あるく あかるく

健康長寿 めざしましょう

健康長寿:膝が怒る

2019-06-17 07:49:56 | 日記
膝と頭

 毎度おなじみの信濃毎日新聞の先週の記事から引用します。
<痛みはないが、立ち上がる際など膝を曲げ伸ばしすると変な音がする。
~変形性膝関節症のことを頭に置いた方がいい。
~膝痛の重症化を予防するためには~まず日常生活を見直すことが大事だ。>
ざっとそんな内容でした。

 毎週月曜日は専門知識の欠片も持たない私が、ウォーキングを通じて健康長寿を手に
入れようと奮闘するお話です。
今週は「膝の痛みとウォーキング」です。

 <加齢などによる変形性膝関節症の患者は2000万人。
老化により膝のクッションがすり減ることが原因だが、病院で適切な治療を受けているのは
4万人に過ぎない。
主な治療はヒアルロン酸の注射。>(人工関節ドットコム より)
 この治療は痛みや炎症を抑え軟骨のすり減りを軽減する効果が大きいと言います。
(ヒアルロン酸と関節のおはなし より)
ただしネックになるのはそのお値段。
クリニックにより価格差はあるそうですが、平均すると1本7~9万円。
その金額を聞いたら、膝だけでなく頭まで痛くなってしまいます。

ゴルフを断念

 先の信毎の記事には、膝への負担を減らす為に肥満に気を付け、膝周辺の筋肉を強くする
筋トレなどを毎日の生活に取り入れたい、とありました。
そこで登場してくるのがウォーキングです。
<痛いからと言って安静にしてばかりでは筋力が低下し関節も硬くなり、更に膝への負担が
増してしまう。
痛みが出ない範囲で運動も必要。>(健康長寿ネット より)
 ただし正しい歩き方をしないと、膝にとっては逆効果。
<姿勢が悪いと膝に負担がかかる。
膝がまっすぐな状態で着地するのが正しい歩き方だが、猫背だと膝が曲がってしまい
負荷が強くなる。>(現代ビジネスプレミアム より)
 正しい姿勢で何とか会話ができる程度の早歩きをするのが効果的なのだそうです。
ちなみにゴルフの基本姿勢の「中腰のスイング」は膝の大敵。
左右にひとつずつある仙腸関節って部分にかなりな負担が掛るとも書いてありました。
 この先スコアのアップが望めない私の場合、ゴルフを断念するのも膝を守る選択肢のひとつ
かもしれません。

 話は変わりますが、漢字の「膝」って実に面倒な字面をしています。
どんな成り立ちがあるのか、頭を捻りますが見当もつきません。
なんでも<大地を覆う木の象形と流れる水の象形と「ひざまずく人」の象形から成り立っている。>
(漢字/漢和/語源辞典 より)のだとか。
一回聞いても何のことやらサッパリで、木やら大地やらがどう関連して「膝」に辿り着くのか
理解不能です。
 そんな厄介な話が出てきても、きっと当の「膝」はにこにこしているでしょう。
だって「膝が笑う」ことはあっても「膝が怒る」話は聞いたことがないですから。
コメント   この記事についてブログを書く
« 日曜日は川柳の日 | トップ | 雑草の日:その名を忘れない »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事