週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#136 -’18. Schindler's list - John Williams - NL orchestra

2018年05月14日 23時40分56秒 | 音楽
若かりし多感な時期にアンネの日記を読みました。
その後、映画にもなりましたからご存知の方も沢山居るかと思います。
ナチスに拠って民族浄化(ホロコースト)の苦難の道を歩んだユダヤ人。
ドイツ第三帝国としてゲルマン民族(ある意味近隣国と多民族要素を持つ)の団結を強固にする為にユダヤ人として嫌われている民族を敵として祭り上げたのです。
為政者が団結を呼びかける時に良く使う汚い手法です。
アムステルダムに行ったとき、アンネ・フランク一家が隠れ住んでいた家を見に行きました。
事前に予約しないと入れない事は分かっていましたが、徒歩で行ってもそれほど遠い距離ではなかったの行ってみましたが、予約でも列ができているので直ぐにわかりました。

シンドラー・リストの映画のテーマ曲(ジョン・ウイリアムズ)をオランダ交響楽団による演奏と、そして素晴らしい、ストリングスを奏でるシモーネ・ラムスマ。
オーボエを奏でて、涙を流しながら最後まで演奏しきるダビダ・シェファーズ感動編です。
英語のサブタイトルでは、娘の18歳の誕生日です。
娘にあこがれの舞台を誕生日に聴かせることで感極まったと英語のサブタイトルでかかれています。
でも、ダビダの涙に関しては私は異なる考えです。
ダビダがユダヤ人か否かは分かりませんが、18歳の誕生日の娘とユダヤ人のアンネ・フランクが重なりシンドラーのリストで感極まったと思っています。

涙は嬉しくても、悲しくても流れますが!

この演奏を聴いたあなたは?



Schindler's list - John Williams - NL orchestra


兄からか姉からか廻ってきて読んだアンネの日記が思い起されます。

追記です。
三年前の5月に美しいベネルクス三国とチューリップ見たくてお邪魔しました。
アムステルダムの自由時間で家内と二人でアンネ・フランクの匿われていた家と宮殿と東京駅丸の内口のモデルと成った言われているアムステルダム中央駅を探索しました。

運河です。
撮影は全てスマホです。




アンネ・フランクと書かれているのが分るでしょうか。
一般の建物ですから外見上は特筆すべき事がありません。

『音楽(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« § 日本人は異星人也や?... | トップ | § トランプ大統領の暴挙 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (katananke05)
2018-05-15 22:25:51
アンネの日記は 高校のときに
英語の授業に使われました〜
世の中 またちょっと 不穏な動きが、、
トランプさんも アメリカ大使館を移したばかりに 流血騒ぎもおきているし〜
東京駅は モデルがあったのですね、、
知りませんでした〜
アンネの日記 (原村)
2018-05-16 11:27:41
こんにちは、katananke05 さん。

ミッションスクールである事がアンネの日記を採用する柔軟性があるのかもですね。
受験用の英語だった為今持って不自由しているのが少し悲しいです。
トランプさんの政策全部が気に入らない訳ではありませんが、今回の大使館移転については憤りを感じます。
原則はあるにせよ紛争の種をまく必要性は無いと思っています。
東京駅は辰野金吾氏がアムステルダム中央駅をモデルとして設計したとの事です。
中央駅に入りましたが、改札も無く入れます。
ヨーロッパでは電車や列車に自由に入れますが、発車ベルが鳴らないので気を付けないと連れて行かれてしまいます。

いつもコメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事