週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

§ 韓国人の考える未来志向とは

2018年12月03日 18時24分31秒 | たわごと(少し硬派に振って)
日本人が考える未来志向韓国人が考える未来志向とは全く異なる魔法の言葉のようです。
韓国人にとって、過去の取り決めや約束を反故にして再度、決め直すとの事のようです。
もし、今回未来志向との日本人が信じる言葉で再約束すると後日またちゃぶ台返しで約束が破られる事は目に見えています。
その時に韓国人の接頭語が『未来志向』です。

為政者の責任@韓国(その一)為政者の責任は韓国だけに限った問題ではありませんが、今回のこちらは「約束を屁とも思わない韓国」のスレッドはこちらです。。
その二ではありません。

未来志向と言えば、前向きのポジティブな感覚を持つおしとよしの日本人です。
嘘をつく事も約束を破る事も何とも思わない韓国人&朝鮮人です。
騙されえてはいけません。

① 文大統領「未来志向の協力を」 歴史問題切り離して対応の考え カテゴリ:ワールド 2018年12月3日
FNNプライムからの引用です。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、徴用工問題などで対立する日本との関係について、「歴史問題とは別に、未来志向的な協力を続けなくてはならない」と述べた。
文大統領は2日、G20(20カ国・地域)首脳会合が行われたアルゼンチンから移動する機内で、韓国メディアの取材に応じた。
この中で、文大統領は日本との関係について、「歴史問題で日韓の協力関係が損なわれてはいけない。歴史問題とは別に、未来志向的な協力を続けなくてはならない」と述べた。
文大統領としては、歴史問題と経済など、ほかの問題は切り離して対応するべきとの考えをあらためて示したもので、朝鮮半島の非核化について、「日本の協力が必要で、日本政府も共感していると思う」と語った。

韓国では10月以降、元徴用工裁判で日本企業に賠償の支払いを命じる韓国最高裁の判決が続いていて、日韓の対立が深まっている。


上記①の発言を受けての管官房長官の談話です。

② 時事通信社の記事を引用させて頂きます。
韓国大統領発言、直接論評せず=菅官房長官 時事通信社 2018/12/03 12:10 
菅義偉官房長官は3日の記者会見で、韓国の文在寅大統領が歴史問題と切り離して日韓協力を進めたいとの意向を示したことについて「韓国記者向けに行った発言だ」として直接の論評を避けた。その上で、韓国最高裁が日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた問題に触れ、「日韓関係は非常に厳しい状況にある」と述べ、韓国側に適切な対応を重ねて求めた。
 

こちらはおまけです。
14年前に刊行された書物に記載されているようですが、その内容と今回のユーチューブで語られている事が真実か否かはしりません。
ご覧になって自分自身でご判断下さい。

韓国 徴用工問題】 未払い賃金を 日本共産党が横取りし 資金源にしていたと発覚 初期の中核は在日朝鮮人だった 2018年12月1日

コメント   この記事についてブログを書く
« #320 -’18. カルディで... | トップ | #321 -’18. 中嶋でラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

たわごと(少し硬派に振って)」カテゴリの最新記事