工房「あかほ」の作業日誌

管理人の趣味である鉄道模型の加工・改造日誌です
どうぞごゆっくりご観覧ください

2020.01.02-04 尾道・福山建築めぐり(その2)

2020-05-28 01:33:21 | 旅行記(建築)


LOGの素晴らしい空間を体験した後、街に降りてお昼を簡単に済ませてから
尾道城を目指します。
一眼を入れたリュックを背負っての登り坂は
なかなか大変…。この日だけでも何度も上がったり下ったりを繰り返しました。
海岸から山裾までの距離がかなり短いのですが、そのため斜面もかなり急です。
坂の街、というよりも階段の街です(笑)



千光寺山を登って、ようやく尾道城にやって来ました。
もう310年近く前に閉鎖されたということですが、その割には状態はいい方なのでは?
しかし、近くで見るとその大きさに圧倒されますね。



よく見ると、ちゃんと木製の欄干もあります。
窓は腰までの嵌めごろし窓とスチールサッシの引き違い窓の組み合わせなので
一般的な天守閣のように外に出たりは出来なかったようです。
まぁ、元は博物館なんですもんね。



入り口には例の人形も残ってました(笑)



千光寺山を散策しながら尾道共楽園のそばにあるみはらし亭へ。
ここは元別荘建築の空き家をNPO法人がリノベーションし、カフェを併設するゲストハウスにしています。
その名の通り建物からの見晴らしは抜群!
尾道の街並みから尾道水道、そしてしまなみ海道の入口 尾道大橋も見えます。
夜景も最高でしょうね~今回はカフェ利用だけでしたが
今度は泊まってみたいです。





そしてもう一つのメインだったガウディハウスこと旧和泉家別邸。
外観からもわかるようになかなか複雑な平面•断面構成をしており
屋根もかなり特徴的。なんと地下室もあるのだとか…。
こちらも空き家になっていたものをNPO法人が買取り、保存しているようです。
こちらは常時開放はされていませんが外観だけでもこの密度は一見の価値ありですね。



尾道水道の見る夕日。



夕食を済ませてから再びLOGへ。夜はBAR利用で。
昼間は明るい空間でしたが、夜は照明の明るさも落としてかなり落ち着いた空間に。



瀬戸内レモンのジントニックとても美味しかった!
坂の往来で疲れはありましたが大満足の一日でした。

その3へと続く
コメント

2020.01.02-04 尾道・福山建築めぐり(その1)

2020-04-22 02:06:37 | 旅行記(建築)
新たなカテゴリーに「旅行記(建築)」を追加しました。
本業が建築関係ということで専門学校へ入学した2012年からこれまで
旅行といえば建築・芸術関係をメインにしたものが多くなりました。
特に社会人になり、少し仕事に慣れてきた2018年からは月一程度のペースで泊まりの旅行をしてきました。

正直なところ、こちらのブログ更新頻度が大きく開いてしまったのも興味やお金のかけ方がそちらへ向いていたからです。

今となって、あらためて鉄道模型を弄る時間や環境を作ることができたため
ブログやtwitterに投稿する機会も増えました。

このブログも鉄道趣味に絞っていこうと思っておりましたが
それでは更新頻度があまりにも少なく、内容の充実には程遠いこの現状をよろしくないと思いまして
これからは鉄道趣味以外をメインとした旅行記事も投稿しようと思います。

これまで、鉄道・鉄道模型関係のことに興味を持って記事を見に来てくださっていた方々には
少し目障りかも知れませんが
旅行にご興味がお有りでしたら、少し除いていただけると幸いです。

--------------------------------------------------------------------------------------

2020.01.02

本年の年越しは地元で過ごしました。
大晦日・元旦は実家でゆっくりと過ごし、2日から2020年一発目の旅行へ出発です。
今回の目的地は以前から興味のあった尾道・福山。
ここ数年でかなり盛り上がってきた瀬戸内エリアでも人気のエリアです。



赤穂線→山陽本線乗り継ぎまして尾道へ。
以前、広島からの帰り道に通過したことはありましたが、降り立つのは初めてです。



ホームから見える「尾道歴史博物館」、通称:尾道城。
ながらく尾道駅北にある千光寺山にあり、シンボルのような建物だが
歴史的なものではなく(とはいえ60年近く前の建物ではある)、去年解体が決定しました。

解体決定の情報しかなかったので、訪問時形をとどめているか心配でしたが
なんとか残っていました。尾道城へは後ほど向かいます。



今回、尾道を訪れた最大の目的は「LOG」です。
尾道の千光寺山中腹にあるホテルで、かつての鉄筋コンクリート造のアパートを
インドの設計事務所、スタジオ・ムンバイがプロデュースしてリノベーションされました。



通路にあった壁手すりは取り払われ、かつての住戸部分が丸々オープンスペースとなっています。
壁が取り払われたことによって海と山側の中庭が繋がり、その間で瀬戸内の風を感じながらくつろぐことができます。
ホテルでありながら、敷地内は地元の方や観光客の集う公園のような場所で
建物内の随所に設けられたこの「余白」のスペースがなんとも良いです。







三が日なので、エントランスには鏡餅も(笑)



掻き落とし仕上げの土間の素朴さがなんとも心地いい・・・。
全体的にミニマムでありながら、柔らかさを感じるディテール。



トイレは白を基調とした、明るくシンプルな雰囲気。
壁床ともにそろえられたタイルが包み込んでくれるような安心感を感じる。

日本離れしたような、おおらかな空間。
しかし使われている色はどれも個性的でありながら、まるでこの土地に何年も前からあったかのような馴染み方。
実に不思議ですが、とても居心地のいい場所でした。

中には宿泊者以外も利用できるBAR&CAFFEもありますがそれは後ほど・・・

その2へ続く
コメント

TOMIX 281系

2020-04-19 16:55:15 | 鉄道模型:特急・急行列車


久々の投稿です(もうこの挨拶が当ブログの恒例となりつつあります)

2020年一発目の竣工はTOMIX・281系です。
twitterでは加工状況を記録がてらに画像をあげてましたが、こちらでは初登場です。

実車はすべてキティ化、増結用の271系は運行開始早々新型ウイルス感染症の煽りを受けて運用離脱と
何かと話題の絶えない形式ではあります。1994年登場ということはもう16年走り続けてるんですね~。



購入当初の状態。
公式HPに製品画像が載った時
誰しもがライトまわりを塗りたくなったんじゃないでしょうか(笑)
印象把握はばっちり! さすがTOMIXです!
複雑なテールランプやスカート周りもきれいにまとまってます。連結器の胴受は省略されていますがあとから何か付けましょうかね・・・。

近ヒネ HA605編成に仕立てました。
増結なしの6両、どノーマルな編成です。

まずは台車・床下機器の塗装から。



私事ではありますが、鉄道模型暦14年目にしてエアブラシを導入しました。
各所からエアブラシのすすめは受けていたのですが
なかなか踏み切れず・・・。
最近になって趣味の時間が確保しやすくなったため思い切って買っちゃいました。

案の定ですがエアブラシ、めちゃくちゃいいです!笑

エアブラシを導入したことで筆塗りではできなかった繊細な表現や、均一な仕上げができるようになりました。



床下機器の色は鉄道カラーのねずみ1号とMr.カラー35(明灰白色1)を3:4程度で混色したものです。
あくまで個人的な好みですが、成型品のグレーより少し明るめにしています。
洗浄後、ガイア・マルチプライマーで下地処理をしてます。
比較用に台車未塗装の227系を。



トイレタンクはRailroad Model Rさんのものを使用します。
こちらも台車同様下地処理→サフ吹き→調色グレーで仕上げてます。
3Dプリンターのおかげで立体成型のパーツが豊富になりましたよね。



個人的にかなり悩んだのがクーラーのFRPカバーの色について。
まだ確証はないのですが、照り返り具合などを見るとシルバー塗装がされているのかなと、個人的には結論付けました。
しかし本体とカバーで金属と樹脂の素材感の違いを出すために色を違えて塗装してます。





普通車の座席はシートパーツが別パーツ化されてますが
床も一体として塗装してます。サフ吹き→特徴的な黄色の枕カバー→座席下半分・床の茶色→上半分のベージュ塗装(これだけ筆塗り)の手順です。
グリーン車はシートパーツ一体方なので座席のみ筆塗り、マステで作った枕を貼り付けてます。



カーテンは当初エヌ小屋さんの汎用シールを使用予定でしたが
試しに自作したマステのカーテンが悪くなかったので、そのまま採用しました。
seriaのマスキングテープが無地の白色でなかなか使えます。
マステの表面をアルコールで拭き、タミヤアクリル塗料のダークグレーで塗装してます。
ピンセットで端から3分の1くらいのところをつまんで型をつけるだけのお手軽カーテン。
色も自由ですし、なんせ安い(笑)

ライト周りにはダークグレーで色入れ、前面のステップはメタリックシルバーで塗装してます。



残工事はスノープラウ取付、方向幕の貼付けを予定してます。
(パーツがまだ手配できてません)

281系は昔から好きな車輌だったので毎日眺めていても飽きません(笑)

くろしおは仕事で紀伊田辺・白浜へ行く際によく利用したんですが
はるかはまだ乗ったこと無いんですよね。
関西空港は何度か利用したことがあるんですけど、自宅からだとシャトルバスが圧倒的に便利なんです。

また9両編成の姿を見られることを願ってます。
コメント

227系A+S編成

2018-09-04 01:17:11 | 鉄道模型:近郊・通勤列車


こんばんは。久々の投稿です。
仕事の合間を縫って弄っていたTOMIXの227系が竣工しました。

正直、おでこの肉厚が少なく実車を見るたび「似てないな~」と思ってしまいます。
その点KATOの225系100番台や323系は特徴を良くとらえていると思います。
225系0番台製品化の時とは真逆ですね。

とはいえ細部の印刷や前面の転落防止幌等のギミックは良くできており
加工をしていくだけでも十分楽しめる車両です。

加工の内容としては・・・
・座席塗装
・前面の色入れ(フロントの窓ガラス各種表示まわりのブラックアウト、ライトリム)
・優先座席シール(内貼り)
・ドア注意表示インレタ
・空気バネ部分色入れ
・行先表示(内貼り)
・所属表記インレタ...等々



今回、初めて所属表記を入れてみましたが視覚効果は抜群ですね!



光の当て方でギラギラして申し訳ございません。

かつて225系を所有していた際には挑戦しなかった前面ガラスのブラックアウトも
粗は目立ちますが、やってよかったなと(笑)





ライトリムの色入れは裁縫で使うマチ針にタミヤカラーのエナメル塗料(クロームシルバー)をつけて
少し粘度が増した頃合にちょん付けする感じで。





行き先は今年2月に広島を訪れた際にお世話になった
「普通(赤) 岩国」にしました。まったくもってスタンダードな行き先ですが
この赤のラインカラーが好きなので当分はこのまま楽しもうと思います。

先日、JR尼崎駅で乗り換え待ちをしていると試運転中の227系が走っていき
思い出したように模型も整備しました(笑)

まだまだやりたいことはありますので、その時は追加記事に載せます。

ひとまず、復帰第一作目ということで!
コメント

近鉄30000系ビスタEX ライトの点灯具合をチェック

2016-09-21 01:14:18 | 鉄道模型:特急・急行列車


こんばんは。

ビスタEXのライトの点灯具合を確認します。



ヘッドライトの明るさは十分。
部屋の照明が電球色なので写真ではヘッドライトが白く写っていますが
実際は電球色で点灯します(着色されたプリズムを通して)

下部のフォグランプはもう少し濃い目に着色してあげた方が雰囲気が出るかもしれません。
さすがにこの大きさでは二灯化は再現できませんかね・・・笑



光源は白色のチップLED。
テールもヘッドほどではありませんが明るく、
斜めから見ても明るさに問題はありません。

さてどの編成にするかが迷いどころですね。
コメント