週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

§ 反天連(反天皇制運動連絡会)なる組織がある事をネットで知って

2019年05月06日 11時25分03秒 | たわごと(少し硬派に振って)
地上波&BS・CSで放映されることが殆どないので、こんな組織が存在すること自体しりませんでした。
平成から令和に改元するこの時代に在って反天連(反天皇制運動連絡会)のデモ活動が行われていました。

象徴たる天皇陛下は国家元首ではありますが、エリザベスⅡ世の如き君主ではありません。
過去の私の天皇陛下に関する考えは「日本に天皇陛下が居る事に感謝」スレッドで述べていますので今回は省略します。


〇報道機関が取捨選択するニュースのみにとらわれることなく、ネットにはこんな考えの組織も存在する事ができるのです。
自分の考えと異なるから否定すると言う事ではありませんが、日本が世界に誇れる伝統だとおもいますが。
国賊反天連街頭演説にカウンターin新宿アルタ前1 H31/04/30




〇少し古いですが、ネットの進んだ今の時代だから目にすることのできる現実です。
1989年3月 反天皇に狂う共産勢力




〇日本共産党 ~真っ赤な隠された革命路線~


伝統と言えば昨日は端午の節句でこどもの日ですから、我が家はしょうぶ湯で柏餅をいただきました。
ナナちゃんは孫が来たので帰るまで出てきませんでした。
避難場所は二階の洋室の天袋です。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« #0005 -’19. リニューアル後... | トップ | #0006 -’19. カゴメ野菜生活... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tenjin95)
2019-05-06 12:34:05
共産主義の方々が主張していそうなことかと思います。無論、思想信条の自由がありますから、主張することは自由ですが、与したくはないものです。そういえば、地方選挙期間中だった新元号発表時、共産党だけが選挙カーを走らせておりました。一市民としては迷惑極まりないものでした。もちろん、彼らにも自由がありますから、個人的に迷惑だと思ったのみなのと、選挙結果に「やっぱりな」と思っただけでした。
浸透力は拡大してます (しゃちくん)
2019-05-06 15:09:16
以前私も加入してた東京土建一般労働組合の機関紙でも共産党の教えがこれでもか!と言う程に押し付けてましたね。
一建設職人が組合で役職をもらうと手柄を立てようと共産党の活動にのめり込む傾向が見られます。
たとえ中卒でも青年部長とか教宣部長等の役職を与えられると人が変わってしまうのは創価学会も同じ。

大きな会社勤めをしていない人ほどこうした役職を有り難がる傾向が強いと感じます。
反天連 (原村)
2019-05-07 09:40:21
おはようございます、Tenjin95 さん。
反天連が即共産党とは言いませんが、最近は市民=人民と共産党が置き換える言動を見るに付け近い組織達かと思ってしまいます。
現に共産党は天皇制(天皇制との言葉が正確ではありませんが。)の廃止を一貫して訴えていますから
宗教、信条、表現の自由は認めますが自分も如何なものかと思ってしまいます。
その時その時の時代の変遷で価値観も正義も変わりますから何が真理かは一概にはいえませんが、自分自身の考えとは少し異なる感じがします。
共産党に赤旗の新聞があるにせよ、何故の金銭的な資金の豊富さには驚きを禁じ得ません。

選挙において共産党支持者は必ず投票に行きます。
社会的な支持率以上に議席を確保させているのは投票を棄権するノンポリの責任も大きいと思っています。
ただ、地方議会にあっては共産党も腐敗撲滅には良いかもと気持ちも若干あります。

コメントありがとうございます。
組合での役職 (原村)
2019-05-07 09:56:48
おはようございます、しゃちくんさん。

役職=組織に認めてもらうということなんですね。
仰るとおり、社会で自分の存在を認めてくれた組織との嬉しさでその組織に感謝して尽くしたいとの人間の本質を上手く使っているのかもしれないですね。
と言う事は、純真な人間の心をもてあそんでいるのかもしれません。
人のやる気スイッチと上手に押しているのかと感じました。
忠誠心を好む日本人と言うか人間の性を巧みに使っているのかとコメントを頂いてかんじました。

人間は組織に帰属して自分の存在を認めて貰いたい深層心理の欲求を上手く手玉に取っているのかもですね。
コメント頂いて人間の心の渇望を深く考えさせられました。
いつもコメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

たわごと(少し硬派に振って)」カテゴリの最新記事