ノートとえんぴつ

あかしかのつづき

すてきな演奏会

2013-01-29 20:42:50 | 日々のできごと

扉をあけるとそこはゆったりあたたかくて

あなたを囲んで椅子をおいて

コーヒーかハーブティーを飲みながら

わたしたちはこっくり耳を傾ける

***

1曲の演奏を受け取るたびに

わたしたちはほうっとため息をついて

心からの拍手を送り

静かに次の曲を待つ

***

立派なステージはなくても

あなたとわたしたちの間には

きちんと境界線があり

ゆるやかな緊張感があり

演るひとと聴くひとは

はっきり区別をつけたほうがいい

手拍子やコーラスを求められるのは

あまり好きではない

あなたの演ることを

全身をアンテナにして受け取りたいから

受け取ることに徹したいから

***

ときには目をつぶり

暗闇のなかにあなたの声が浮かんで響くのを楽しみたいし

ほろりと涙をながすことも

ゆるゆるの笑顔がこみあげてくることも

どうかゆるしてください

***

お客さんの数は

多くても少なくてもいいけれど

できるならば

そこにいるひとみんなが

ひとりのこらず

こっくり耳を傾けているような

そんな一体感はすてきだとおもう

そんな演奏会はすてきだとおもう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013-01-29 01:26:59 | 日々のできごと

今日もまた入り口まで行ったのに

扉をたたくことができなかった

これで何度目だろう

その扉の向こうに何があったのだろう

***

そらした視線

渡せなかったプレゼント

投函してない手紙

押せなかった送信ボタン

さえぎった話

飲み込んだ言葉

飲み込んだ言葉

飲み込んだ言葉

心の奥にしまっておこうと思ったそれらは

いつのまにか亡霊となってさまよい出る

20年まえの亡霊も

昨日や今日の亡霊も

わたしの気持ちを隠してゆく

誰かの気持ちを隠してゆく

ポンと背中を押して欲しいなんていう時期はもうとうに過ぎた

蹴りとばしてやりたいのは自分自身です

こんばんはも言えないくらいなら

入り口までのこのこ行くんじゃない

このあほう

時は無限じゃないというのに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悲劇

2013-01-25 03:00:13 | 日々のできごと

世間のせいや人のせいにして

運が悪かったとか

何でこんなことになっちゃったんだとか

ひとまかせで 自分の思いを持たず

自分の思いに向かって素直に努力することもしないで

やるべきこともやらないで

勝手に悲劇を気取っている人の

なんて多いことか

蹴りとばしてやりたい

おまえはどうしたいんだよ

おまえ次第だろう、と

***

目の前の

自分の求めるものだけ

すぐに手に入れようとし

手に入らないとすぐに

己を失くす

権力や名声

身の丈に合わないお金や物を

求める人は

いつのまにか内容のないまま

それを与えられ

操られる

己なく人に操られ

使われ

失敗とともに終わる

それは悲劇でもなんでもなく

あたりまえのことだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宣誓

2013-01-20 01:02:15 | 日々のできごと

宿題やる。

宿題。

今からやって間に合ったら明日京都に行く。

間に合わなかったら、行っちゃだめ、ってことにする。

間違っても、電車の中でやったらいいかな、なんて

甘いことを思っちゃいけない。

月曜の朝早起きしてやればいいかな、なんて

できもしないことに逃げてはいけない。

誓います。

***

今日のライブは特別だったな。

1曲目からぐんときたな。

いい歌、いいギター、いいお店!

ハセケンさんの歌は

周りの世界から意識をひきはなしてくれて

歌とわたしだけの世界にしてくれて

ひとりぼっちにしてくれて

自由にしてくれた。

体中の細胞がよろこんでいたよ。

ありがとう。

***

さて宿題。がんばる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勇気の話

2013-01-18 01:13:12 | インポート

茨城の誇り、「ほしいも」のシーズンです。

先日格別においしい丸干しいもをいただきました。

今まで食べてきたほしいもはなんだったんだろうと思うくらい

食べてびっくりのおいしさです。

格別においしい丸干しいもというのは

「皮をむかなくてよい甘栗をさらに甘く香りよくねっとりさせて食べ応えのあるかたまりにしたような」

味です。

香りだけでもう、おいしさが伝わってきます。

これを誰かに食べてもらって茨城自慢をしたい

と思うのですが、

そして土曜にいらっしゃるハセケンさんなんてどうだろうと思うのですが、

ハセケンさん、ほしいも好きですか?とか

ハセケンさん、ほしいもよかったら食べませんか、ほらおいしいですよ、とか

そんな風に言う勇気を、持ち合わせておりません。

まして日曜に京都に持って行って、

西脇さん、ほしいもいかがですか、とか

ポコペンさん、ほしいもたべましょうよ、とかも

相当勇気のいる言動です。

ほしいもは、

ネーミングといい、外観といい、おいしさといい、

地味で、実直で、そして人見知りな食べ物だと思います。

そんなところも大好きです。

しかたないのでひとり占めしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとだけ音楽を聴きに行く

2013-01-07 01:50:33 | 日々のできごと

年末年始はあわただしい。

年の瀬が迫ってきても

仕事のあきらめがつかないし

予定がなかなかきまらないし

とても年を越す気分ではなかったのです。

1日目アバンギルドでハセケン、

2日目アバンギルドでザッハトルテ、

3日目磔磔で麗蘭、

という3泊4日京都旅行を夢見たり、夢に敗れたりしているうちに

お正月はやってきました。

そしてもう松の内も明けようとしています。

***

今年は少し意識して

自分の仕事とちゃんと向き合おうと思っています。

無理もせず、逃げもせず、言い訳せず、

です。

自分がやれることはまだきっとある。地味だけど。

***

仕事とちゃんと向き合って、そして時間を作って、

やっぱりちょっとだけ音楽を聴きに行くことを楽しみたいです。

京都には行けなかったけれど、

leteのハセケンさん2daysや、

前日滑り込み予約をして行ったHARRYさんのライブなど、

年末はとってもいいライブを見に行くことができて幸せでした。

HARRYさんのライブは、

スライダーズの曲や、おなじみのカバーもよかったんだけれど

バンドセットで、最近の曲を聴いて

こんなにもワクワク興奮したのは初めてではないかしら。

「狼煙」というアルバムは本当に狼煙だった、と今は思います。

だってあれ以降の曲が、

こんなにドキドキワクワクさせてくれる曲に成長しているんだから。

これからも、うんと楽しみです。

***

年が明けてからleteで、

塚本功さんとT字路sのツーマンを見てきました。

塚本さんはいつ見ても圧倒的にかっこよく、

あっという間に夢中に楽しませてくれます。

T字路sは、loachさんともいい勝負、と思えるほどのハスキーボイスで

歯切れよく歌うタエコさんという女性が魅力的で

私はころりと惚れました。

今度はベースの方も見える位置に座ろうと思いますが、

シンプルで雰囲気のあるベースの音もすてきでした。

オリジナルも、名曲カバーも、どっちもいいのです。

塚本さんとの魅惑のセッションコーナーでは

つぎつぎとかっこいい演奏を繰り広げていったのですが、

その中には、スライダーズの「のら犬にさえなれない」もありました。

期待どおりです。

よいライブ初めでした。

しんたろうさんありがとうございました。

  T字路s かえると豆鉄砲 → http://www.youtube.com/watch?v=EzKgoL6pPLQ

***

さてと、すっかり長文になってしまいました。

お休みをとって、楽しい時間をたくさん過ごして

いろいろ考えたり感じたりして

新しい年をちゃんと前を向いて過ごそうという

覚悟ができたみたいです。

そうです。よし!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加