名作映画の鑑賞記

国際映画祭で賞を受賞した作品の鑑賞記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三菱電機の冷凍冷蔵庫の自動製氷機の故障に対するメーカーの無責任さに怒り

2015-12-17 08:58:43 | Weblog
2008.5.4購入の三菱電機の冷凍冷蔵庫MR-TE40Nで、自動製氷機の不具合で自動的に製氷塊(約20×20×20)ができずに、形が崩れて一体化した氷塊ができるようになった《個々の氷の塊群でないので、小さい氷塊に砕いて使用する必要あり》
IMG_0863

現地現物を具体的に調べたところ、自動製氷機の製氷皿(プラスチック製の氷塊仕切りケース)の回転軸受け部位が破損していた(写真参照)。このため、製氷皿に水が溜まらず、製氷できずに水のまま滴り、落下し、真下にある製氷ボックス内で一体化して凍る。また、製氷皿がたこ焼きのように回転しないので、製氷皿でできた製氷塊も製氷ボックスに落下せず、製氷機に固着したままになる不具合が発生しているようだった。※写真は手で製氷皿を下向きに回転させた状態(本来は上向きで水が入ってあり、製氷できると自動的に180°回転し、製氷塊が落下する機構)
IMG_0837_R
ネットで三菱電機の自動製氷機の不具合事例を検索したところ、機種違いの多くの冷凍冷蔵庫で製氷皿の破損があり、リコール告示されていた。また、類似のユーザークレーム事例を数多く見つけました(プラスチックの耐久強度不足が原因と思われる)
《リコール告示の抜粋》
冷凍冷蔵庫搭載の自動製氷機の製氷皿が稀に破損し、
破片が貯氷箱の氷の上に落下する可能性があることが判明致しました。
 日頃は三菱製品をご愛顧賜りまして、厚く御礼申し上げます。
 2003年10月(平成15年)から2004年10月(平成16年)までの間に製造致しました「三菱冷凍冷蔵 庫」3ドアタイプ MR-CU37E、MR-CU37NE、MR-CU33NEの、自動製氷機の製氷皿が稀に破損し、破片が貯氷箱の氷の上に落下する可能性があることが判明 致しましたので、無料で点検・修理をさせて頂きます。
 つきましては、当該製品をご愛用のお客様には大変ご迷惑とお手数をお掛け致しますが、下記フリーダイヤルまでご連絡くださいますよう謹んでお願い申し上げます。
なお、下記以外の「三菱冷凍冷蔵庫」は修理の対象ではありません。安心してご使用いただけます。
 お客様には心より深くお詫び申し上げます。
■対象形名と対象製造番号 形名・製造番号 表示位置
対象形名 対象製造番号 対象台数 製造期間 発売開始
MR-CU37E-A 400001~410860 10860 2003年10月~
2004年10月 2003年11月
MR-CU37E-C 400001~411776 11776
MR-CU37E-W 400001~406555 6555
MR-CU37EL-A 400001~400708 708
MR-CU37EL-C 400001~401091 1091
MR-CU37EL-W 400001~400702 702
MR-CU37NE-T 400001~405621 5621 2004年4月~
2004年10月 2004年5月
MR-CU37NEL-T 400001~400363 363
MR-CU33NE-C 400001~422578 22578 2003年12月~
2004年10月 2004年2月
MR-CU33NE-W 400001~411477 11477
MR-CU33NEL-C 400001~401862 1862
MR-CU33NEL-W 400001~401259 1259
■点検・修理内容
お客様宅にて「無料」で点検・修理させて頂きます。
■点検・修理時間
およそ30分程度です。


早速、三菱電機の「お客様相談口」に電話して、リコール対象機種でないが、リコールと同じ「製氷皿の破損」が発生して、不具合がでていることを話し、リコール対応を要請しました。
しかし、お客様相談口の神田責任者の回答は、リコール対象外だから、有償修理だと主張し、無償では絶対対応しないとのことでした。
2003年にリコール告知しながら、2006年購入の冷凍冷蔵庫に搭載の自動製氷機に同様の破損不具合が発生している事実に対し、メーカー責任を認めないのは全く納得できません。
私はエヤコン3台、電子レンジ、地デジなど三菱製品を愛用していましたが、今後、三菱製品を購入しないことに決めました。

尚、自分で製氷皿の割れた部位をプラスチック・ハンダで樹脂盛りして、割れを修理できたので、本来の自動製氷ができるようになりました。

IMG_0861_R
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エネミーライン

2014-07-09 23:00:38 | Weblog
2001 NATO軍の米軍空母から、飛ったった海軍偵察機が偵察飛行中に、ボスニアヘルツェゴビナのセルビア人武装勢力により撃墜され、敵地のど真ん中に不時着したが、機密情報をつかんでいたので、パラシュート効果したパイロットが執拗な敵の追跡受ける。そのパイロットのセルビア人武装勢力の追跡からのバイバルする戦争アクション映画。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1957 Love In the Afternoon 昼下がりの情事 

2014-06-30 23:03:11 | Weblog
昼下がりの情事 オ-ドリ-・ヘップバーン主演,
ひょんな事から、探偵の娘で音楽学生(オ-ドリ-・ヘップバーン)が米国の富豪とパリのホテルを舞台にして恋愛ごっこの果てに、結婚するという喜劇風な物語。1957年制作
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1961 荒馬と女 マリリン・モンロ

2014-06-29 23:11:29 | Weblog
アメリカ西部の町で、離婚したばかりの”純粋で、世間知らずのような”元ダンサー(モンロー)が年老いたカーボーイと修理工の二人と知り合い暮らし始めたが、ある時、6頭の野生の馬(荒馬)をドッグ・フードの材料として売るために、捕獲した。女は捕獲し、やがて殺される馬の運命を知り、純な心を揺さぶられて、男たちを罵り、男たちから、去っていこうとする。その女の気持に、大いに動かされて、男たちも、せっかく捕獲した荒馬を放つ。という動物愛のストーリだったので、映画としては、・・・・。
しかし、野生馬の捕獲シイーンは十分迫力あった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お熱いのがお好き

2014-06-28 23:59:01 | Weblog
禁酒法のシカゴで、偶然、ギャングの抗争に巻き込まれた失業中のミュージシャンのジェリーとジョーがギャングの殺人事件を目撃したためにギャングに追われるはめになる。
ギャングから逃げるために、女装して何とかフロリダ行きの女性楽団にもぐり込んだものの、楽団のシュガー(マリリン・モンロー)にジョーが一目惚れしてしまう。
ここから、ドタバタ喜劇がはじまり、ハッピーエンドで終わったが、モンローの演技もよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パピオン

2014-06-28 23:18:07 | Weblog
パピオンと呼ばれた男が大勢の囚人とともにフランスの刑務所から、南米仏領ギアナの大西洋の孤島の監獄に送られた。そこで、債権偽造の罪状で同時に同監獄に送られた書類偽造名人と知り合い、二人は協力して、脱獄を企てるが・・・。
スティーブ・マックインとホフマンが共演。1974年制作
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

影武者

2013-11-08 09:45:03 | Weblog
戦国時代、武田信玄の影武者になった男を通して、戦国武将の信玄、勝頼、信長、家康および信玄の老臣の生きざまを描いている映画。物語は、突然の信玄死亡後、3年間を極秘扱いにせよとの信玄の遺言を守るべく、老臣一同、影武者が日夜努力し、武田家全員が影武者を信玄本人と信じこんでいたが、影武者がたまたま乗馬した信玄の愛馬から、落馬し、影武者という真相がばれてしまった。その結果、影武者は、武田家から、お役御免として追放される。それからしばらくして、新しく当主になった武田勝頼が信玄の遺言を無視して、長篠の合戦に打って出て、織田・徳川軍に大敗、自滅していくのを追放された元影武者が合戦上で第3者として傍観していたが、彼は、戦国大名の都合で波乱万丈の人生を送ることになったのだ。
1980年、黒沢明監督作品。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楢山節考

2013-10-26 00:39:30 | Weblog
今村昇平監督、1985年。
貧しくて食っていくのが、精一杯の山村を舞台にした、70歳になった老人を食いぶち減らしのために、[姥捨て山に捨てる]をテーマにした物語だが、実際にあったの史実なのか甚だ疑問だ。映画では、これでもかこれでもかとある山村の貧しさとムラの風習などが描かれ、戦後育った私は違和感を覚えた。仏のパルムドール受賞作品とのことだが・・・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1925  Battleship Potemkin  戦艦ポチョムキン 

2013-10-25 20:48:30 | Weblog
1905年起こった第1次ロシア革命下、戦艦ポチョムキン号でも、突発的に発生した暴動事件の経緯とその中で暴動者たち(一般水平たち)の揺れ動く心理状態を描き出した映画だった。モノクロとサイレントのため、臨場感をあまり感じなかった反面、100年前にタイムスリップして、観賞できました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1991 八月の狂詩曲 Rhapsody In August

2013-10-25 00:18:30 | Weblog
黒沢明監督の約20年前の作品
終戦を決定づけた米国の長崎原爆投下を題材に、被爆した老婆の生い立ち、兄弟、子供、孫を織り交ぜ、人間模様を描いた社会性豊かな映画でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加