絆と友(人間としての教育、社会にあっての教育)

教育の在り方は時代と共に問われるべきことだと思う。

自立と依存

2018-09-26 06:30:52 | 社会問題
自立した考えに触れる。甘えた人の考えと言うのは依存した考えと言うことなので敬遠されるものなのです。誰かに依存しようとしているので互いに依存しあう行為は否定されることになるのです。自立した人と言うのは自分の表現のできる人を言います。それは言葉だけの表現だけではなく行動も含まれます。そして単独と言うことではありません。どちらかといえば依存している人の方が単独になりやすく被害妄想的になりやすいのです。自立した表現と言うのは認められる行為行動を示すものなのです。社会的に認めにくい人もいますが、不幸なことになることが多いと思います。ただそれでも理解したくなるのではないでしょうか。また自立と言うのはいろんな言われ方もします。男性として女性として社会人として、平等の観点から人としてと表現させてもらいます。人として自立した表現、感情を持ち合わせていたいと思います。過度の依存は自分を見失わせ、自分の人生を否定せざるを得ないことになるのです。人間関係を尊重し自立した感情を持ち合わせて社会の中で生活していきたいですね。
コメント

幸福の自立

2018-09-25 06:30:14 | 社会問題
意思、感情の乱れ。生活している中で必ずあることなのだが、その幅で問題になることがある。定番なのが母親などが言うきちんとした生活をしなさい。なのだがきちんとした生活ってきちんとした答えを出せる人はいないようです。自分の生活に対する判断になるだろうと思う。その感情の判断で生活の幅が定まるのではないでしょうか。虐待、特に子供との生活の中で出て来ている。きちんとした生活にの言葉に拘束されているように思う。マンネリとマニュアル化した社会の生活で新生児との生活に戸惑い、きちんとした生活という言葉に拘束されてしまう。ダメママに自分を追い込んでしまう姿が人々に哀れなものに見られる。取り残されである。自立した女性像からダメママ、哀れなママである。同じ社会の中にある自立したキャリアとママであるはずのことなのだが、立ち向かって行けないのだろうか?皆んな待っているキャリアウーマンも優しいママも自立した女性像として、前にある幸福という共有物になることを。自立した女性、男性、を社会の中で望んでいるのです。
コメント