赤井_goo

元携帯電話、今、日々の日記

東芝910Tのカメラ機能不具合から中古910Tを買い、ロム交換する。

2013年03月22日 | Weblog
このブログは元々、ケータイを初めて使うコトに始まって、その後、メーンブログのバックアップに変身した。

今日は本来に経ち帰って、910Tの古ロム交換について書こう。

現用の910Tは、ほゞ6年は使っている(2007/9/3が始まり
最近、カメラ機能がオカシクなって、時々、真っ暗、極度に絞って光量が殆ど入らない状態になる。
いろいろ、いじくるが改善しない。

そこで、同型の家内のソレと交換しようともくろみ、代理店に相談に行った。
係員は、ロムを替えれば簡単に代わりますよと教えて呉れ、家内に話してみた。
なんか、イマイチ、スッキリしない。やはり嫌のよう。

それを諦め、推移していた。ある日、インターネットで検索したら
同型が4800円で有る。4200円も有るが、参考映像で本体裏にシールが貼ってあり好ましくないので
4800円を買うコトにする。送料840円〆て5640円かなりの買い物になるが決断した。

この出費は、パソコン維持費勘定から出すものの、家内にはウソついて2600円と言っておく。

3/19夜の決断、同日中に送金しなければ翌3/20は春分の日で祭日、ATMは休み、
だからナントカと思ったものの既に19時を過ぎ郵便局ATMはダメ
しからば、最寄りのクープ生協のATMは?と生協に電話で聞くと21時までOK
直ぐに自転車で送金にいく

中一日おいて昨日21日15時佐川便で到着、大きな函、開封しロムを入れて通電、OKを見て到着のメールする。

早速、引越しの準備にかかる
取説にも記載あり、且つ、ケータイ本体のツルの群にバックアップと謂うボタンあり
多分メモリカードにはいっていくのだろうが、現在カードには青空文庫の吉川英治宮本武蔵がシコタマ入っていて
余裕が無い。
なんとかメモリカードを融通することから着手

第一段階
手持ちのUSBケースに嵌めている1GBのメモリカードをケータイに装填し、フォーマットさせるがエラー
メモリカード自体がオカシイのか?確かめる為、ちょっと強引だがW7ディスクトップでReadyBoostに
使っているカードホルダーにそ奴を挿入してW7に認識させてみたらチャンと認識しReadyBoostとして
作用する。
そうだ、本来のReadyBoostに使っている2GBのメモリカードを引越し用に使えば良いのじゃないかに気付く

第二段階
2GBのカードで。先ずケータイの中にあるバックアップの一つ、データ一括転送で諸々のデータをカードにコピー

そのカードを外し、新ケータイに装填し、次いで電源オフしてロムを古から新に移す
新のデータ一括転送で新を古に移す

第三段階
用済みカードを取り出し、古に装填、次いで電源オフしてロムを新から古に移す
古の上でメモリフォーマットし、
前と同じくケータイの中にあるバックアップの一つ、引越し機能で諸々のシステム設定を
カードにコピー

そのカードを外し、新ケータイに装填し、次いで電源オフしてロムを古から新に移す
新の引越し機能で新を古に移す

以上で古から新への宿替えは済み、これ以上は面倒ながら逐一、手で直さねばならぬ
例えば
ディスプレイの待受表示・文字サイズ・バックライトなどだ。

以上で済んだとし、移転のキャリャートラックの役目をしたメモリーカードを
W7ディスクトップでReadyBoostに復帰させるべく装着して
パソコン起動し。メモリーカードが゜チャンとReadyBoostに復帰しているか?確認したら
全然働いていない。

そこでフォーマットしようとしたら書き込み不可設定とのエラーコメント
びっくりして考え込んだ、インターネット検索しても、このエラーを解除する的確な教えが見当らない

万事窮すと諦めかけたら、このメモリカードはMicroの小っちゃいのをSD変換アダプターに差し込んで
使っている、その変換アダプターに書き込み不可設定の設定突起があるのに気付く

それを解決して一件落着、遠山金四郎ばりに裃に袖を通して一件落着

この記事についてブログを書く
« 旧ケータイの内容を新に移す... | トップ | 四台のパソコンの内三台貰わ... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事