赤峰和彦の 『 日本と国際社会の真相 』

明日の日本、明日の世界を素晴らしいものにするために、真実の言葉を発信して、変革を促していきたいと念願しています。

コラム(15) 日経新聞の英国FT買収の損得勘定

2015-07-27 00:00:00 | 政治見解



コラム(15):日経新聞の英国FT買収の損得勘定 


日本経済新聞社は、英国の有力経済紙フィナンシャル・タイムズを1600億円で買収すると発表しました。日経新聞は、読者数で世界最大の経済メディアが誕生すると述べています。

結論を先に申しますと、日本経済新聞社は高い買い物をしたのではないかと思います。

今回の買収で日本経済新聞は一躍有名になりました。同業のマスコミ業界においては「すごいね」と言われるほどのものがあったことは間違いがありません。しかし、一般の人びとから見ると「フィナンシャル・タイムズって何?」というのが率直な感想で、特段の関心事項ではありません。

問題はフィナンシャル・タイムズと日経新聞の社風が一致しないことにあると思います。フィナンシャル・タイムズは売却されるとは言え、プライドだけは高いのです。その分、わがまま放題になることが予想され、日経新聞が統御できるかどうかは疑問です。フィナンシャル・タイムズ側から「伝統と格式の違い」を主張され日経新聞も黙らざるを得ないのではないでしょうか。

日経新聞としては、フィナンシャル・タイムズの持つ「権威」も含めて買収したつもりだと思います。しかし、売りに出された時点ですでに権威は失われているのです。したがって、日経新聞のこれまで培ってきた権威までも押し下げてしまう可能性があります。

日経新聞社は、余計な荷物を背負い、逆に失うものが大きく、結果的にあまり良い選択とは言えなかったのではないでしょうか。

日経新聞社の根本にはフィナンシャル・タイムスに対する劣等感の裏返しの感情が潜んでいたようです。優越意識を満足させたいがための買収は高い買い物だったと言わざるを得ません。



  お問い合わせ先 akaminekaz@gmail.com 
  FBは https://www.facebook.com/akaminekaz です
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« current topics(76)  朝... | トップ | コラム(16) 参議院安保特... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2015-07-27 01:17:17
>日経新聞社の根本にはフィナンシャル・タイムスに対する劣等感の裏返しの感情が潜んでいたようです。優越意識を満足させたいがための買収は高い買い物だったと言わざるを得ません。

どっかのDNAを感じさせますね(笑)
日経新聞としても、経済以外の記事はマトモですが、経済面については、経団連&中共の広報誌状態とも言えますし、フィナンシャル・タイムズを利用した反日工作の拡大されることだけは確かだと思われますwww
Unknown (Unknown)
2015-07-27 19:53:28
日経さんも時々、朝日新聞に似たような記事を書いたり、変なところがあるよね。
新聞社って必ず左がかっているやつが幅きかせているんだろうね。
Unknown (Unknown)
2015-07-27 20:36:23
フィナンシャルタイムズを売却したピアソン社は教育関連の企業で数多くのIT資格受験を請け負っており、日本でもそれなりに知名度はあるのではないでしょうか。

メディアを捨てて教育事業に専念するようですから、既存メディアの行く末を暗示する売却だったのではないでしょうか。
斜陽産業の新聞社 (通りすがりの人)
2015-07-27 20:43:54
斜陽産業の新聞社が同じく斜陽産業の新聞社を大枚はたいて買っても、儲かるのであろうか。

たぶんないと思う

質問です (以前の読者)
2015-07-27 22:24:08
いつも読ませて頂いています。お尋ねしたします。
 内閣支持率が下がったとみるや すかさず足を引っ張ろうとする者(次期総理を夢見て?)が身内から出始めたなと思ったら 本日のN議員です。
 何方かのブログにも書かれていましたが 現内閣は ○○発見器のようだと。
総理は大丈夫なのでしょうか?自民党の中から造反議員が出ることはないのでしょうか?
まるで先週末初めて見た国営放送の大河を地でいってるようで、胸が痛みます。
どうかこの難局を無事に乗り越えて頂きたいと切に願っている者です。
 
たしかに (Unknown)
2015-08-21 13:09:48
<日経新聞社の根本にはフィナンシャル・タイムスに対する劣等感の裏返しの感情が潜んでいたようです>
たしかに日本のメディアには「ジャーナリズム」が希薄で、プロパガンダ流布と反日活動ばかりが目立ちますね。そのために、現在の日本社会には「マスゴミ」という言葉が定着しました。彼ら「マスゴミ」が英国メディアに劣等感を持つのは、ある意味当然かもしれませんね。

実は日本の新聞業界の規模と売り上げは世界一で、英国のそれを圧倒しています。そして日本は江戸時代から国民の識字率が高かったので、新聞的なメディア産業は欧州よりも早く発達していました。商業も発達していたので、「先物取引」や「レートのチャート表示」も日本が一番早く始めました。まともな日本人ならば、英国に特に劣等感を持つ必要はないのですが、後ろ暗いことが沢山あるマスゴミはそうはいかないのでしょうね(w

コメントを投稿

政治見解」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事