週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#257 -’18. VISAの申請にカンボジア大使館へ

2018年09月20日 19時20分52秒 | 海外旅行
カンボジアに入国するためにはビザが必要です。
個人旅行ならカンボジアの一部指定空港に到着時に取得することも可能のようですが、団体の観光ツアーでは事前に取得しておかないと、行動が遅れてしまいます。
なので、旅行会社に依頼して取ってもらう個人で取得するかになります。
今回も自分自身でVISAを取る事にしました。
大使館にてVISAを取得する方法と、ネットから取得できるE-VISAがあります。
しかし、E-VISAにはカンボジアのHPに次のような記事が書かれていました。
まるで、自己責任でと言うのも可笑しなものですが、気になったので直接カンボジア大使館に出向いてVISA申請をしてきました。
出来上がりは明日の午後以降です。(割り増し料金を払えば当日の午後に頂けるようです。)

次の青い文字はカンボジア大使館のHPから引用です。
4- E-visa にご注意ください
(私の主観ですが、E-VISAで手違いがあっても当方では全く責任はとらないし関与しませんと言っているかの如くの無責任さに思えてなりません。なので、便利なE-VISAを申請しませんでした。)
E-Visa とは、カンボジアの外務国際協力省が直接発行する観光ビザで、外務国際協力省の公式ウェブサイトのみ 申請が可能です。問題が発生する時、大使館または領事館ではなくカンボジア外務省に直接連絡することでお願いします。非公式ウェブサイト等を通してのビザ申請はくれぐれもご注意ください。
E-Visaについてのお問い合わせは、下記へ直接お願いいたします。何らかのトラブルが生じても、大使館・領事館では一切対応できませんので、あらかじめご了承下さい。
お問い合わせ E-visa Office:
No.3, Samdech Hun Sen St, Tonle Basac, Khan Chamcar Mon,Phnom Penh
Tel: (+855) 23-224-973  Fax: (+855) 23-224-972
Email: cambodiaevisa@mfaic.gov.kh
ご注意: E-visaはカンボジア外務省の公式ウェブサイトのみでしか取得できません。非公式ウェブサイト等を通してのビザ申請は、お客様の自己責任でお願いいたします


個人でVISA申請するのにカンボジア外務省へのE-VISAではなく、一番安全そうな在日カンボジア大使館で取得する事にしました。
この方法でも、直接大使館や領事館に出向き窓口申請する方法 郵送で行う方法があります。

歩数稼ぎを兼ねて赤坂のカンボジア大使館の窓口にお邪魔する事にしました。
HPから申請用紙を印字して全て記入して写真を貼ってビザを申請をおこないましたが、直接写真のみを持参してカンボジア大使館のVISA申請窓口脇テーブルで書いている人が多い感じでした。
書き終わって写真を未だ貼っていない女性の方に私がならびました。
私が並んだ後ろには未だ書き終えた方が居ないのか申請し終えて外へ出るまで誰も並びませんでした。
プリンターで申請書を印字して来る方は殆ど居ないのかも。
因みに、私自身は私と家内の分で料金は7400円でした。
ほんの一二分で完了しました。


カンボジアのエンブレムです。
自分個人としては、クメールルージュやポルポトや原始共産制など血塗られた出来事を思いおこしてしまいます。
シアヌーク殿下も思いだされます。



ビザ受付窓口に直ぐ脇に写真と民族衣装を着たオブジェが在りましたので写真と撮っても良いか聞いたらOKとの事で撮らせて頂いたものです。
心はカンボジアへ。











先日、すぐ近所のメルセデス・meにお邪魔したのに、素通りしました。
今日は青山一丁目で降りてカンボジア大使館に来ました。



【本日のランチ】

二件の用事が済んで少し遅いランチです。
大好きな和幸でとんかつを頂きました。
チェーン店ですから特段すごく美味しいというより、一般的なお味ですがご飯もキャベツもシジミのお味噌汁もお替り自由です。
最近は欧米人も中国人などアジア等からのお客さんも多いです。
今日はアジアからの方のみですた。
勿論、モスレムの方はおりません。


生ビールを頂いてから。




『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« #256 -’18. 琉球村 | トップ | #258 -’18. 雨の中、充... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たてしな白犬)
2018-09-20 17:32:18
カンボジアいいですね
2010年に行ったのですが、アンコール遺跡が修理中のものがたくさんありました。
大使館のビザですが即日交付されましたか、別にお願いしてやってもらいました。片言でしぇんえん
カンボジア (原村)
2018-09-21 07:01:15
おはようございます、たてしな白犬さん。

カンボジアを含めて最近アジアに特化するつもりです。
アジアが手つかずの空白地帯です。
特に今回アンコールワット&アンコールトムを楽しみにしています。
今日、ビザが貼られてパスポートを受領に行きます。
2000円をケチりました。

雨が降っているのが気になります。

いつもコメントありがとうございます。
Unknown (katananke05)
2018-09-21 17:58:36
むかしは 大使館に出向いて ビザを
とっていましたが
最近は ネットでとれる国が
ほとんどなのでしょうか?
オーストラリアにいくときも
わたしが こわごわと ネットでとって 大丈夫かと 自信がなくて
ひやひやもんでしたよ〜
なんでもネットでの処理で
年寄りには(IT音痴には)いきずらい
世の中になりました〜
VISA と PASSPORT (原村)
2018-09-21 21:33:36
こんばんは、katananke05 さん。
海外に行く時に必ず携帯しなければならない旅券(パスポート)があります。
日本国籍であれば、日本国が発行してその身分証明するIDであり自国民に対する保護と同じ保護をお願いする書類です。(旅券の表表紙の裏面に書かれています。)
査証(ビザ)はその目的に従い(旅行、留学、仕事など)その相手国が入国する事を認める書類です。
今回は相手国であるカンボジアが発行します。
国際的な人的交流が多くなった現在、旅行など期限を区切った入国には国ごとに免除するようになりました。
外交は相互平等を原則とするのが基準ですから、ビザ免除であれば相手国もビザ免除でお互い入国できます。
簡易的なE-VISA等は別にして、日本が相手国の査証なしに観光など短期間であれば入れる国数は世界最高水準です。
しかし、相手がVISAを免除しても入国に経済状況など勘案して不法就労などを防ぐ場合もあります。
また、外貨が欲しい為に少し高いVISA発行料を取る国もあります。
カンボジアは経済的な目的かもしれません。
昔より、格段にVISAを必要としないで入れる国が多くなりました。
日本の国際的な地位向上の賜物です。
E-VISA的な考え方は、テロリストや犯罪者などの入国を防ぐ目的に転じて来ているのが最近の傾向です。

日本も入国時に目の写真を撮り虹彩認証で本人確認すべきだと思っています。
AIの発達した現代ですから、瞬時に個人識別できる方法で犯罪者や好まざる人物の入国を阻止すべきだと思っています。
長くなり失礼しました。

いつもコメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外旅行」カテゴリの最新記事