週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#080 -’19. お山の日記(3月23日)

2019年03月23日 10時04分34秒 | お山の日記
5時に起きて、5時45分に我が家を出発です。
スタンドに寄ってガスを入れて再出発です。
渋滞はしていませんでしたが走っている車は沢山ありました。
双葉SAに寄って朝食を頂く積もりでしたが、食べる気がせずおむすびを買ってスタートしました。


峠の我が家に到着した時の温度は車の表示で-3度でした。
車を止める場所には雪があり車の底を擦ってしまい駐車場の奥まで入れませんが、よしとしました。
写真のデータを見ると午前8時8分撮影です。




室内はプラスの5度でした。


我が家はイングランドの最高地点ベン・ネビス山より標高が高いですから未だ敷地内に雪が結構ありました。
小淵沢から富士見町と通り原村に入るとほんの少しだけ路肩に残雪がありましたが無いに等しい状況でした雪があるのには驚きました。






【お山の気温は】

峠の我が家に到着した時の外気温は氷点下3℃でしたが、日中はプラスに成らなかったかも。
其でも、午後から日が射す様になりました。
ガラス越しに日が射すと、太陽光の暖かさを強く感じます。

一日中、ストーブを焚いています。


最近は峠の我が家に行っても、伺う所は買い物の為のスーパーなどだけなのが実情です。
今回も、富士見の西友と富士見の生協に買い物に行っただけです。
そんなこんなでスレッドネタがありませんので、今夏は薪ストーブの写真を載せた次第です。












夕方には綺麗なそらを見ることが出来ました。



『長野県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« #079 -’19. 山王日枝神社に... | トップ | #081 -’19. 峠の我が家の今... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (burnvd1205)
2019-03-23 11:16:46
こんにちは。上信越道が開通してから、殆ど中央道は利用しなくなりました。双葉、懐かしいですね。以前は良く利用していたところです。昔は中央道といっても甲府市内は接続できていないところもありましたが、便利になりましたね。でも、毎週東京と原村の往復は疲れるのではとも思ってしまいます。
Unknown (katananke05)
2019-03-23 11:19:28
土曜日の今朝は とても寒いです〜
また 逆戻りの 三寒四温ですね〜
北海道は雪、、とか、、
そちらもまだまだ 雪景色、、ですか、、
運転お気をつけ下さい〜
Unknown (akagera63363556)
2019-03-23 17:18:02
katananke05 さん、burnvd1205 さん、コメントありがとうございます。
東京に戻ってからご返事させて頂きます。
急に寒さがぶり返しましたからお体にご留意の程。
中央道 (原村)
2019-03-24 17:48:42
こんにちは、burnvd1205 さん。

東名から常磐道迄目的地に応じて色々と利用させて頂いていました。
当たり前ですが今では、中央高速道路の利用が一番多くなり走り慣れた道になりました。
上信越道などと異なり、神奈川と東京の境の小仏トンネルの渋滞には閉口しています。
どれでも高速道路は便利になりましたが、高い高速代を何とかしてほしいと手前勝手に思っています。

コメントありがとうございました。
原村は真冬です。 (原村)
2019-03-24 18:30:18
こんにちは、katananke05 さん。

原村の我が家は村の中心部より標高が高くなります。
東京と比べると10℃以上低いです。
先週は暖かくなり桜も開花しましたが、まだまだ冬の状態です。
それでも、年々暖かくなって来た感じです。
そんな中にあっても、先週から今週にかけての三寒四温は並ではありませんでした。
今回原村に行く笹子トンネルに入る直線は完全に雪が舞いました。
トンネルを越えると曇天ですが、雪は降っていませんでした。
その分、気温は凄く寒いです。

年齢と共に寒いと色々と外に出るのが億劫になりました。
今回も一泊して東京に戻ってきてしまいました。
ナナちゃんをだしにして直ぐ帰る理由付けにしています。

何時もコメントありがとうございます。
Unknown (海太郎)
2019-04-14 19:31:06
久々の山荘ですね。先週の雪は、山中湖も20cm以上でした。暖冬とは言え、GWまでは、冬ですね。
暖炉もまだまだ、活躍の事と思います。また、伺います。
 (原村)
2019-04-15 08:22:03
おはようございます、海太郎さん。

お山の家は2000年から訪問していますが、2001年の5月の連休には重たい雪がふりました。
赤松が何本か折れて倒れたので強烈に記憶に残っています。
イギリスの最高峰より高い位置にある家なので、寒さなどは油断できません。
それでも、短い夏がいちどきにやってきます。
薪ストーブ他家より意識的に多めに焚いています。
次回訪問時にスタッドレスタイヤも交換するつもりです。

コメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お山の日記」カテゴリの最新記事