週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#053 -’19. どことは言いませんが素敵な大使館の調度品です。

2019年02月24日 14時11分21秒 | 街角
これからアップする素敵な大使館でした。
お国ごとにそのセンスが光りますが、個人的には気に入った和テーストの満載の感じを受ける調度品が所々に配置されていました。
和  日本的  普段目にしていてもそれほど気にも留めませんがその置き方、使い方により何と日本と外国などの雰囲気がコラボするとここまで素晴らしいのかと思わせてくれます。

01



02


このクッションの生地など和テースト満載です。
03



04



05



06


この花瓶と花瓶ひきがすばらしかったです。
花瓶ひきの素晴らしさがスマホの画像では上手に撮影できていなかったのが残念です。
07


長いテーブルのテーブルセンターとして帯が曳かれていたのが最高でした。
08


和服も帯もその他の小物を芸術品ですが、外国の方の素敵な用法です。
09


黒漆のテーブルなら最高なんですが、そこ前は分かりません。
木曽漆器祭のスレッドはこちらです。
10




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #052 -’19. 2月20日の大... | トップ | #054 -’19. 麻布のご近所を... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (katananke05)
2019-02-25 20:40:52
外人さんは よく 帯をテーブルランナーに 使っていますよね〜
額に入れたり、、
このクッションは 格調たかいですね〜
ここは、、アルゼンチン大使館かな?
ピンポン、正解です。 (原村)
2019-02-25 21:24:31
こんばんは、katananke05 さん。

クイズではありませんが、ご推察の通りです。
正解です。
アルゼンチン大使館の記事は別途アップするつもりで国名を伏せされていただきました。
オリエンテーションもありマテ茶も頂いて有意義な時間を過ごすことが出来ました。
浅草でも帯などを短く切って、タペストリーやその他いろいろと再利用されているようです。
日本の織物は芸術的で技術もすごいですから、染色とはまた一味違いうのかもしれません。
これから、沢山の着物が市場に出てくると感じます。
花嫁道具や衣装が和ダンスの中に沢山しまわれているとおもいますので。

いつもコメントありがとうございます。
正解の景品がありません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

街角」カテゴリの最新記事