者」の嫌なエキスを煮詰めて作り上げられたような人物にだって同性の愛人はいたのだし、性的指向と人間性は別問題だ。そもそも、武帝の祖父であり、名君として名高い文帝にだって同性の愛人はいたのだ。しかし、この文帝には実に苦々しい「ダブルスタンダード」があった。

 倹約家の文帝は、女性の側室たちの服装の制限をした。裾を引きずる贅沢な着物を着るのを禁じたのだが、男性の愛人に対しては、経済的事情も含めて色々と甘やかした。そして、ある占い師の「このお方は困窮して餓死します」という予言を聞き、その愛人 鄧通 とう とう に銅山(!)を贈り、自由に銭を鋳造する権利(‼)を認めた。
 しかし、予言を避けても裏目に出る話は色々とあるんだなぁ。例えば、ギリシャ神話のオイディプス王の話が典型例だが、鄧通の場合もこのパターンだ。文帝の息子景帝などの恨みを買っていた彼は、文帝の死後、本来ならば違法である銭の自家鋳造などの罪により失脚し、全財産を没収されて、占い師の予言とほぼ同様に死んでしまった。

 とりあえず、まあ。文帝の過ちとは別に「同性の愛人だからダメ」というのではない。異性愛だって、こんな不正の要因になるのは珍しくない。というか、異性愛が原因のトラブルの方がはるかに多い。
 それはさておき、なぜ女性やゲイ男性は異性愛男性社会で差別されるのか? それはおそらく「サークルクラッシャー」という概念のせいだろう。サークルクラッシャーとは主に、男性ホモソーシャルにおける「女性」のあり方の一つだが、古代ギリシャの政治家アルキビアデスは「男性版サークルクラッシャー」だったようだ。
『史記』の佞幸列伝には前漢歴代皇帝たちの同性の愛人たちが取り上げられているが、私が思うに、前漢皇帝たちは呂后などの猛女たちに辟易して、同性愛を「癒やし」にしたのだろう。深澤真紀氏が『日本の女は100年たっても面白い』(KKベストセラーズ)で指摘しているように、男性同性愛の文化は女性蔑視と表裏一体にある。その典型例が古代ギリシャの男性同性愛文化だった。

🌺個人サイト「Avaloncity」🌠

ブログランキング・にほんブログ村へ
⭐にほんブログ村
【お願い】お手数ですが、下のいずれかのクリックをお願いいたします。
⭐にほんブログ村 小説
 一応、自作小説がメインのブログです。
⭐にほんブログ村 キャラクタードール
 カスタムドールなどの記事もあります。
⭐にほんブログ村 北海道
 たまには地元ネタも扱います。
コメント

エロいオバちゃんの伝説

2018-07-03 12:00:00 | 歴史雑学
 私は中学時代、近所の公民館の図書室の本を読んで衝撃を受けた。
 始皇帝の母親って、エロいオバちゃんだったのね!?
 確か、永井路子氏の本だったような記憶があるが、始皇帝の母親が「ご立派な」愛人とのドスケベライフを送っていたという記述に、私は度肝を抜かれたのだ。このオバちゃんと愛人のインパクトが強過ぎて、発端になった呂不韋の事など記憶に残らなかったのだが、当時のウブな中学生には刺激が強過ぎた。
 しかし、20世紀の私は彼女の本名など知らなかった。成人してから『史記』を読んでも、本名など載っていない。そして、私は21世紀を迎えた。

「趙姫」「趙太后」って…誰? いつの間にか、そんな名前があったとは? 『史記』には始皇帝の母親の本名なんて書いていないのに、いつの間にかそんな名前が一般的に使われるようになっているのに、私は困惑した。

 現在、始皇帝の母親は「趙姫」「趙太后」と呼ばれているが、『史記』にはこの呼び名はない。「趙国出身だから」とか「趙王室と同じ趙氏である秦王室に嫁いだから」とかの理由で便宜上これら呼び名が使われているようだが、もう一つ小説などで使われる「朱姫」「朱太后」という呼び名の由来はどこにあるのだろうか?
 日本では安西篤子氏や塚本靑史氏の小説、王欣太氏の漫画『達人伝』などで「朱姫」が使われているが、元ネタになった記述は中国の史書か何かにあるのだろうか?
 そんな疑問のある私は、ヤフー知恵袋でこのような質問をして回答があった。
 すると、文学・古典カテゴリーの大物回答者様からリンク先にある回答をいただいた。

《明代の余邵魚《周朝秘史》に朱氏、朱姫の名が使われていました。

第106回「不韋計取朱姬女、朱氏生政於邯鄲」
朱家有一女名姬,生得絕美,不如即來與兒為妾,待其有娠,獻與異人。
→朱家に姫という名の娘がいて、絶世の美人だった。呂不韋は、自分の妾にするよりも、妊娠を待って異人(始皇帝の父、子楚)に献上した。朱氏は政を邯鄲で生んだ。(政は、始皇帝嬴政)
https://ctext.org/wiki.pl?if=gb&chapter=411659&searchu=%E6%9C%B1》

 とりあえず、安西篤子氏の創作ではない名前である。では、ご回答にある余邵魚の創作か? まあ、これ以上追求するのもしょうがないか。
 それはさておき、始皇帝の母親である太后の性的スキャンダルが事実かどうかは眉唾ものだと見なした方が良いかもしれない。「悪女には性的スキャンダルが付きもの」という偏見に基づくでっち上げの可能性も考えられるのだ。同様の事は孝謙天皇と道鏡の伝説にも言える。

《追記》
 ウィキペディアを見ると、孝謙天皇は女性の地位向上に尽力し、多くの実績のある有力な女性に位階勲などを与えたそうだ。ひょっとして、「フェミニストだから悪女のレッテルを貼られた」のか? ヒドいね。

🌺個人サイト「Avaloncity」🌠

ブログランキング・にほんブログ村へ
⭐にほんブログ村
【お願い】お手数ですが、下のいずれかのクリックをお願いいたします。
⭐にほんブログ村 小説
 一応、自作小説がメインのブログです。
⭐にほんブログ村 キャラクタードール
 カスタムドールなどの記事もあります。
⭐にほんブログ村 北海道
 たまには地元ネタも扱います。
コメント

こんなところに出生疑惑

2018-05-27 12:00:00 | 歴史雑学
「始皇帝の実父は呂不韋だ」という説は疑わしい。なぜなら、呂不韋の息子にしては生まれるのが遅過ぎたからだ。

 前漢の武帝の後継者昭帝は、母親が妊娠して14ヶ月経ってから生まれたという事らしいが、これは怪しい。昭帝の母親は無実の罪で処刑されたとされるが、実は何らかの秘密があったのではないのか? 身も蓋もない推測をするなら、昭帝の母親は武帝以外の男性と肉体関係を持って昭帝を身ごもったのではなかろうか? 何しろ、始皇帝の母親には偽宦官 嫪毐 ろう あい との隠し子を生んだエピソードがあるのだ(ただし、昭襄王の母親宣太后にも同様の話があるので、ちょっと疑わしい)。武帝が昭帝の母親を処刑したのは、もしかすると昭帝の出生の秘密を封印するためだったのではなかろうか?
 司馬遷が「始皇帝の実父は呂不韋だった」という説(これもまた、楚の春申君と酷似した話なので疑わしいが)を記したのは、実は武帝・昭帝親子の疑惑を暗示するものだったのではないかと、私は邪推する。

 そういえば、『マルドゥック・スクランブル』のバロットも怪しいなぁ…。本当にあの父親は当人の実父なのか? バロットは人工授精で生まれたという設定だし、『マルドゥック・ヴェロシティ』でも、その辺の怪しさを匂わすエピソードがあったし、実に気になるのね。
 さらに、『ファイブスター物語』14巻でのカイエンのものすごい憤怒の表情(自分の出生の秘密を知ってバランシェを殺そうとした)からして、やはり(カイエンに酷似した出自の)『真・女神転生Ⅱ』の主人公たちは自分を生み出した奴らに対して復讐して当然だろうと思うね。そのメガテンの主要スタッフさんの一人が多神教優位論をこじらせてネトウヨ化してしまったのを知った時にはガッカリしたけど、私は『Ⅱ』の時点でメガテニストをやめたから、別に未練はない。

 日本史で出生疑惑といえば、豊臣秀頼がいる。秀吉は男性不妊症だった可能性が高いようなので、淀殿が別の男性との不倫関係で秀頼を生んだという疑惑だけど、石田三成が実父だという説はそれこそ呂不韋が元ネタじゃないの? 淀殿の乳母の息子だった大野治長が一番の有力候補のようだが、もしかすると無名の誰かが実父だったかもしれないね。下手すりゃ、淀殿自身にも分からなかったのかも…?
 しかし、呂后と審食其にしても、淀殿と誰かにしても、「悪女には性的スキャンダルが付きもの」という偏見でガセネタをでっち上げられた可能性が高い。そもそも悪女=性的に奔放とは限らないし、エッセイストの酒井順子氏は『たのしい・わるくち』(文春文庫)で「ヤリマンにあまり悪い人はいません」と書いている。確かにね、性的に奔放な女性よりも、逆に過剰に性的方面に対して潔癖な女性の方が性格がキツそうだよね。
 私が思うに、宮城谷昌光氏の小説のヒロインになった夏姫には特に「悪女」という印象がない。なぜなら、『春秋左氏伝』などの本を読む限りでは、夏姫という人からは悪女が「悪女」たり得る必要最低限の条件である「自分の意志」が感じられないからだ(モノのように男性たちの間をたらい回しにされている辺りがね)。それに対して、夏姫の娘の姑である「叔向の母」の方が、よっぽど性格がキツそうな気がする(どうやら息子はそんな母親の気の強さを受け継いだらしい)。融通の利かない風紀委員タイプなのね。

🌺個人サイト「Avaloncity」🌠

ブログランキング・にほんブログ村へ
⭐にほんブログ村
【お願い】お手数ですが、下のいずれかのクリックをお願いいたします。
⭐にほんブログ村 小説
 一応、自作小説がメインのブログです。
⭐にほんブログ村 キャラクタードール
 カスタムドールなどの記事もあります。
⭐にほんブログ村 北海道
 たまには地元ネタも扱います。
コメント

世紀の対決、韓信VSハンニバル

2018-03-08 12:00:00 | 歴史雑学
「歴史にifはない」。建前上はそうだ。しかし、「if」すなわち「仮想歴史」を想像(妄想)するのは、歴史ファンが「歴史ファン」である醍醐味である。
 例えば、歴史上の名将たちが古今東西の枠組みを超えて対決するシチュエーションを考えるのは、歴史ファンにはありがちな想像力プレイ(と言うのかな…?)である。ただ、この手の想像を楽しむのは男性の歴史ファンが多い。女性の歴史ファンはもっぱら人物の「関係性」を想像して萌える傾向が強い人が多いだろう。
 とりあえず、まあ。ヤフー知恵袋などで「三国志の武将で誰が最強か?」なんて質問を見るのはゲップが出る食傷気味のネタだ。何だか、今はなきファンロード誌における『北斗の拳』のアミバのネタみたいだ。そんなにいいか、アミバ? ついでに、昔のコーエーの歴史投稿雑誌シリーズにあった「曹豹血盟軍」は明らかにアミバネタを意識して作られたコーナーだった。そりゃあ、「歴史ファンロード」などと揶揄されるのは当然だべさ。

 さて、本題。楚漢戦争の韓信と、カルタゴのハンニバルは、だいたい同時代の人たちであり、稀代の名将たちである。仮にこの二人が戦争をしたら、どちらが勝つかという「歴史if」妄想プレイである(「妄想プレイ」って、いかがわしい表現だな)。地理や軍備などの違いがあるなら、互角の戦力を持てる仮想の戦場に二人を置こう。
 ズバリ、関ヶ原の戦いの東軍の総大将が韓信で、西軍の総大将がハンニバルだったら、どちらが勝つか?

 …あ、どちらがどちらの総大将でも、西軍に小早川秀秋がいる時点で、史実通り西軍の負けかな? しかし、仮に韓信率いる東軍が勝っても、家康は何だかんだ言って韓信を粛清してしまうかもしれない。ハンニバルが東軍総大将だとしても同様だろう。うーん、参った。

《追記・2018/05/31》
 ヤフーブログでの某ブロ友さん曰く、「関ヶ原の戦いは戦場での戦術ではなく人間関係によって勝敗を決してしまった戦であり、仮にそれ抜きで陣形戦術を問題にするならば、西軍の将ハンニバルの方が有利だろう」。なるほど、そうなのか。そうすると、韓信よりもハンニバルの方が名将という事になるだろう。
 東軍と西軍の陣形は、ハンニバルが西軍の総大将だった場合は西軍に(ハンニバルの戦術に)有利なものだったらしい。

🌺個人サイト「Avaloncity」🌠

ブログランキング・にほんブログ村へ
⭐にほんブログ村
【お願い】お手数ですが、下のいずれかのクリックをお願いいたします。
⭐にほんブログ村 小説
 一応、自作小説がメインのブログです。
⭐にほんブログ村 キャラクタードール
 カスタムドールなどの記事もあります。
⭐にほんブログ村 北海道
 たまには地元ネタも扱います。
コメント

気まずいご対面

2018-02-20 12:00:00 | 歴史雑学

 1824年10月、若き詩人ハイネは大詩人ゲーテと会見した。大詩人は後輩に「あなたは今、何を手がけているのですか?」と質問したが、ハイネはハッキリキッパリと「ファウストです」と答えた。
 そう、ファウストといえばゲーテのライフワーク『ファウスト』だ。途端に気まずい空気になり、ハイネはサッサと退散した。ハイネは悪魔メフィストフェレスを女悪魔に変えた詩を作ったが、私はそちらは読んでいないので、感想を書きようがない。

 ゲーテの『ファウスト』の第一部は恋愛がメインテーマなので比較的とっつきやすいが、第二部は政治や経済などのテーマが色々とある上に、あっちゃこっちゃに時空を超えて物語が展開するので難しい。第一部が「箱庭」なら、第二部は青天井の大草原か、大海原か? いや、ああ果てしない大都会か?

 個人的には『史記』の呉起列伝はゲーテの『ファウスト』の雛形のように思える。己の立身出世のために愛する妻を犠牲にし、嵐を呼ぶ男。そんな彼の同類として秦の 商鞅 しょう おう がいるが、彼らはいわゆる「法家」である(呉起は兵家でもあるが、ある人曰く「兵家は法家の究極の形」なので、別に違和感はないだろう)。諸子百家の法家の元祖が誰かは意見は様々だが、春秋時代の斉の管仲や鄭の子産辺りが元祖であろう。
 春秋時代には鄭という国があった。この国は由緒あるが小国だった。そして、子産こと 公孫僑 こうそん きょう がこの鄭の宰相だった。
 法家思想は儒教のアンチテーゼとされる事が多いが、孔子は法家の元祖とされる子産を尊敬していた。前述のハイネもゲーテを尊敬していたのだが、もし仮に若き孔子と老宰相子産との会見が実現していたら、ハイネがゲーテに会ったのと似たような気まずい雰囲気になっていた可能性はある。
 現に、孔子は子産と並ぶ名宰相である斉の 晏嬰 あん えい と意見対立しているのだ。晏嬰は本によっては管仲や子産と同じく法家に分類されている(微妙に違和感があるが)。そんな晏嬰との関係からして、子産と孔子との相性も良くなかったかもしれない。

 …と思っていたが、訂正。『史記』鄭世家を読んだら、何と、孔子は実際に子産と会見して、しかも意気投合したのですね!? 失礼しました!

 司馬遷が『史記』での子産の列伝を「循吏列伝」という「僻地」に置いたのは子産に対する過小評価だと見なす人たちはいるが、もう一つ、仕えた国が小国過ぎたというのもあるだろう。いや、楚の 孫叔敖 そん しゅくごう もいるか…。ただ、孫叔敖は主君荘王(春秋五覇の一人に数えられる事が多い名君)の個性が強過ぎるというのもあるか…よく分からん!

🌺個人サイト「Avaloncity」🌠

ブログランキング・にほんブログ村へ
⭐にほんブログ村
【お願い】お手数ですが、下のいずれかのクリックをお願いいたします。
⭐にほんブログ村 小説
 一応、自作小説がメインのブログです。
⭐にほんブログ村 キャラクタードール
 カスタムドールなどの記事もあります。
⭐にほんブログ村 北海道
 たまには地元ネタも扱います。
コメント