ちくわブログ

ちくわの夜明け

沖縄で首里城と首里劇場を見てきた。 の話

2019-11-21 18:34:49 | 

仕事で沖縄に行ってきました。

前日まで栃木で撮影、翌早朝に羽田発という「忙しい人」みたいなスケジュールでした。
これ以外、別段何もやっていなかったので忙しいというより単に早起きが辛かったです。


数年ぶりの沖縄です。


前回は『赤軍の人々』の取材で訪れて、初沖縄で快晴にも関わらずずっと某地に張り込むという物凄くもったいない内容でした。


今回は仕事の後、翌日夜の飛行機まで時間を空けて観光してみることに。
当日夜、ホテルへチェックイン。



かっこいいホテルでした。
古いビジネスホテルが好きです。

歩いて国際通りへ。



巨大な蛾がいました。


ネコチャン



良さそうなお店に入って、本場のゴーヤチャンプルをいただきました。



苦みが心地よく、シークワーサーサワーによく合いました。


翌日。


泊まっていた場所は泊ふ頭という港からほど近く、すぐ前の通りが歓楽街でした。



朝食は喫茶店でアイスコーシーをいただきました。


モノレールに乗って首里城へ。


住宅街を抜けていったのですが、これがまた楽しかったです。
沖縄の住宅は本土とは全然違って、興味深いですね。


龍潭という、巨大な池の周りに人慣れした大きな鳥がたくさんたむろしてました。



首里城に到着。守礼門。堂々としていながら朱色がキリッと全体に施してあり、やはり本土の文化とは違うな、と感じます。


世界遺産である園比屋武御嶽石門。
めちゃくちゃ地味で、ぶっちゃけなんなのか分からなかった。



そのまま進んでいくと荘厳な門や階段が。
首里城のすごいところは、180度どこを見ても世界観が崩れていないというか、余計なものがない、本当に昔からこんな感じだったんだろうな、という時の積み重ね、琉球のロマンを感じさせてくれるところです。



琉球の事なんか何も知らないのに…

正殿に到着。
ホレボレするほど流麗で、ああこれは見に来てよかったなあ、と思わせます。

 


本土には無いある種の派手さがあるというか。
中国文化の影響が強いのでしょうか。

高台から見える那覇市がまた絶景です。
今は沖縄として、沖縄の独自の文化があり、こういった場所からも歴史を感じさせてくれます。


この数日後、首里城の火災があり、正殿が消失してしまいました。
本当に残念です。
こういった、観光客が「来てよかったなあ」と思えるような素晴らしい建築物は、何より地元の方にとっての誇りだと思うので、沖縄の方々の喪失感たるやいかばかりのものでしょうか。



首里城から歩いて数分。



ピンク映画館の首里劇場に足を運びました。



すごい!!この古い建物。おもむき。
さらに館内のスピーカー音が外に漏れており、ピンク映画の喘ぎ声が付近にこだましている!!



入場し、館長さんに「(館内の)写真を撮っていいですか?」と聞くと「いいよ!!」とポーズをとってくれました。


かっこいい!!

館内ロビーはピンク映画のポスター他、さまざまの掲示物があり、ここだけでも楽しめます。



トイレがすごかった。



ピンク映画を一本見て、館長に「ありがとうございました」と挨拶。
すると「ちょっと待って」と、自販機のさんぴん茶をおごってくれました。

優しいなあ。


飛行機の時間が近づいてきたので、国際通りに戻る。


最後に気になっていた喫茶店で、食べたかったタコライスをいただく。




食べ物は美味しく、人は優しい。
ここに住む方々のおかげで、とてもいい旅となりました。


いつまでも残ってほしいものは、いつなくなるか分からないからこそ愛おしく美しく感じるんだろうなあ。
そういうものを大切にしたいし、大切に思う心を持ち続けたいです。

   
 
 
   
沖縄 完全版2020 (JTBのMOOK)
ジェイティビィパブリッシング
ジェイティビィパブリッシング
 
 
るるぶ沖縄’20 (るるぶ情報版(国内))
JTBパブリッシング
JTBパブリッシング
 
Vimbo御城 ‧ 首里城モデル世界建築モデルマニュアルDIY親子宿題世界名建築モデル紙モデル手作業 (首里城)
Vimbo
Vimbo
コメント   この記事についてブログを書く
« 心の熱海 | トップ | バカの終着駅・2019 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事