朝鮮半島と中国と世界の動き

最新の週刊誌及び月刊誌などの拾い読み 朝鮮半島での出来事及び中国の政治経済などテレビ新聞が
報道しない記事を拾う

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

圧力をかけて、核ミサイル開発をストップさせてほしい。

2017-04-21 20:05:43 | 政治


習近平: トランプ政権としては、金正恩政権の転覆を目論んでいるのか? もしくは朝鮮という国家の崩壊を目指しているのか?

トランプ: われわれの目的は、北朝鮮に危険な核とミサイルの開発を止めさせることだ。金正恩が止めるというなら、レジームを存続させるし、あくまでも止めないというのなら、止める政権に代わってもらうことになるかもしれない。また、北朝鮮という国家を崩壊させることまでは考えていない。

習近平: 朝鮮の崩壊は、中国も決して望まない。

トランプ: 中国には、北朝鮮に対してもっと強い圧力をかけてほしい。どんな手段を使おうが構わない。

習近平: わが国としても、できる限りの対応は取り、かつ金正恩政権を説得していくので、北朝鮮に対する先制攻撃のようなことだけは慎んでもらいたい。

トランプ: オバマ政権は中国を敵に見立てて、南シナ海で「航行の自由作戦」を繰り返したりしていたが、わが政権は中国を味方だと思っている。どうか北朝鮮に対して、しっかりと圧力をかけて、核ミサイル開発をストップさせてほしい。

米中両首脳は、4月12日にも再度、緊急電話会談を行っている。その内容は、まだ伝わってきていないが、想像するに、習近平主席がトランプ大統領に対して、「とにかく性急な北朝鮮攻撃のようなことは止めてほしい」とクギを刺したのだろう。

これに対してトランプ大統領は、「それだったら中国が早急に手を打ってくれよ」と返したのではなかろうか。

現代ビジネス からの引用記事

 
 
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国も韓国も依存するWHの技術 | トップ | 中国に欧米企業が保有する高... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事