週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#057 -’13. 楽しい会食(夜膳)

2013年03月07日 00時17分42秒 | 八ヶ岳ご近所の食事処・お茶処
PCから編集追記。20130307001742

今回は四名にての会食です。
最初は3月の2日に予約していましたが、強風で東京スカイツリーの営業自体が中止との事で、二ヶ月前に取った予約がおじゃんになってしまいました。
中止にならない程度に北風が吹いた方が、遠くまでの眺望が効いたのですが、少し強すぎた。
夜のレストランの予約は難しいと聞き及んでいたので残念無念の心境になってしまった。
でも、再度レストラン担当のコンシェルジュに連絡を入れてこちらの希望日を告げて取れたのが思いも寄らぬ、数日後の6日でした。
その時、日一日と日が長くなりますので前回より食事の開始時間を30分ほど遅くしていただいた。

待ちに待った東京スカイツリーのレストラン634での食事の始まりです。

食事の開始時刻を30分遅くして夜の帳が下りてくるのを待っての始まりです。
西の空に沈み始める太陽ですが、夕焼けになる雲もなしでした。



レストラン634が有る所のフロアーは345との事、一つしたのフロアー340には地上が見えるガラス張り床があるみたいですが、今回はこちらの階にはおりませんでした。



名前を伝えて、案内されるまでの時間レストランの入り口前の椅子で待ちました。
本日は満席との事。
予約があるので一安心です。



こちらのクロークで荷物やコートなどを預けて席に案内されました。
予約時に窓側の席でお願いしておいた通りの席でした。



食前酒のウエルカムシャンパンです。
一グループ毎に同じ料理でお願いしますとの事で、今回は雅をお願いしました。
それにしても、ブログを書く為にメニューを見ると雅の中にウエルカムシャンパンの記載がありません。
各自に付いて来たこのシャンパンは注文した覚えもありませんし、レシートにもありませんでしたから、コンシェルジュの方からのサービスかも。
因みに、シャンペンのラベルは『ボネール ブリュット スカイレストラン634オリジナル』です。



江戸っ子の粋を前面に打ち出しているコンセプトのようです。
ディナーも粋と雅の二種類です。
フランスが嫌いと言う訳ではありませんが、イタリアのスプマンテでもうれしかったのですが。
15日から乗るはずだったデヴィーナのキャビンに冷やされたスプマンテが入っているはずなんですが。
『風と共に去りぬ』、ならに『海と共に去りぬ』です。



テーブルナプキンの置かれたお皿も粋ですが、ナイフ&フォークも粋ですね。
以前に明神館でのカトラリーを思い出しました。
また、箸がおかれているのも良いですね。






隅田川越しに東京タワーが見えます。
少し暮れてきました。



シャンパンの後は勿論定番のビールです。
東京スカイツリーのお膝元には朝日ビールがりますから。
銘柄はアサヒ熟撰です。



雅の料理の始まりです。

料理を給仕される時毎回、説明を受けましたが右から左ですので、HPから抜粋させて頂きます。

雅-MIYABI-

アミューズ-SAKISYKE-
牛蒡の温かいスープ

前菜-HATSUSUN-
アシェットグルマンド ~前菜の盛り合わせ~

魚料理-GYOKAI-
オマール海老のロティ華麗(カレー)なるソース

肉料理-SHUSAI-
特選和牛ロース肉のソテーヴァイオレットマスタードソース

デザート-KUNMI-
リンゴのキャラメリゼをリコッタチーズムースのタルト仕立て 塩キャラメルアイスクリーム添え

小菓子-OCHAGASHI-

お茶-CHA-
コーヒー又は紅茶



実の美味しいスープでした。
コンソメ系よりポタージュ系の方が好きだと言うこともありますが、自分にドンピシャでした。
カップの上に載っているのが牛蒡です。



ミズダコとかコゴミとかギボウシ(違う名で呼んでいましたが)など色々の物が目に美しく添えられています。
大きなお皿の淵に並べるなど、粋ですね。



夜景も益々明るさを増す感じです。



シャンパン、生ビールと続き、次はワインの出番です。
ボトルで如何ですか?との事でしたが、色々の種類の物を飲みたいのでグラスでいただきました。



色々飲み比べてみました。







安いのから高いのまで廻し飲みさせて貰いました。



完全に暗くなり、巷に瞬く明かりですが、少し出来上がりつつあります。



こちらは大変甘いデザートワインの如くのロゼです。



素材の味が生かされた美味しいオマール海老の魚料理です。



説明を受けましたが酔いと、料理に疎いわが身にとっては既に忘却の彼方です。
一番左手は海苔ではなく海草だったような。



お酒も弾み、会話も弾み、料理も弾んで楽しい時を過ごしています。



メインディッシュの肉料理です。
自分的には結構出来上がっています。



江東区方面は関東大震災や東京大空襲などで結構、碁盤の目の様に道路が並んでいます。



いよいよ終盤です。
美しく盛られた、美味しいデザートです。



こちらはデザートの後に出されたお茶菓子ですが、この頃は完全に出来上がっていました。
見た目にも美しい出し方です。



コーヒーと紅茶を頂いて、食事を終えました。


因みに、四人で飲み干した飲み物は以下の通りです。

シャンパン
 シャンパン × 4
ビール
 生ビール × 6
ワイン
 ピノワール × 3
 赤ワイン × 2
 白ワイン × 3
 ロゼ × 1
 ウーロン茶 × 2
でした。
結構飲み干しました。


コメント   この記事についてブログを書く
« #056 -’13. 東京スカイツ... | トップ | #058 -’13. 東京スカイツ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

八ヶ岳ご近所の食事処・お茶処」カテゴリの最新記事