週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#042 -’18. 重要文化財 聖徳記念絵画館

2018年02月15日 22時21分29秒 | 街角
最近は全く行っていませんでしたが、絵画館前と周辺はよく訪れた場所でした。
神宮のプールも東京都体育館のプールもです。
神宮のプールは記憶違いでなければ冬季にはアイススケート場になりました。
冬季オリンピックが行われていますが自分が良く行っていたアイススケート場は晴海のA館でした。
その他の会場、池袋、代々木オリンピック会場(第一のプール場が冬季はアイス)、後楽園(ローラースケートは確かですがアイススケートは?)などのアイススケート場はハーフスピード、フィギュア、ホッケーの靴でのみ走行可能でした。
スピートスケートは先端が尖っているので危険だと禁止されていました。
走行可能なのは只一か所の晴海のみでした。
高校の友人の靴はスピートスケートなので晴海に必然的に行くことになりました。
大学生になってからはスキーになり、アイススケート場には全く行かなくなりました。

それと、絵画館前の外周は今でいうところのランナバウトで千駄ヶ谷方面から四谷方向・青山通りに抜けるには最高の抜け道で4分の1周したり、4分の3週したりで抜けていきました。
最近は全く通らなくなりました。
思い出はほどほどにして、絵画館の画像のみ先にアップします。

絵画館とか絵画館前とか神宮外苑と大きく括り、高い建物も無く空が広く、国立競技場を初めスポーツ関連施設多く好きな場所です。
それでも、今回まで絵画館の正式な名称、聖徳記念絵画館をしりませんでした。
青山通りから絵画館方面を臨む秋の銀杏の黄葉の頃は素敵な風景を醸し出しています。
今回の事が無ければ、只知っているで終わる所でした。

以下明治神宮外苑聖徳記念絵画館で頂いたリーフレットから引用させて頂きます。

     時代と共に。    明治神宮外苑
明治神宮外苑は、明治天皇とその皇后、昭憲皇太后の御聖徳を永く後世に伝えるために、全国国民からの寄付金と献木、青年団による勤労奉仕により、旧青山練兵場後に造成され、大正15年(1926)10月に明治神宮に奉納されました。
約48万㎡(現在約30万㎡)の庭園内に聖徳記念絵画館、憲法記念館などの記念建造物のほか、陸上競技場、神宮球場、相撲場、水泳場(昭和5年)などが造成されました。
国の施設だった明治神宮が宗教法人になったのは昭和27年のこと。
樹齢15年だったいちょうの苗木も、今では東京に秋の訪れを告げる美しい「いちょう並木」に。
野球、アイススケート、テニス、ゴルフ、フットサルなど、一年を通してスポーツを楽しむ場として、日本文化を学ぶ場としても多くの人々に親しまれています。
  以上引用です。

引用させて頂いたリーフレットですが、知らない事だらけです。



0



1



2



3


4



5



6



7



8



9


『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #041 -18. お雛様@京王... | トップ | #043 -’18. 東部に西武... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントありがとうございます。 (観光列車から!)
2018-02-16 09:09:13
今度の東京出張では少し余裕がある時間帯があるので都内を少し散策したいと思います。

コメントありがとうございます。
調査力には敬服します。 (原村)
2018-02-16 09:26:29
おはようございます、観光列車からさん!。
好きこそ物の上手なれとの諺がありますが、乗り物に関しての知識量&蘊蓄には感動ものです。
これからも宜しくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

街角」カテゴリの最新記事