週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#025 -’18. バス通学する小学生

2018年01月31日 21時57分28秒 | その他
最近バスに乗って気が付いた事。
過疎地ではありませんから、地域の公立小学校に通う子供達は歩いて学校に通います。
バスや電車に乗って通う小学生は私立の小学校に通っている子供達です。
そんな小学生が下校してくるバスに何度か乗り合わせて気が付いた事があります。
学校でそのように教育されているのでしょうか。
前のスレッドのイザベラ・バードも日本の子供達の躾が素晴らしいと感動していました。

最近、下校途中の小学生とバスの中で会って気がついた事。
バスを降りる時、「ありがとうございます。」と運転手さんにお礼の挨拶をして居りていく。
東京では一般的に前からのり中間のドアから降りるからバスの運転手さんから少し離れている。
一部の私立小学校にとどまらず、バスに乗って通学する小学生の一般の行動のようだ。
降りる時しっかり、前方の運転手さんに頭を下げていくこもいる。
脇で「ありがとうございます。」の声を聴いていてもさわやかで何か幸せな心になる。

あなたは今日一日で何回「ありがとうございます。」を言いましたか。
こんなに周りの人まで幸せにしてくれる言葉が有るのに使わないなんて勿体無いと教えられました。


今日の新宿西口のハルク前から一枚。



こちらは、今日の吉祥寺の北口のイルミネーションです。


輪になったり、完全に消えたりします。
少しづつ日は長くなりますがそれでも日が落ちるのが未だ早いです。




曇り空で見えないかもと心配しましたが、スーパームーン&皆既月食が見えますよ。
肉眼でみるよりTVで見る方が奇麗かも。

ジャンル:
日記
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« § 1.イザベラ・バ... | トップ | #026 -18. 2018年の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (katananke05)
2018-02-01 16:34:38
イザベラ バードの 紀行文は
前に ドキュメンタリーで放映していて 初めて知りました〜
明治の時代にイギリスから 女性が一人で 旅をするというのは
驚くべき 行動で
インドや朝鮮なども 踏破した冒険家? 紀行作家?とも
言うべき人物のようですね〜
ただ日本については おおむねは 賛辞や 感嘆がおおいですが
体格や外観において
けっこう こき下ろしているようです〜
欧米の人に比べてだから 仕方ないですね〜

わたしは スーパーのレジで
すばやく 値段をうち 駐車券も うち かつ ポイント券をくれたり
時に袋も忘れず(たいがいは 持参しますが) ほんと 手際の良さに
感心して いつも 「ありがとう」と
いってますよ〜

スーパームーン
息子が私の馬鹿ちょんを 操作して
結構迫力ある写真をとってくれ
ブログにだしました〜
わたしは 馬鹿ちょんなどといって
宝の持ち腐れ〜と
思いましたよ〜
雪が降っています。 (原村)
2018-02-01 22:16:40
こんばんは、katananke05 さん。

21世紀の現代でそれも普通の国でも地域によっては女性での一人旅は危険が伴います。
それも今から一世紀以上前の旅ですから立派と言えば立派です。
世界の覇者であるとの思いがイギリス人にはあったのかもしれません。
スペインから覇権を奪い、20世紀にアメリカに覇権を奪われるまでの長き時代の日の沈まぬ英国ですね。
それにしても、インドや韓国はお供がついたのでしょうか。
日本の治安の良さと、ボッタクラ無いその誠実な人々をに驚愕したのが驚きです。

以前にも、大学時代の同級生が茶店でコーヒーを運んでくるウエーター&ウエイトレスに対してニコニコと「ありがとう」を言う友を素晴らしいと思ったものでした。
「ありがとう」は何にも増して素晴らしい言葉ですよね。
レジを打っていたその方への感謝の言葉が生きるはりを与えているかもしれません。
活力の動機づけになる素晴らしい言葉であることは間違いありません。
日本人は言葉で言わなくても分かるといいますが、ありがとうの言葉を添えれば尚良いのは明らかですよね。

いつもコメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事