週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#328 -’16. 夕食@華やぎの章・慶山(ニコン版)

2016年12月23日 21時47分45秒 | 温泉&宿
華やぎの章慶山での夕食です。
撮影は全てニコン一眼レフです。

母を温泉に連れて行くことも大きな目的ですが、それ以上に日程が迫っていたことがありました。
JTBのポイント約16000点の有効期限が12月31日に迫っていました。
今年中に予約すれば来年の3月まで有効でしたが、どうせなら年内に泊りにいこうとJTBで予約した次第です。

ネットでいろいろ調べたけど、日程の関係で良い宿が見つからない。
今回も観光したい為に宿をとる訳ではない。
宿に行く事が目的であるから少しでも良い宿。
少しでも安くコストパフォーマンス高い宿を検索した。
本来の我が家の好みでは、予約する事の無い種類の宿だったが、良い湯に浸かれればとの事でお邪魔した。
団体客で混み合っている感じがしたが、そんなことも無く大満足の宿だった。
大浴場は三時前には入浴しましたし、食事は食事処でしたから実際の所は団体客の方たちが多かったのはは知る術はありません。


大食堂での食事ではなく、食事処での我が家の三名だけの水入らずの夕餉です。
事前にJTBを通して予約していた食事は『美味少量お料理プラン〜美味しいものを少しずつ♪夕食はA4ランク以上の甲州牛ステーキ』でしたが、家内がチェックイン手続きの時のこのコースがなくなったのでその他格上げして対処してくれたようだ。

今回は午後6時からの開始です。
我が家の食事処に配膳されていた料理るいです。
この後も沢山の料理が運ばれてきました。

慶山でのおこんだてからの転載です。

        おこんだて

一  食前酒  ワイン
一  お通し  白子豆腐 ずわい蟹 蟹味噌
   イクラ  芽葱 菊花 柚子美味餡
一  前 菜  鮟鱇の南蛮漬け セルフィーユ
        むかご新薯 葡萄豆
        鮟肝 ポン酢ゼリーのせ 木の芽
        小鯛寿司 酢橘  
        人参のムース 人参サラダ ヨーグルト
        胡桃 セルフィーユ 人参チップ
        豚ヒレとフォアグラテリーヌのプチパンケーキ 二種のソース
一  お造り  本鮪赤身 本鮪大とろ つま色々
一  地 産  甲州名物鮑の煮貝
一  揚げ物  季節の天婦羅
一  味自慢  逸品山梨特選
        甲州牛サーロインステーキ
        季節の野菜添え
一  煮 物  鰤と根菜の炊き合わせ
        大根 人参 しし唐 海老芋 鉢柚子
一  地 産  甲州名物 特選宝刀 柚子風味
一  蒸し物   蒸し 銀杏
一  香の物  いろいろ
一  お 椀  細根大根 木耳真薯 三つ葉
一  ご 飯  蟹釜飯 生姜 山三つ葉
一  水菓子  パティシェオリジナルデザート
        ハーブティー

華やぎの章 慶山
  
   和食調理長   清水 登
   洋食調理長   雨宮 司
   パティシェ   宮下 直子   
 
01


食前酒はワインですが、母のはワインジュースに変更してくれました。
家内は赤ワインを私は白ワインを頂いた。
赤も私の所に廻ってきました。
02


03


04



慶山釜めしです。
05



甲州名物の宝刀です。
ほうとうはひらがなで知っていましたので、宝刀と書くとは知りませんでした。
06



蟹釜飯です。
ここで炊き上げます。
07



私の白ワインと中生ビールです。
陶器のビールジョッキーも素敵です。
08



こんだてと甲州牛の証明関係の文書が付いていました。
09


10


11



マグロのお造りです。
赤身と大トロです。
12



流通経済環境が整っていない時代に海の幸を頂く手段として発達して出来上がった美味しい料理の鮑の煮貝です。
13


少し高級な天麩羅屋さんに行くと、本日これから揚げる天麩羅はこちらですと説明してくれる。
食べられない物など無いか聞いてくれるし、食材の産地やそのた説明をしてくれる。
天麩羅は目の前で揚げてくれて熱々をてん汁や抹茶塩などで食べるのが最高だ。
でも、高級旅館でも目の前で揚げてくれる所に行った事がなかった。
14


15



ここ慶山で初めて食材を説明してくれて目の前で揚げて頂いた。
美味しい天麩羅が待ち遠しいです。
16



今まで桶の中で泳いでいた超新鮮な食材を熱々で頂きました。
てん汁で冷やしてしまうのが勿体無く塩で頂きました。
17


食前酒の白ワイン、赤ワイン、生ビールそして日本酒の熱燗を最後にお願いしました。
どの御猪口で飲みますかとの事で持参いただいた物です。
18



熱燗を一合のみ頂きました。
19


今度は板さんが甲州牛の説明と焼き方について来てくれた。
私はレアで、家内と母はミディアムで。
20


21


22


23


24



宝刀が出来上がってきました。
25


26


27



美味しく蟹釜めしも炊き上がりました。
28


29


スイーツとハーブティーで最後の〆です。
30


それ程期待していなかった事もありますが、大幅に期待を裏切る美味しい夕餉でした。
満足、満足でした。
夜にあった和太鼓の演奏会にも家内と母が行った事すら知りませんでした。
弱くなりました。

コメント   この記事についてブログを書く
« #327 -’16. 朝食です。 | トップ | #329 -’16. 今夜はクリス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

温泉&宿」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事