週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#280 -’09. 雲の流れ

2009年10月26日 00時00分01秒 | 信州の自然
美ヶ原は霧の鐘が有るとおり、晴れていたと思うと一瞬に一面の霧に覆われてしまうことがある。
泊ったホテルの窓辺から外の景色を見て居るだけで次から次へと変化していく。


王ヶ頭の先に沈む夕陽を気にしていた為、窓の外を注意していた。
部屋の大きな窓の外は天地創造の神が刻一刻とスペクタクルを展開してくれているではないか。
それでは、神の創りたもうた劇を拝見すと言う事で。
午後4時33分撮影。



























闇のとばりが下りて終演になるまで未だ少し時間がありましたが、そろそろシャンパンを頂に降りなければならない時間が近づいてきました。
この画像を撮影したのが午後5時33分ですから、丁度一時間です。
標高2000メートルの高原からですから、空を見上げていると言う感覚もありません。
横を向いて窓の外をのぞいているだけと言った感覚でした。

時間と共に変化する大自然の変化に感動を覚えましたが一つだけ残念だったのが、霧(雲)の為、日没と夕焼けが見られなかった事です。
後日再度お邪魔したいホテルでした。

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« #279 -’09. 10月12日... | トップ | #281 -’09. 王ヶ鼻ツアー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

信州の自然」カテゴリの最新記事