絆と友(人間としての教育、社会にあっての教育)

教育の在り方は時代と共に問われるべきことだと思う。

尊重、教育

2018-07-02 22:08:47 | 社会理念、自論
人間関係から社会常識を学び、いろんな人たちの考え方を知ることができた。誰かに肩を寄せるのではなく自分の考え方を大切にして付き合うことが互いに尊重し合えるってことを知っていったように思う。
そしてこの時ぐらいから教育ということに興味を持つようになった。学歴中心の教育に反発し始めたころで反抗期だったかな、まだ中学生ぐらいの時でした。それから初恋を知るのもこの時ぐらい、ちょっと色々あってはぐらかしておきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人間関係 | トップ | 義理と人情 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会理念、自論」カテゴリの最新記事