Akatsuki庵

茶道具に関する展覧会を巡りつつ、
日本各地を少しずつ旅してます~

青春18きっぷで年の瀬旅~その2 関西を越えて

2019年01月07日 06時03分18秒 | 旅行・散歩
前回からの続き~

2018年12月28日(金)のこと。

始発の東海道本線を乗り継いで約7時間、米原まで辿り着いた。

ここからはJR西日本の管内。

姫路行きの新快速に乗って、ホッと一息。

いつもは石山か京都、三ノ宮まで乗るんだけど、今回は終点の姫路まで行く。
乗車時間は2時間27分! 熱海→浜松間の2時間29分とほぼ一緒。

いつもならば2時間以内なので、お手洗いを気にすることはないけれど、
2時間以上となれば話は変わってくる。

昼食をつまむ前に行っておこうかと席を立って、歩き出してから愕然とした。
私が乗ったのは7号車。お手洗いは先頭の1号車まで行くか、途中の駅で9号車に乗り移らないとならない。
(8号車-9号車間は通り抜けができない)

諦めて席に戻った。(次に利用する時は大垣で乗る車両を少し考えよう)

時計は12:30。そろそろ小腹も空いてきた。
ということで、ヤマザキのランチパックを食べた。

ちなみに、ランチパックは2袋買うことにしている。1つはピーナそッツバ、もう1つは苺ジャム&バター。
豊橋で苺ジャムと食べたので、ここではピーナッツ。
(長距離移動なので、諸々考えて惣菜系のものは避けるようにしている)

外は最初は雪が降っていたけれど、能登川あたりで雨に変わっていて、やはり気温が違うんだなぁと思った。

車内もどんどん混み合って来て、京都でどっとと降り、大阪でまたどっとと降りて行った。
隣席は大きな紙袋を置いた若い男性が米原からずっと座っていて、名古屋以東からの長距離客だと思われたが
大阪を過ぎてもまだいるので、「どこまで行くんだろう?」と思っていたら、三ノ宮で下りていった。

神戸の子だったのねぇ。

いつもなら私も下りるんだけどなぁと思いつつ、須磨を過ぎ、明石を過ぎて。

三ノ宮から姫路までの新快速は何度も乗ったことがあり、40分ほどなんだけど、
とても長く感じた。

14:47に姫路到着。

次の乗り継ぎは15:03でちょっと時間がある。

まずはお手洗いへ行って、ホームに戻った。

まだ少し時間がある。

目の前に立ち食いうどん屋があった。
寒かったし、ランチパックは腹持ちもよくなかったので、食べたいなぁ。

でも、ちょと割高だなぁ。。。と思いつつ、電車を待っていた。

ふと振り返り、ポスターをよくよく見たら14:00-17:00はタイムサービスで300円。

しかし、もう間に合わない。

後から検索したら、「日本一美味しい立ち食いそば屋」さんという評価もあるらしいとのこと。→こちら

惜しいことをした
次に機会があったら、食べてみよう。

15:03の播州赤穂行きに乗車、相生で乗り換えて岡山を目指した。

山陽本線は春にも乗ったけれど、車窓をあまり覚えてなくて。

今回は途中で和気清麻呂の石碑とか見えたし、閑谷学校の最寄り駅とか、「相変わらず、いろいろ持ってるな、岡山」。

16:31、岡山駅に到着。

相生始発の電車は糸崎行き。糸崎の一つ前が尾道。
だから、品川を始発で出発したら、尾道到着は17:56となる。

ほーっ。
でも、そこが限界かなぁ。

と思いつつ、駅前へ。

約11時間の旅だった。

次回に続く~
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 小寒 初候 芹乃栄 | トップ | 青春18きっぷで年の瀬旅~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行・散歩」カテゴリの最新記事