名作映画の鑑賞記

国際映画祭で賞を受賞した作品の鑑賞記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三菱電機の冷凍冷蔵庫の自動製氷機の故障に対するメーカーの無責任さに怒り

2015-12-17 08:58:43 | Weblog
2008.5.4購入の三菱電機の冷凍冷蔵庫MR-TE40Nで、自動製氷機の不具合で自動的に製氷塊(約20×20×20)ができずに、形が崩れて一体化した氷塊ができるようになった《個々の氷の塊群でないので、小さい氷塊に砕いて使用する必要あり》
IMG_0863

現地現物を具体的に調べたところ、自動製氷機の製氷皿(プラスチック製の氷塊仕切りケース)の回転軸受け部位が破損していた(写真参照)。このため、製氷皿に水が溜まらず、製氷できずに水のまま滴り、落下し、真下にある製氷ボックス内で一体化して凍る。また、製氷皿がたこ焼きのように回転しないので、製氷皿でできた製氷塊も製氷ボックスに落下せず、製氷機に固着したままになる不具合が発生しているようだった。※写真は手で製氷皿を下向きに回転させた状態(本来は上向きで水が入ってあり、製氷できると自動的に180°回転し、製氷塊が落下する機構)
IMG_0837_R
ネットで三菱電機の自動製氷機の不具合事例を検索したところ、機種違いの多くの冷凍冷蔵庫で製氷皿の破損があり、リコール告示されていた。また、類似のユーザークレーム事例を数多く見つけました(プラスチックの耐久強度不足が原因と思われる)
《リコール告示の抜粋》
冷凍冷蔵庫搭載の自動製氷機の製氷皿が稀に破損し、
破片が貯氷箱の氷の上に落下する可能性があることが判明致しました。
 日頃は三菱製品をご愛顧賜りまして、厚く御礼申し上げます。
 2003年10月(平成15年)から2004年10月(平成16年)までの間に製造致しました「三菱冷凍冷蔵 庫」3ドアタイプ MR-CU37E、MR-CU37NE、MR-CU33NEの、自動製氷機の製氷皿が稀に破損し、破片が貯氷箱の氷の上に落下する可能性があることが判明 致しましたので、無料で点検・修理をさせて頂きます。
 つきましては、当該製品をご愛用のお客様には大変ご迷惑とお手数をお掛け致しますが、下記フリーダイヤルまでご連絡くださいますよう謹んでお願い申し上げます。
なお、下記以外の「三菱冷凍冷蔵庫」は修理の対象ではありません。安心してご使用いただけます。
 お客様には心より深くお詫び申し上げます。
■対象形名と対象製造番号 形名・製造番号 表示位置
対象形名 対象製造番号 対象台数 製造期間 発売開始
MR-CU37E-A 400001~410860 10860 2003年10月~
2004年10月 2003年11月
MR-CU37E-C 400001~411776 11776
MR-CU37E-W 400001~406555 6555
MR-CU37EL-A 400001~400708 708
MR-CU37EL-C 400001~401091 1091
MR-CU37EL-W 400001~400702 702
MR-CU37NE-T 400001~405621 5621 2004年4月~
2004年10月 2004年5月
MR-CU37NEL-T 400001~400363 363
MR-CU33NE-C 400001~422578 22578 2003年12月~
2004年10月 2004年2月
MR-CU33NE-W 400001~411477 11477
MR-CU33NEL-C 400001~401862 1862
MR-CU33NEL-W 400001~401259 1259
■点検・修理内容
お客様宅にて「無料」で点検・修理させて頂きます。
■点検・修理時間
およそ30分程度です。


早速、三菱電機の「お客様相談口」に電話して、リコール対象機種でないが、リコールと同じ「製氷皿の破損」が発生して、不具合がでていることを話し、リコール対応を要請しました。
しかし、お客様相談口の神田責任者の回答は、リコール対象外だから、有償修理だと主張し、無償では絶対対応しないとのことでした。
2003年にリコール告知しながら、2006年購入の冷凍冷蔵庫に搭載の自動製氷機に同様の破損不具合が発生している事実に対し、メーカー責任を認めないのは全く納得できません。
私はエヤコン3台、電子レンジ、地デジなど三菱製品を愛用していましたが、今後、三菱製品を購入しないことに決めました。

尚、自分で製氷皿の割れた部位をプラスチック・ハンダで樹脂盛りして、割れを修理できたので、本来の自動製氷ができるようになりました。

IMG_0861_R
ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
« エネミーライン | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事